「AI時代」脅威論と弁護士処遇への理解

     「食える弁護士」というタイトルの、2月27日付けの「週刊エコノミスト」の特集に注目された業界関係者は多いようですが、これが「AI時代の」という前置きが付くと、現段階で共通の関心事とはならない業界の現実はあるようです。媒体の性格から仕方がないことであり、予想もつくことではあるものの、企業法務を扱う大事務所の視点で、テクノロジーの活用と彼らの業務の未来にスポットを当てている企画ですから、そもそも多くの町弁にとって、よそよそしいものになるのは、当然の話といわなければなりません。

     AI時代に仕事が奪われるという切り口は、いまやトレンドといってメディアの取り上げた方になっており、やや煽り気味との声もありますが、現段階においては、楽観視している弁護士が多いといっていいと思います。その共通の認識として聞こえてくるのは、AI化の限界についていうものです。

     つまり弁護士業のテリトリーで、(少なくとも直ちに)AI化が可能、あるいはその活用が考えられるのは、過払いのような定型型業務と法令・判例などのデータ集積にかかわるものに限定される(はず)という見方です。それ以外の多くの業務では、複雑な事実関係、情報の集積だけで一定のロジックを見出せない(だろう)法的な判断を伴うところには、当面、AIが弁護士の仕事を奪うことにはならないということです。

     仮に法的な判断にAIがかかわるとしても、単純な、あるいは確定的な事実関係に機械的にあてはめられるもの、標準化を前提とする損害額算定まで。可能性のある領域についても、むしろAIの結論をチェックする監視者として、人間弁護士の役割を指摘する声もあります。

     もちろん、これを楽観論とする見方があっても不思議ではありません。いうまでもなくそもそもこうした話の前提が、AI化の本当の進展をどこまで予想できているか分かっていないからです。弁護士の仕事が奪われるという脅威論で見れば、「改革」の弁護士増員で、楽観論、安定資格神話が、ものの見事に崩れたばかりなので、油断できないという見方に傾くことはありそうですが、むしろ煽り気味な取り上げ方の背景にも、前記「食える弁護士」という切り口にも、どうしても「生存」というテーマと切り離せなくなった弁護士イメージが存在しているようにみえます。

     この流れのなかで、一つ気になることは、弁護士の経済的な処遇への社会的理解にかかわる部分です。つまり前記した認識をみると、弁護士が弁護士として最後までその存在価値を主張するのは、定型化が出来きない個別的な案件ごとに適切な判断を加える「オーダーメイド」的な作業です。そして、この業務の性格こそ、実は弁護士報酬理解の基本として弁護士が据えてきた主張なのです。弁護士報酬が「高い」という批判があれば、真っ先に繰り出されるのはこの点です。

     ところが、一方で、いまだ弁護士処遇の妥当性というテーマで、最も社会的な理解が進んでいないのもこの点ではないか、と思います。そして、弁護士を「身近に」という話だった「改革」のなかで、この理解は進んでいない。定型型処理が可能な「過払い」案件が注目され、その分野で露出する弁護士も多かったこと、さらに「改革」路線の競争・淘汰そのものが良質化、低額化をイメージさせたように、前記「オーダーメイド」からみた弁護士業務の限界や、報酬の妥当性を飛び越え、高い報酬をとらなくてもやれるはず的な理解の方が、むしろ進んだ観があります。

     弁護士のこれまでの心得え違いを改め、努力さえすれば、弁護士の報酬は低額化できる。それを促すための競争であり、増員だという理解が、弁護士業務の処遇の妥当性というテーマを後方に押しやったというべきです。そして、そのなかで登場しつつあるAI時代の弁護士不要の「煽り」は、前記限定活用の可能性論(もちろん将来的には未知数ですが)を超えて、「オーダーメイド」を含めた弁護士業の本質理解から社会の目を遠ざけかねないように思うのです。

     前記「エコノミスト」の取り上げ方を見ても、まるで「AI時代」にも「食える弁護士」になるのは努力次第、逆に努力さえすれば食えるのだ、という、「改革」推進論調のなかの、「弁護士増員時代」と全く同じような、身も蓋もないような描き方が見てとれます。

     かつて弁護士と「経済的合理性」という取り上げ方は、当然に報酬の妥当性をめぐる話でしたが、いまや弁護士になること、弁護士を続けることにかかわる話になっています。テクノロージーの進化以前に、多くの弁護士は現在の需要に脅威を感じているはずですが、AI時代の弁護士というテーマが取り上げられるときこそ、むしろその限界論、つまりAIにはできないということからもう一度、弁護士業の本質への理解を深める切り口を、弁護士側が積極的にアピールしていいと思います。

     しかし、「改革」論調に対して、そうであったように、どうも弁護士はそれを十分にできないまま、AI時代の本格的到来を前に、生きるていける場を狭めていくのではないか、という暗い予感が過ってしまうのです。


    今、必要とされる弁護士についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4806

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    多分失敗すると思うけどね。

    離婚の面会AIサービス

    No title

    >離婚に伴う子供の面会をAIで整理するサービスとかが始まるんだそうだが、AIにするメリットというのがいまひとつ理解できないし、そんなもの有償のサービスにするニーズってあるのかな?

    面会交流に伴う(双方の親の感情的)トラブルというのは弁護士なら痛感しているはずです(そもそも円満に離婚できるのなら弁護士も何も必要ないはずですから)。これに加えてDV案件ならトラブルは身の危険を感じるほどになります。
    中には弁護士に対して感情をぶつける(オブラートに包んだ表現です)する相手方もいますので、AIのほうがこういうことには向いていると思います。
    さらに、無償のサービスにすると与えるサービスはもちろん受ける側のモラルは低下します。恐らくすっぽかす(無料なんだから)率も多くなるでしょう。こういうのは某テラスを見るとよくわかります。

    No title

    離婚に伴う子供の面会をAIで整理するサービスとかが始まるんだそうだが、AIにするメリットというのがいまひとつ理解できないし、そんなもの有償のサービスにするニーズってあるのかな?

    No title

    AIについてAIがどこまでできるのか,限界があるのは何故かがよく分かっていないので,いろいろ適当なことが言われているが,まず,そこら辺を明らかにした方がいいと思う。
    例えば,リーマン予想が証明できるのか,明日の天気が100%予想できるのか,人間の生命とはどういうメカニズムなのかなど。
    これらが証明できないとか,予想できないとか,わからないの場合,それが何故なのかということでAIの限界がわかると思う。
    そうすると,AIをどこまで利用できるのかという限界がわかると思う。

    No title

    そうだ!
    AIが弁護士業界に参入するなら、弁護士会費を徴収すればいいんだ!
    AI1台につきひと月○○万円……じゅるり。

    No title

    契約系ではかなりAIが進化しているようですね。
    まさかとは思いますが、みなさんはAI=判例○書、ウ○○トロー
    なーんて思っていませんよね?
    ブログ主殿も、具体的な例を出さないと……。
    たとえば
    https://www.cloudsign.jp/media/20180227-lawgeexvslawyer/
    >ベテラン弁護士が平均で92分かかる仕事を、26秒で終えてしまうのが今のAIの実力。
    >ちなみに、日本人である私がこの5通をきちんとチェックしてと言われたら、普通に5-6時間かかってしまうと思います。
    (引用)

    No title

    そうか、弁護士の業務にAIが進出するのは時間の問題かと思ったけど、弁護士業務の分野は所詮赤字業界だから、進出に経済的合理性がないという理由で、参入障壁があったとは・・・

    AIが参入できない数少ない業界の一つ、それが弁護士業界
    かっこいいー

    No title

    黒猫さんのブログもテーマ「AI時代の弁護士」ということで更新されましたの
    http://kuronekonotsubuyaki.blog.fc2.com/blog-entry-1195.html

    No title

    債務整理事件などは,顧客による低額化の要求が行き過ぎて,結局どの弁護士も引き受けたがらない不採算分野に戻ってしまいましたからねえ。
    自己破産事件で弁護士が1件15万円も取っているのは高すぎると主張して,自己破産事件を自動化するためのAIを開発している人の記事を読んだことがありますが,仮に開発に成功したところで,たぶん現役の弁護士はそんなもの誰も買わないでしょう。
    AI化には多額の投資が必要であり,お金の集まらない分野ではAI化も進められないので,将来的には法務の分野もAI化が極端に進む分野と,なかなか進まない分野とに二極化していくのではないでしょうか。

    No title

    >弁護士のこれまでの心得え違いを改め、努力さえすれば、弁護士の報酬は低額化できる。それを促すための競争であり、増員だという理解

    何をどう心得違いを改めたのか?
    何をどう努力しているのか?
    それが全く見えないまま言葉尻だけ強く発言する……
    って、どこぞの国の首相と同じやり方だね。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR