FC2ブログ

    新司法試験批判と法科大学院の認識の問題

     今回の司法改革の結果として、新司法試験がここまで目の敵にされることを想定していなかった、という法曹関係者は少なくありません。どういうことかといえば、新制度が司法試験合格者を出せないという結果を招いた場合に、合格レベルに達している卒業生を出せない法科大学院側ではなく、合格させない司法試験側に責任がある、と、ここまでいわれる形になるとは考えていなかった、ということです。

     確かに「点から線へ」といわれた、今回の「改革」の当初、その新プロセスのなかに「点」である司法試験を残すことを否定的にとらえる意見はありました。つまり、法科大学院制度が旧司法試験に変わる資格付与への完全な関門にならなければ意味がないし、新制度においても司法試験が法科大学院の価値を左右しかねない、と。

     でも、当時、法曹界内の「改革」推進派でさえ、多数派は、司法試験をなくすという選択は、あり得ないととらえていました。増員政策を前提に法科大学院を中核とする新法曹養成制度に移行しても、合格者のレベルは絶対に落とすわけにはいかないとしていた最高裁にしても、試験を管轄してきた法務省にしても、司法試験での最終選抜という形は譲れないところであったし、それこそ法曹養成への実績未知数の法科大学院に中核的地位を与えるところまでが、いわば法曹界側の限界だったという現実があったのです。

     それでも「改革」によって、司法試験の性格は変わったとされています。法科大学院が法曹養成の中核たる地位を占めることになったのに伴い、司法試験は、その教育の結果を検証する、いわば「効果測定」となったということです。しかし、ここにも「改革」の同床異夢的、同音異義的な捉え方の違いが、合格者を輩出できないという「結果」の前に鮮明になったといえます。

     つまり、司法試験の側からすれば、文字通り、修了者のレベルを法科大学院側が担保することを前提に、これまで通り、関門として検証するという捉え方になるのに対し、法科大学院側はその教育の検証に足るだけの「測定」で足り、その教育を踏まえ、沿ったものになければならないととらえ、司法試験合格率が伸び悩むと、現行司法試験がそれにかなっていないと強調し始めたのです(「伝わっていない司法試験『選抜機能』の危機」)。

     言い換えれば、司法試験の合格率が伸びないという現実を挟んで、司法試験側はこれが形式的な「効果測定」の関門になっていない(できない)現実は、一定レベルの修了者を輩出できていない法科大学院側の教育の責任であるとみるのに対し、法科大学院側はこれが制度に忠実に、「効果測定」の役割を果たしていない現在の司法試験の責任、とみることになっているのです。

     しかし、これはどう考えても、司法試験側に分のある言い分といわなければなりません。司法試験は法曹に必要な学識や応用力を判定することが目的(司法試験法第1条)とされていますが、いうまでもなく、これは資格制度にとって、あるいは法曹養成にとって必要なことです。法科大学院を修了しながら、それを満たしていないという現実があるのならば、むしろよりこれは厳格に機能しなければならないはずです。これを度外視して、この現実を生み出している法科大学院教育に合せろ、というのであれば、それは法科大学院の自己目的化といわざるを得なくなります。

     しかも、そうすべきだったかどうかの評価はともかく、増員政策を前提とした新制度のなかで司法試験側は、ギリギリまで譲歩した、という見方もあります。つまり、目標の年合格3000人を達成したくても、レベルからいってさすがにこれ以上は無理というところが2000人程度までだった、というものです。司法試験側が、あたかも非協力だった結果というのは当たらない、ということです(「新法曹養成制度の実力という視点」)。

     ところが、最近も「Law未来の会」の代表理事である久保利英明弁護士が、4月に開催する「現役弁護士が司法試験を解いてみた――AI時代にこれでいいのか」という本の 出版記念パーティーへの案内のなかで、こんな認識を示しています。

     「当会は、2014年5月の設立以来、ロースクール(法科大学院)制度を発展させることにより、社会が求めている幅広い知識と経験をもつ法曹を増やすという理念の下、活動を続けてまいりました。残念ながら、この間、司法試験の合格者は、1500人台にまで落ち込み、法科大学院への入学者は、2017年度は、1704人と伝えられています」
     「法科大学院制度を導入した司法改革の理念が危機に瀕しています。この危機をもたらしている最大の原因が、法科大学院を修了しても2割程度しか合格できない司法試験にあることは明らかです」

     この本では、久保利弁護士を含めたベテランや若手の弁護士が現在の司法試験に挑戦した結果をもとに、司法試験の内容の不当性をいいたいようで、この案内でも同弁護士は「今のような試験を変えなければ、日本の司法、そして社会に未来はないと確信」した、とまでしています。その手法の評価は置くとして、問題は合格者減、志望者減が生まれ、「司法改革の理念」の危機をもたらしている最大の原因が司法試験である、という認識です。

     まるで合格者減、志望者減が、この「改革」の増員政策とそれを前提とした法科大学院制度の紛れもない結果であることを認めず、そこから目をそらさせようとする認識に読めます。もっとも、あえていえば、やはり彼がここで法曹養成や司法の危機といわず、「司法改革の理念」の危機としているところに注目してしまいます。現実に起きていることの影響を早く食い止めるために直接の原因を除去すること、あるいはその本当の原因を直視することよりも、「理念」を絶対視する立場から、当然のように繰り出されている言葉にとれます。まさに自己目的化といっていいかもしれません。

     もはや法科大学院応援団の論調としては、当たり前と言う声も聞こえてきそうです。しかし、この「改革」て与えられた中核たる地位が、どこまでのことを背負ったのかの自覚にかかわるような、法科大学院関係者とその応援団の司法試験責任論を目にすると、やはり「改革」はいまだ見直しのスタートラインに立ってない、という気持ちにさせられるのです。


    「予備試験」のあり方をめぐる議論についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/5852

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 資格試験
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20180402-OYT1T50121.html
    「法科大学院 制度を大胆に見直す時期だ」
    >行き詰まりの最大の要因は、司法試験での合格率の低迷だ。
    >実務教育を重視し、即戦力となる人材を育てる。法科大学院の理念を維持するのであれば、予備試験の受験資格や司法試験の内容を再検討する必要があるだろう。
    >司法試験対策に特化した授業は行わない、という法科大学院の原則にも歪みが生じている。
    >言うまでもなく、学生の目標は司法試験に合格し、法律家として社会のために貢献することだ。

    No title

    >一般市民が「法科大学院修了者の多くが司法試験に合格できない」という事象に気が付いて,これを「司法試験が悪い」と判断する人はごく少数であり,ほとんどの人は「法科大学院が悪い」と判断すると思います。

    いや、その理屈はおかしい。
    例えば「高校卒業者の多くが東大に合格できない」
    という事象に気が付いて、これを「東大入試が悪い」と判断する人はいないだろうし、ほとんどの人は「落ちたてめーの頭が悪い」と判断するだけだろ。
    そこに「高校の教え方が悪い」とか「予備校の教え方が悪い」と文句つける奴はいないだろ。

    No title

    資格試験の問題と実務の乖離というのは,大抵の試験でみられる現象であり,大ベテランの有資格者が直近の問題を解いてみたら出来なかったということ自体は別に珍しくもないのですが,実際に解いてみてその散々な結果を自慢げに公表したという例は,さすがに聞いたことが無いですね。
    一部のロー推進派がいくら騒いだところで,一般市民が「法科大学院修了者の多くが司法試験に合格できない」という事象に気が付いて,これを「司法試験が悪い」と判断する人はごく少数であり,ほとんどの人は「法科大学院が悪い」と判断すると思います。
    ロー未来の会の一部現役弁護士が恥をさらしたところで,おそらく大勢に影響はないでしょう。

    No title

    法テラスと弁護士保険の腐敗ぶりを追求しないというのは、なんかなぁ

    キラキラの若者たちはそういうのに敏感だから、腐敗した組織には来ないよ

    No title

    司法試験なんか到底合格できないレベルの人間が主流中の主流でバリバリ活躍できてなんの支障もないのなら、そんな仕事は弁護士免許なんかなしで充分だってことでしょう。さっさと認めればいいじゃないの。どうしてそこまで弁護士資格に固執するんですか? それも法廷弁護士までできる独占免許に。

    言い換えると、こいつら、能力的に充分務まる人間は他にいくらでもいるのに、その人たちの自由参入を断固否定してるんですよね。「非常に高度な仕事だから、厳密な能力判定を通った人間にしか任せられないんです」というのならまだわかりますが(そして、それが業務独占を正当化する最大の理由のはずなのに)「そんな高度な仕事じゃない。現にバリバリやってる超一流の人間がどいつもこいつもこの有様ですよ」なんてわざわざ誇示して、何がやりたいんですか? 業務独占の否定どころか、正反対に、独占免許をもっと簡単に付与しろなんて、こいつら恥ずかしくないんですか? 

    もっとおぞましいのは、そんな破廉恥なこと得意げに喚いてる連中に対して、どうして非難罵倒の大合唱が起こらないんですか? 無能のくせに特権的地位に固執した腐敗集団は古今東西多数いたが、そいつらは少なくとも表向きは有能エリートを装っていたはずだ。逆の態度をわざわざ誇示した連中なんて聞いたことがない。

    政治の腐敗とは政治家が収賄することじゃなく収賄政治家が非難されなくなることだという名言がありますが、日本の法曹界も行き着くところまで行ってしまったようですね。こりゃ馬鹿にされるわけだ。

    No title

    弁護士資格の更新制に真っ先に反対しそうなのがろーみらいの会では?
    少なくとも副理事長は更新できなさそう。

    No title

    いや、そこじゃなくて引用すべきは
    >私のような40年以上の経験をもつベテラン弁護士から、数年前に司法試験に合格した若手弁護士まで、各回10名ほどの弁護士が司法試験に「挑戦」しました。(中略)
    >結果は、本をお読みいただきたいと思いますが、副理事長で弁護士歴40年の岡田和樹弁護士は、3回とも、「不合格」又は「合否すれすれ」の点しかとれませんでした。私も、45年ぶりに司法試験を受けてみて、今のような試験を変えなければ、日本の司法、そして社会に未来はないと確信しました。

    受けてみた御大の成績は本でなければわからないのが残念無念。
    だがこの「弁護士歴40年ですら」「3回とも」「不合格」または「合否すれすれ」しか点数がとれないというのは情けない。
    これは資格更新試験の導入が早期に望まれ、当然のことながら法科大学院での再教育必修ということを導入してもらいたい。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR