FC2ブログ

    司法試験合格判定への不安の本質

     2015年6月の、政府の法曹養成制度改革推進会議の方針決定に従い、事実上の「最低死守ライン」となっている司法試験合格者「1500人」への懸念が、弁護士会から示されています。法曹志望者の急減に歯止めがかからないなか、このラインを死守するために、合格ラインが引き下げられると、合格者の質が担保されなくなる恐れがある、だから、この「死守ライン」を優先させず、厳正な合格判定をせよ――。こうした趣旨の会長声明が、昨年来、埼玉、兵庫県などの弁護士会から出され、今年についても、京都弁護士会が昨年に続き、今月21日に会長声明を発表しています。

     「死守ライン」が、意図的に優先され、質確保が前提とならないという疑義は、昨年の実績に対して、既に示されています。昨年、司法試験受験者が前年を932下回る5967人でありながら、合格者は40人減の1543人。受験者も合格者も減る中で、合格率は前年を2.91ポイント上回る25.86%。受験者が14%も減りながら、合格者がこの数値にとどまっているという現実が、これを物語っているということです。受験者数がさらに729人減った今年、同様のことが行われるのかという問題なのです。

     マスコミの扱い方もあって、残念ながらここで示されている司法試験をめぐる問題性への理解は、社会に広がっているようにはみえません。司法試験が、こんな状態なっていることを知らない国民もまだいるはずです。しかし、いうでもないことですが、一定の能力・質を担保するのは資格制度の生命線であり、存在意義にかかわることといってよく、資格に求める社会の最低限のニーズといえるものです。しかも、それが司法の一翼を担い、国民の権利擁護に直結する資格で、今、いわれている不思議さは、もはや異常さと言い換えていいように思います。

     なぜ、こんなことになっているのか――。それは、結局、この「改革」の根本的な発想にかかわっているといえます。「質・量ともに豊かな法曹」の養成を目指すとした「改革」は、一方で、「量」の飛躍的拡大を至上命令にしていることを誰もが分かっていた。「量」はまさに「改革」の軸であり、法科大学院の存立もまさにそれから逆算されるように構想されていました。「改革」推進の中心にいて、弁護士会内でその主導的な役割を担った中坊公平弁護士が、はっきりと「(質と量) どちらを選ぶんだと言えば、私は今必要なのは量だと思う」と明言していたという事実もあります(「不安を引きずってきた増員優先の『改革』」)。

     もっとも、裁判所は新法曹養成下でも、私の知る限り、表向き「質は絶対に落とさない」という一貫した姿勢でしたし、政府としても国会答弁で、前記司法試験合格「1500人」ラインに関して「法曹の質の維持を優先する」という趣旨の説明をしてきました(「一聴了解」)。

     しかし、「量」の確保は、法科大学院制度の根幹にかかわり、「改革」全体の失敗を決定付けるものであり、「改革」推進する側にとって、それゆえの「至上命令」という扱いなのです。当初の目標だった司法試験合格者年「3000人」が、2000人程度で頭打ちになった事情として、これ以上レベルを下げられなかったという見方とともに、本来、さらに受験者の現実からすれば、人数を減らすべきところ、「至上命令」の存在がこの数字に止まらせた、という見方があります。量産への強いベクトルが働いていたとみる方がむしろ自然ともいえます(「新法曹養成制度の実力という視点」)。

     また、この「改革」の「質より量」を決定的に後押した発想は、競争・淘汰による効用論です。弁護士が増えることによって、競争・淘汰が促され、良質の弁護士だけが残っていく、つまり、質は量産によって確保されるのだ、という描き方です。司法試験合格率が伸びないことが決定的になった時点で、法科大学院関係者の側から、とにかくできるだけ合格させよ、社会放出せよ、それでも実害はないという方向の発言が聞かれたのも、結局、この描き方に乗っかったものといえます。

     しかし、これは前記した資格制度の役割を根本的に軽視、あるいは否定するものです。司法試験の選抜機能ということが、弁護士・会側からつとに強調されながら、新法曹養成制度を維持しようとする側が、そこに注目しないとしても、また、質確保の不安から慎重に量産を検討するという姿勢にならなくても、こうした彼らの発想からすれば当然といえば、当然の話になるのです(「法曹『選抜機能』の行方」 「伝わっていない司法試験『選抜機能』の危機」)。

     増員政策が既に行われた今、中坊氏が言ったような量産の価値が上回る、ということ、要は数が増えることによる効用が、質の確保への懸念(前記弁護士会声明が懸念する実害)より優先されてしかるべき、といったことは、もはや「改革」の現実そのものが実証できていないといえます。数が増えたことによる良質化を利用者は体現できているとは思えないし、本当の意味で利用しやすくなったと思っているかも疑わしいからです。これまでも繰り返し書いてきたように、競争・淘汰は弁護士という資格において、簡単に良質化・低額化を伴って進行しないし、少なくともいつ果てるか分からない淘汰の過程で、自己責任の名のもとに、資格が保証してくれない質の不安に利用者がよりさらされることは、既にはっきりしているというべきです。

     そうとらえれば、弁護士会がいう前記「死守ライン」への懸念は、当初からこの「改革」が引きずってきた発想への懸念であると同時に、まさしく弁護士利用者に跳ね返って来る不安要因であることが見えてくるのです。


    弁護士の競争による「淘汰」という考え方についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4800

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 資格試験
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    「過労死」「ブラック企業」「追い出し部屋」などの言葉が
    一般的にあるということで、
    簡単に解雇ができないわけではないと立証できているらしいwww

    No title

    >日本ではそう簡単に解雇ができない以上、

    失礼ですが、それならなぜここまで
    「過労死」
    「ブラック企業」
    「追い出し部屋」
    などの言葉も一般的にあるのでしょうね?
    労働審判という特殊な制度もありますし、簡単に解雇ができないから、というわけではないと思いますよ。

    これ以上この議論をすると、2つ下の方が仰るように議論が宙を舞うので止めておきますが。
    >経験者にとっては明白です。
    しょせん”経験者”以外にとっては議論もすれ違いです。

    自分としてはその”経験者以外の議論は役に立たない”のも相互理解をシャットアウトする原因だと思いますがそんなものです。

    No title

    >会社でも役所でも、一定の期間が経過したらというよりも
    >定期的に役員との面談などしてその度に
    >何かの勧告なり提言がされていますよ。

    役員との面談ってwww
    日本ではそう簡単に解雇ができない以上、
    会社も役所も生ぬるすぎwww

    No title

    宙を舞っている議論はさておき、司法試験を実際に受験した経験や私より先輩の司法試験合格者の体験記を読んだ記憶から言えることは、教室で学ぶことは勉強のごくわずかな部分に過ぎないということです。

    法科大学院がいくらプロセスと言おうと、ソクラテスメソッドと言おうと、それでその後の実務に使える基礎知識が身に付くものではないということです。

    司法試験に合格するための勉強、実務に使える基礎知識の習得、かつてリーガルマインドと呼ばれた法的センスの修得は、毎日何時間も、自分で優れた本を繰り返し読んで、文脈から意味を汲み取る経験を積み重ねる必要があるということです。

    実務の研修も、教室でできることは受験勉強よりもわずかで、いくら法曹の実務家が教室で教えても、教わる側が天才でもないかぎり、そんなことで実務の技術やセンスが身に付くわけがありません。実務の技術やセンスは実際に仕事をして身につけるものです。

    実際に粘土をこねたり、ろくろを回したりせずに、陶芸家が教室で教えただけで卒業生が一人前の陶芸家になるわけがありません。

    以上のことは経験者にとっては明白です。

    法科大学院は、教室で上記のような基礎知識、実務的な技術を授けるというのが謳い文句ですが、それ自体が詐欺的でした。

    その結果かどうかは明らかではありませんが、現在、訴訟で文献に基づいて法的な主張をしても、裁判官はそれだけで判断するのは不安のようで、ほぼ必ず、そのような判例を出せと言います。判例法国になったようです。判例法国と違うのは、レーシオ・デシデンダイなどを問わないという点です。

    No title

    >会社でも役所でもこの考え方を適用することにして、一定年次が経過したら入社・入省試験をやり直すことにし、不合格ならクビになる制度にすることにすれば法の下の平等ははかれる

    資格試験のことと単に就職のこととで話を逸らしても仕方ないでしょうに。
    強いて貴殿がそこまで持ち込みたいなら、会社でも役所でも、一定の期間が経過したらというよりも定期的に役員との面談などしてその度に何かの勧告なり提言がされていますよ。
    とてもじゃないけれど、ツイッターを見れば会社や役所とはかなり違っていて法律事務所は特殊ですね。

    No title

    いっそのこと、会社でも役所でもこの考え方を適用することにして、一定年次が経過したら入社・入省試験をやり直すことにし、不合格ならクビになる制度にすることにすれば法の下の平等ははかれるし、解雇を巡る労働紛争問題は解決するしでいいんでないかい。

    自身の身に降りかかることを意識できれば、どれほど無意味な話をしているかわかるかと思うよ。

    No title

    確かローの教育は5年で色あせるというのがそもそもの三振(現在五振)の根拠だったように思います。

    大学入試はともかく(しかし、大半の人はだいたいおぼろげでも覚えているものではないでしょうか。少なくとも、100%忘れたということはないはずです。恐らく、仕事をやめてある程度勉強をやり直せば、少なくとも合格点には達するでしょう。ただし、大学入試はAOや特定教科だけということもありますので、多くの人が共通一次試験やセンター試験の全科目を同じカリキュラムで学んでいるわけではありませんので大学入試云々については話が違うのではないかと考えます)少なくとも多くの資格試験には更新があります。
    特に法律は、改正も多く生じるために、常にアップデートし続けないといけない分野ではあると思います。

    自分は、弁護士も資格の更新を行うようでないと他の資格に比べてフェアではないと考えています。
    もちろん、はく奪しろとまで乱暴なことは言いたくありませんし言いません。せいぜい試験に落ちたとしても、法科大学院での学び直しとその(一定レベル以下と判断された)科目の再試験程度でいいと思います。そうすれば法科大学院も活用できます。
    ただし、200点満点中50点未満という場合は資格のはく奪は考えるべきでしょう(そんなことはあり得ないですが)。

    No title

    大学卒業後10年経った社会人に大学入試を受けさせたら、全員合格点が取れるんですかね。

    合格点を取れない者は無能だとか、入試問題は難しすぎるとか、合格点取れない社会人は大学卒業資格を剥奪するとかを議論するべきなのでしょうか。そんな議論は宙を舞うだけです。

    全く無意味な議論で制度を考えてもまともな結論は導けません。

    No title

    司法試験に合格できないような人間で十分務まるような仕事を、どうしてそんな能無しどもに何が何でも独占させなきゃいけないんでしょうかね。それも、その司法試験とやらは受験資格を極限して、高額の金と年月を貢いだ(さらに、法科大学院の入試の権限を握る教授や大物弁護士に媚び諂って気に入られた、法的素養の全然ない)人間以外の受験を禁止した、すげーいかがわしい代物でしょ

    司法制度改革なんて、「事件性必要説」をおとなしく弁護士会が認めていれば、誰も大増員なんか要求しなかったでしょうに。強欲は無欲に通ず。

    No title

    質の不安、質の不安……って
    今の司法試験は、ベテランの先生方が解いたら合格できないくらいの程度で、つまり質はいいんですよ。

    自分達が遥か高みにいる(と思って)「質の低下ガー」とか言っているのなら
    実際に全員司法試験を受けて、合格水準に達しているのを確認してから言ってくださいな。

    自分達が資格更新の試験もないから、「(特に)新司法試験で入ってきた若手は本来なら入れなかったレヴェルである(キリッ」というのは卑怯というものでしょう。

    >競争・淘汰が促され、良質の弁護士だけが残っていく、つまり、質は量産によって確保されるのだ、という描き方です。
    問題は、今の競争・淘汰は(出口のない)金魚鉢やら水槽やらに水をたくさん入れて「淘汰でーす。水が溢れまーす」と言っている状態。
    出て行く(かねばならぬ)側の出口がそもそもないために、混ざってるんだか鉢や水槽の入口付近(つまり若手)の水だけが溢れている状態。

    そういう状態で、質だの量だのそもそも議論の俎上に載せること自体がアンフェアですよ。少し既存の弁護士に遠慮しすぎていないでしょうかね。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR