弁護士数と需要の非現実的な発想

     増やせば増える――。弁護士の数と需要をめぐり、こうしたことが「改革」推進派の中からいわれてきました。もともと「二割司法」などという言い方を含め、「改革」はすぐそこに眠る、潜在需要を連想させましたが、増員しても顕在化しないことが分かると、逆に前記論調は強まった。つまり、それは弁護士の努力不足(あるいは意識変革不足)と、その時点で増員をセーブしようとする弁護士らを批判するものとしてでした。

     この話を講演などでするときには、よく鉱脈と鉱夫に例えました。要するに、弁護士には眠れる大鉱脈(需要)があり、掘り起こす鉱夫(弁護士)がいなければ辿りつけないという描き方だ、と。従ってこの描き方だと、今、起こっている鉱脈が見当たらない(需要が顕在化しない)という現象は、鉱脈がないのではなく、ひとえに鉱夫の不足と、そのヤル気の問題になるのだ、と(「『大鉱脈』論失敗という経験の活かされ方」)。

     今、なぜ、このことに触れるのかといえば、こうした増員政策に染みついた発想が、需要を検証しつつ、慎重に進めるという方法や、鉱脈そのものの存在をどの程度とみるのか、そもそも存在するのか、という視点を、後方に押しやってきたと思うからです。増員政策には、それと一体の法科大学院制度という激増を既定路線化する要素が張り付いていたことも事実ですが、「増員ありき」の方向を、この発想が強く後押しした、といえます。

     この発想の背景には、二つの要素があると思います。一つは、「追い詰め」式ともいえる考え方。もともと経済的に恵まれた環境にあった弁護士は、そうした環境を破壊することも含めた数による変化がなければ、需要開拓に動かない。「あぐらをかいてきた」といわれるような、「心得違い」論や、競争・淘汰肯定論ともつながります。偏在対策でも同様の発想がとられたともいえますが、数が増えることで経済的に「追い詰められる」ことで、弁護士は需要を求めて地方に向かい、そして、新たな需要を求めて「開拓」するはず、というものです。

     これは、「改革」の結果によって、「増やせば増える」の非現実性、要はそもそも需要がなければ、それは起こらないということをすぐ実証する、ようにもとれますが、鉱脈はあると言い続ければ、現実的にはいつまでも鉱夫不足とヤル気不足のせいにする、こともできる話になっていく。そして、鉱脈の存在の根拠もさることながら、そもそも、ではなぜ、そこに辿りつくまで、開拓要員としての鉱夫が経済的に生き残れるのかという、決定的な問題が十分問われないまま、繰り出されることになってきた、といえます。

     もう一つの要素は、「啓蒙論」です。これは、弁護士の利用者が需要を知らない、気付いていない、あるいは誤解していることが、顕在化しない理由であるとする考えに支えられ、逆に言うと、弁護士がもっとその点を「啓蒙」すれば、需要は生まれるというものです。実は、日弁連のCMなどでみられる「弁護士活用論」もこれに支えられているととれます(「弁護士利用拡大路線が生み出している負の『効果』」 「日弁連『フレンドリー』広告の見え方」)。しかし、「啓蒙」が需要を生むという立場であれば、これも数を増やすほどに効果が上がり、効果が上がらないのは、やはり数の不足と弁護士のヤル気の問題に置き換えられることになります。

     以前、今でも弁護士界内の大量増員論者で知られる久保利英明弁護士も、経済誌のインタビューのなかで、こう語っていました。

     「アップルのスティーブ・ジョブズの名言に『消費者は欲しいものを知らない』というのがある。スマホは消費者が欲しいと言ったから誕生したのではな く、まさに供給が需要を生んだ」
     「弁護士も同じ。消費者は自分に起きている問題が弁護士を必要としている問題なのか、そもそも法律問題なのかすらわからない。そういう人に、いくらニーズに関するアンケートをとったところで無意味だ」(東洋経済ONLINE「弁護士のニーズは『供給』によって増大する」)

     しかし、弁護士という仕事について、果たしてそう言い切れるでしょうか。いつも感じることは、彼らが描き、思っている以上に、消費者は費用対効果を含めて、自分たちの持ち出し、つまりおカネのことはシビアに考えています。逆に言えば、必要論があって、そこに弁護士がいれば、消費者は必ずやおカネを出す用意があるという考え方が、前記のような「啓蒙論」を支えていないでしょうか。無料化という方向になれば、途端に弁護士を悩ませることになる不適正利用を含め、弁護士活用に走る利用者動向をみても、「啓蒙」で生まれるニーズの見積もり方の甘さが、どうも気になります。

     最近も、教育現場の人間と、弁護士活用論の先に登場している「スクールローヤー」について話をする機会がありましたが、その存在理由・効果は正確に理解しながら、選択しない、選択されない、定着化しないだろうという回答が返ってきました。弁護士側の教育への理解度の問題も言われていますが、費用対効果を考えた場合、常設化に積極的な意味を感じていないという意見にとれました。もちろん、それでもという必要論が先行すれば、結局、またぞろ弁護士を安く使うという設定が既定方針化した形で、この構想が進むことにもなりかねません。

     必要論が経済的価値を生むという発想は、必要の値踏みを期待先行で誤った瞬間に崩れさります。必要論の正しさと、値踏みの正しさが、この「改革」で分けて考えられてこなかったことにも問題があったように思います。

     前記インタビューでの久保利弁護士も含め、今や「希望の星」のごとく、弁護士需要の将来性を語る場では、この10年で数が10倍以上増えた(2007年188人→2017年1931人。日弁連調べ)企業内弁護士が、真っ先に取り上げられます。しかし、この間に増えた弁護士の数は約1万5800人。2017年時点で企業内弁護士は依然全体のわずか4.9%です。

     状況をはっきりと物語る表が、現時点で最新版の「弁護士白書 2017年版」に掲載されています。「弁護士の活動領域の拡がり」と題された章に掲載された2017年までの10年間の弁護士会別企業内弁護士数の推移です。一見してスカスカのこの表は、企業弁護士の極端な大都市集中を示しています。東京、大阪以外で、欄を埋めているほとんど弁護士会の数値は1ケタで、左の2017年に向かうほどわずかに増えていますが、それでも同年時点で47弁護士会中、21弁護士会は全くの空欄で実績ゼロ。東京三会会員で企業弁護士全体の82.9%、大阪を加えた4会会員で89.4%を占めるというのが現実です。

     増員路線を前提とした場合、遠い将来は別にしても、当面、前記4会会員以外、ここが期待できる分野ではない、まさに偏在したニーズであることは明らかです。必要論をその規模から考えなければならないことも、改めて示しているようにとれます。

     やはり、「増やせば増える」という発想から脱却したところから、「改革」のボタンの掛け違えと、これからについて、見直す必要があるはずです。


    地方における弁護士の経済的ニーズの現状についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4798

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    俺が見るに、若手よりも、中堅以上ベテランあたりがけっこうきつそうな気がしますね。
    中堅ベテランは、昔の贅沢に慣れている。
    努力しなくても横柄でも客がどんどん来て、しかも昔は客単価が高かった。
    その金銭感覚が染み付いているね。
    そういう事務所では、事務員も同様の金銭感覚を持っているし、給与水準もとても高い(その分仕事も下手な新人弁護士よりできるが、こういう事務員は、新人弁護士をいじめるおそれがあるので扱いづらい)。

    しかし、それも、客に選択肢がなく、客単価高めだから維持できた話。
    今どきは、法テラスが跋扈していて、誰がやってもさほど変わらない事件(離婚、債務整理など)は法テラスで、という客が増えた。
    しかも、昨今は、離婚や債務整理といえども、よくわからぬ補助金や給付金が増え、法律以外の付帯問題が多く、非常に面倒くさい。破産で、携帯代金の処理で、家族契約なんかしていたら本当に迷惑。クレジットカード決済が中心だとやめさせて現金払いさせるなど。ホントめんどくさい。個人情報だのと言われて代理人というだけでは情報を取らせてくれない時代になった。本当に面倒である。
    このような面倒が増えたマチベン仕事に対して、その対価は、法テラスのために半額程度に。そりゃやっとれんよね。

    若手はもともとこんなもんと思っているから、事務所を構えるにしても低コストを旨とする。ITも駆使する。連絡が速いのは若手弁護士だ。ベテはダメだ。FAXすらろくに使いこなせない。
    いい時代にあぐらをかいていた中堅ベテランからゴッソリ仕事を取っていこうとしている。

    No title

    >いじめとSNS問題と規範教育についての教育現場でのニーズは増えてきた

    学校でレクチャーしても、雀の涙のギャラにしかならないらしく、バカバカしいということで若手が敬遠しているらしいです。
    くだらない部活にはガンガン金をつぎ込む学校が、弁護士という国家資格を有する有資格者(タイムチャージは少なくとも2万~4万/h)を雀の涙のギャラで呼びつけてレクチャーさせようという発想自体に無理がある。
    裁判所所在地から1時間圏内、レクチャー1時間で1人あたり5万+お車代が、最低限の礼儀だろう。

    No title

    >教育現場の人間と、弁護士活用論の先に登場している「スクールローヤー」について話をする機会がありましたが、その存在理由・効果は正確に理解しながら、選択しない、選択されない、定着化しないだろうという回答が返ってきました。

    どこかのツイートで、いじめとSNS問題と規範教育についての教育現場でのニーズは増えてきたというのがあったような気がしたが。

    No title

    御近所トラブルのことですか?

    それともインハウスが10年で10倍でしたっけ?
    弁護士資格など必要と思っていない待遇でインハウスにお迎えできます的な?

    No title

    https://www.nikkei.com/article/DGKKZO31253060R00C18A6KE8000/

    >逃げ場を失ったからゆでガエルみたいな言い方しているけど、逃げる暇もなかったんじゃないかな?

    需要は伸びていますが?

    No title

    司法改革の誤りを認められない。
    能力の低い人間に限ってプライドだけは高い

    今からなんとでもなるというのは、己の過ちを認められない
    認められないから改善策など見向きもしない。

    業界をゆでガエルという人いるけど違うでしょ?

    司法改革というナパーム弾で、10年足らずで焼け野原

    逃げ場を失ったからゆでガエルみたいな言い方しているけど、逃げる暇もなかったんじゃないかな?

    No title

    やりようでしょう。
    >この10年で数が10倍以上増えた(2007年188人→2017年1931人。日弁連調べ)企業内弁護士

    ならば、弁護士法74条を何とかすれば、勤務弁護士が増えることも考えられます。

    No title

    数万社単位で顧問先を開拓するそうですので心配要らないのではないでしょうか(棒)

    No title

    弁護士過疎対策の記事でもあったように
    「カネも増やさなければ」ということに敢えて触れなかったのが間違い。
    弁護士の生活が潤うだけの金もセットにしなければ
    「(困窮した弁護士を)増やせば(困窮した弁護士が)増える」
    という当たり前のことになる。
    死刑廃止の予算をあれほどつけるのなら
    他のところに使ったほうがよほど建設的だろうに。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR