FC2ブログ

    伝えられない利益享受幻想と喪失

     「弁護士を競争させて何が悪い」と界外推進論者が強調していた激増政策は、「生き残りを優先して、利益を追求して何が悪い」と考える弁護士を、この国に増やす結果につながりました。競争・淘汰を求めた界外推進論者からすれば、こういう弁護士の意識変化は、ある意味、想定内でなければおかしいことになりますが、なぜ、彼らがそれを推奨したかにかかわる表向きの理由である、その社会が享受するはずの利の部分、つまり良質化や低額化は生まれていません。もっとも、経済界はじめ界外推進論者は、別の利益を得たとみることはできますが(「ぼやけた弁護士『足りない論』」)。

     一方、今、前記のように考えている弁護士のなかには、ここまで生き残りがかかるほどに経済的に追い詰められることは想定外であったという人もいるはずですが、いずれにしても「改革」の現実を直視する以上、当然の帰結として、こう考える、こう考えざるを得ないということになったといえます。もちろん、彼らは、この現状を前記推進論者が社会にイメージさせたような、これが彼らの描いた競争・淘汰であったとしても、それが良質化や低額化の過程にならないことはよく分かっているはずです。

     つまり、何が言いたいかといえば、いまだに続いている増員基調の政策で、当初の話から何が欠落してしまっているのかははっきりしている、しかしながら、どうもそこを「改革」の責任として、一体、誰が担っていくのかは、ますます分からなくなってきているのではないか、ということなのです。

     界外推進論者は、この政策によって、しっかり別の利益を得ているのであればなおさら、前記したような社会が享受できるとした利についてぼやかすか、あるいは「改革」の不徹底をいい、いつか来る春のように語ればよし。一方、経済的に追い詰められた弁護士は、かつて所属団体が「市民のための『改革』」と銘打ったとしても、もはやそんな余裕はない、生存最優先は当然の権利のような話になる。

     日弁連・弁護士会がなぜ、増員基調の政策をやめる方向に舵を切れないのかについては、会員間ではしばしば話題になってきました。一つは、強固な弁護士不足元凶論、保身批判のトラウマがあるのではないか、という説。確かに、「改革」論議のなかで出されてきたマスコミによるものを含む、そうした論調を、これまで会主導層を過度に意識して、「通用しない論」に傾斜してきたことはうかがえるところです。

     弁護士激増政策の負の結果と影響を、合格者数の頭打ちや弁護士の就職難によって認めざるを得なくなった段階で、彼らが繰り出した「増員ペースダウン論」にも、それは現れているという見方があります(森山文昭弁護士「変貌する法科大学院と弁護士過剰社会」)。いうまでもなく、「ペースダウン」ということは、需要がいつかは、あるいはゆっくりと顕在化していくということを前提とした歴とした増員論であり、その意味では「改革」の結果を先送りし未決着の立場に立つ、前記「いつかくる春」論と同じです。そして、これは「私たちは決して増員反対論ではない」というアピールでもあったわけです。

     また、別の見方として、「数は力」のこどく、弁護士の数が増えることを、政治的な意味(文字通りの勢力としてや、人材確保のための、いわゆる「裾野論」など)で歓迎し、量産弁護士を支える現実的な経済的基盤に対する楽観視、度外視するもの、という声もあります。

     いずれにしても、こうした会主導層の発想は、「改革」によって生み出されている、生き残りと利益追求を第一に考える弁護士が、まさに会に期待できない原因となり、その距離に決定的に影響しているといえます。彼らは、増員政策を変更できることを会に期待せず、むしろ強制加入団体として、少しでも普通の業者団体のように、会員弁護士の生き残りと利益追求の助けになる存在になることを求め、さらにそれもできないのであれば、会費の負担減など、せめて個々の弁護士の足を引っ張らない存在になることを求めるからです(「『普通の業者団体』という選択と欲求」)。

     これに加えて、激増政策は、弁護士資格の経済的価値の激減による法曹志望者減という、これまた「改革」路線には想定外といっていい事態を生み出しました。「もはや弁護士資格は永久の就職ではない」とか、「プラチナチケットではない」ということが、マスコミの弁護士「没落」記事などのなかで取り上げられ、一方、多くの弁護士はそれをまた、前記「生き残り」の自覚のなかでとらえたように見えますが、もちろん、それで志望者減という事態は解決しない。なぜならば、いうまでもなく、それは弁護士の資格は、いわば「プラチナチケット」であったところにこそ、大きなウェートを占める魅力があったことが、この事態で証明されてしまったからです。

     そのこともまた、法科大学院を擁護しようとしている「改革」推進派も、また弁護士会主導層も、直視しようとしていないし、なんとかしようとしているようにも見えないのです(「資格価値の暴落と『改革』への認識」 「司法試験合格率『主因説』が無視するもの」)。

     結局、社会が享受できるという触れこみの利については、誰も責任も見通しも立てず、それぞれが抱えた事情が優先される結果、社会も行方が見通せない「改革」に付き合わされている形になっているのではないでしょうか。もっも、弁護士のなかにも、この結果が決して社会に有り難いものをもたらさないことを自覚しているだけでなく、はっきりと公言している人たちはいます。

     「では、全ての弁護士が、自らの利益だけを考え、生き残りをかけて行動を決定すればどうなるでしょうか。国選弁護や法律扶助の受け手はなくなり、法テラスも崩壊することでしょう。司法修習も教える人がいなくなりますし、弁護士会の活動も止まります」
     「さて、その先にはどのような世界が見えてくるのでしょう。お金のない人は刑事も民事も問わずろくな弁護が受けられません。指導を受けられない新人弁護士が量産されます。弁護士自治も機能しないとなれば、権力に抗う人や活動を擁護している弁護士は容易に資格を剥奪されるでしょう。他の国では弁護士がしばしば弾圧の対象になっていると聞きます。昔の日本だってそうでした。このような世界の出現こそが、まさに、司法制度改革の成果です」
     「残念ながら、弁護士が公益業務に従事したところで生活を維持できる保障はない環境になってしまいました。趣味でやりますという人でもいない限り、適切な費用弁償を前提とすることなく、弁護士に公益的な活動を強いるのはもう無理です」
     「弁護士の業界に人が増え、そのような雰囲気が蔓延すればするほど、もはやその流れを止めることは出来なくなってきます。その結果が今の状況です」(弁護士法人岩田法律事務所のブロク)

     これまで弁護士が担ってきたもののうち、現実的に何が失われるのか――。だれも確信できないような不確定な「改革」で得られる利の行方よりも、より確実に失われる利の話を、われわれは彼らから聞くべきであり、また、こだわるべきなのです(「弁護士の活動と経済的『支え』の行方」) 


    弁護士の競争による「淘汰」という考え方についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4800

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    10年くらいで消えはしないだろうけど、間違いなく終りの始まり
    弁護士なんて誰もありがたがらない仕事になるに一票

    No title

    >ただ報道ベースに乗るのが10年後で、推進派はその10年後にあってもひたすらに情報統制をしているであろう

    弁護士業界が例え細々とであっても今の10年後までこのままの状態であってもも続くのであれば
    それは万々歳ですよ。
    弁護士という職業が消えるのが最悪の未来ですからね。

    No title

    ただ報道ベースに乗るのが10年後で、推進派はその10年後にあってもひたすらに情報統制をしているであろうというだけの話で。

    No title

    いや思いっきりブログ主の想像通りになっています。

    No title

    そして弁護士から優しさが喪失された結果がこちらのツイートに溢れる○伐さです。
    「サツバつん」
    https://twitter.com/otXaTlMaynD8N12
    ジャ○バは犠牲になったのだ……
    ジャ○バは何も悪くないのに……

    No title

    >その結果が今の状況です

    と言いつつそれから2年は経っているが、そのブログ主の想像通りにはなっていないと思う。
    会員もそれに伴い会費も増えているのだから、総本山にはそのブログ主の予想どおりにならないよう、適切に予算を使って活動してほしい。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR