FC2ブログ

    弁護士「コミュ力」から見える不吉な未来

     最近、弁護士に求められるものとして、業界内でかつてよりも強調されるようになったものに、「コミュ力」(コミュニケーション能力)があります。こう書けば、いや、もともと弁護士は、依頼者とのコミュ力が求められる仕事だという人もいるでしょうし、当然、それを意識してきたという人もいるはずですが、最近のこうした傾向は、「改革」以前は求められなくてもなんとか成立してきたこの仕事が、増員政策によるビジネス化、いわば積極的な顧客獲得が求められる時代になったことで、この能力が業務の安定化に欠かせないものになってきた、という認識が反映しているようにとれます。

     弁護士の中には、このことに関連して、最近では「この業界はこれまで『コミュ障』(コミュニケーション障害)がある人材が目指してきたが、これからはそれも通用しない」という言い方をする人もいます。司法試験という難関を突破したというエリート意識が強かったかつての弁護士と比べれば考えられないことですが、その意味で一般企業に就職できない人が来る世界ということが、より自嘲的に語られるようになっているのです。かつてのような収入が期待できない、安定しない資格になり下がり、法科大学院の経済的負担を含め、いまや「日本一割に合わない資格」といわれていることも、こうした言葉が口を突いて出る背景にあるようにとれます(「資格価値の暴落と『改革』への認識」)。

     かつての弁護士がこの点をどう自覚していたのか、ということは一概にいえない面がありますが、キャリアを上りつめた裁判官へのインタビューでの、なぜ、弁護士を選ばなかったか、という質問の中では、度々、この点に言及されることがありました。つまり、自分には依頼者との関係で弁護士に求められるそうした能力が劣っていると考えたから、と。より裁判官が「なくても成立する」という認識だったということともに、法曹三者のなかではもともとそうした能力が求められるとされながら、それでも今思えば「なくても成立していた」という世界だった、ということになるのかもしれません。

     そうした能力がなくても成立していた時代というのが、依頼者の理解や手続きの適切な進行には好ましくない状態があった、逆に弁護士側からすれば、業務への誤解や果ては「敷居が高い」といわれるようなアクセス障害につながっていた面があるとすれば、「改革」によって、少なくとも弁護士の自覚が促されたというメリットはあったとはいえます。ビジネス化の是非以前の問題ともいえます。

     しかし、最近、現在の若手弁護士と、これからの弁護士・会を考えるうえで、気になる論稿を目にしました。「『コミュ力重視』の若者世代はこうして『野党ぎらい』になっていく」(野口雅弘・成蹊大学教授、現代ビジネス)という一文です。

     現在の若い世代の「野党嫌い」の背景には、そうした世代の「コミュ力」重視がある。空気を読み、フレンドリーな関係を築けることが評価基準となる。「コミュ障」とされる人は会話がすれ違ったり、お互いの言い分が感情的に対立したりして、それを調整するのに骨が折れるような「面倒臭い」事態を招くという扱い。しかし、コミュニケーションの理想が、こうした「コミュ力」とされているものの基準となるならば、ここに野党的なものが存在する余地は全くない――。

     彼はこの「コミュ力」と世界が重なるものとして、政治学者のオットー・キルヒハイマーが指摘した、脱イデオロギー化して、特定の階級や支持層ではなく、幅広い国民的な得票を目指す政党「catch-all party」(「包括政党」)の「こだわり」を持つ人や強く反対する人を忌避する世界を引用して、次のように述べています。

     「『こだわり』を持つことも、『情念』を出すことも禁じられれば、対抗する側(『野党』は英語ではoppositionである)はその分ますます無力になる。おかしいと思う問題に『こだわり』続ければ、『まだやっているのか』と言われ、不正義に憤って大きな声を出せば、『冷静な議論ができない』と言われ、党内で論争しただけで『内ゲバ』と言われる。そして恐ろしいことに、そうしたレッテル貼りには、抗いがたいほどの共感が広がっていく」

     ここに書かれていることは、いろいろ意味で弁護士・会の現実とこれからに被せてみたくなります。それは一つには、こうした感覚の人材がこれから弁護士界にやって来るとすれば(あるいは、こうした感覚からこの世界が選択されないということも考えられますが、逆にこうした感覚で選択された場合)、弁護士という仕事はどうなっていくのか。そして、そうした感覚の会員が圧倒的多数を占めた場合、弁護士会はどうなるのか、ということについてです。

     今の新しい弁護士たちの評価として、確かにかつてよりも依頼者への当たりがよく(というか、他のサービス業と変わらず普通化している)という評価がないわけではありません。そこだけとればプラスにカウントされるかもしれません。  しかし、その一方で、依頼者への説得という「面倒臭い」事態の回避という意味では、気になる現実も報告されています。かつてならば、法的な主張の無理を依頼者に説得したようなケースで、やたらに迎合的な姿勢で依頼者の気持ちをつなげようとする弁護士たちの話です。これは、姿勢や意識の問題である同時に、手間ということだけでなく、本来ならば求められる、説得する能力の穴を、「コミュ力」で埋めてしまう問題といえます。もちろん、これは依頼者にとって、結果的に有り難いとは限らない、危うい状況です(「『ポーズ』弁護士増加の嫌な兆候」 「歓迎できない『従順』弁護士の登場」)。

     「野党嫌い」という話は、そのまま弁護士会の将来像にかかわってくる問題といえます。在野性を強調し、反権力的スタンスをとってきた弁護士スタイルはもちろん、それを必要論のよりどころにしてきた弁護士自治が維持できるかに関わります。問題ある法制度新設、権力犯罪、誤判・再審にいたるまで、在野の法律専門家として、徹底的な反対運動と議論を喚起する「抵抗勢力」としての、まさに野党的な弁護士会の姿はおよそ志向されない未来のように見えます。

     現在の自治不要論を含めた、弁護士会批判は、「改革」が生み出した経済的な問題を背景に、会費の負担軽減をはじめ、反権力姿勢の批判よりも、会員利益を優先しない強制加入会への不満が上回っている観がありますが、前記してきたような若者世代の意識があるとすれば、いずれにしても流れは決定的なものになりかねないようにみえます。

     これがそれこそ、社会的な傾向ならば、どうしようもないじゃないか、という人もいるかもしれません。しかし、前記論稿も政党政治について言及していますが、では、それならばどういうことになるのか、ということだけは、弁護士・会についても冷静に考えておかなければなりません。


    今、必要とされる弁護士についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4806

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    なかなか異色な弁護士ドラマですね
    これも「コミュ力」……いやお前非……
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180829-00160120-the_tv-ent
    >10月より米倉涼子がスキャンダラスな“元弁護士”を演じる「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」がテレビ朝日系で放送されることが分かった。
    >かつて大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」に所属していたが、ある理由で弁護士資格を剥奪されたスキャンダラスなヒロイン
    >そんな翔子は、ペーパー弁護士の大学教授に法律事務所を開かせた上に、もっともらしいうそ八百を並べて“ワケありの弁護士やパラリーガル”をスカウトし、弱小弁護士集団を築き上げる。

    設定、やばくね?

    No title

    よ~く考えよ~
    コミュ力は大事だよ~
    前代未聞!山根氏弁護士が電撃退任、会見同席の翌日
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00294466-nksports-spo

    代理人を退任するのもコミュ力が必要だね

    No title

    >会員利益を優先しない強制加入会への不満が上回っている観がありますが、前記してきたような若者世代の意識があるとすれば、いずれにしても流れは決定的なものになりかねないようにみえます。

    ということで、次は若者世代を巡る救済についてを記事のテーマとしていただきたい。
    参考:http://win-law.jp/blog/sakano/2018/07/post-259.html
    当方はこの↑ブログ主とは逆に、例えば売上が少なく困窮する会員、妊娠や育児で思うように働けない会員、身体の都合により働けない会員、高齢の会員について会費を免除する等の規程はあるのだから、谷間世代においても適用してよいのではないかと思うが。どうせ余剰の会費はあるのだし。

    No title

    >裁判官へのインタビューでの、なぜ、弁護士を選ばなかったか、という質問の中では、度々、この点に言及されることがありました。つまり、自分には依頼者との関係で弁護士に求められるそうした能力が劣っている

    おいおい……建前だろ。
    裁判官、検察官はもともと修習中にスカウトがあってなれるもの
    であって……スカウトされない修習生は……いんたぶーで言える内容じゃぁないか。
    そもそも逆に弁護士は「宮仕えできない性格(ドヤァ」「全国転勤はまっぴらだぜ(ドヤァ」と強気だった時代が……

    おっと誰か来たようだ。

    それと弁護士自治不要論は別問題だろう。
    新司法試験世代がまだ業界世論の実権を握れないことと
    コミュ障の問題は全く意味が違う筈。
    コミュ力の強い若手が大半を占めるのなら、その能力をなにゆえ会内政治力に使わない(使えない)のかを分析するべきでは。

    No title

    >今の新しい弁護士たちの評価として
    いちいちここには貼らないが、とてもじゃないが匿名のアカウントで呟いている内容を読むと、評価できるできない以前の問題だと思うが。良い評価もあると思うんならそうなんだろう。

    >最近、弁護士に求められるものとして、業界内でかつてよりも強調されるようになったものに、「コミュ力」
    本来は「コミュ力」ではないのだが、そう思うんならそうなんだろう。

    >本来ならば求められる、説得する能力の穴を、「コミュ力」で埋めてしまう問題といえます。もちろん、これは依頼者にとって、結果的に有り難いとは限らない、危うい状況です
    この例に出したのは、過去の記事の「割とまともな依頼者」VS「強引でどうしようもない依頼者」という対立になっているから厄介に見えるが、はて、果たしてそれが現在の実際の紛争は実際「まとも」vs「厄介」なのかと思えば必ずしもそうではないように思われる。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR