弁護士業の現実を伝えられない弁護士会

     司法改革の弁護士増員政策の結果が、一番はっきりさせたのは、社会が思っていた、あるいは思っているほど、弁護士という仕事の経済的基盤は、盤石でも安定したものでもなかった、ということではないでしょうか。全体的な経済的な沈下はもちろんのこと、高い会費の負担から弁護士会の強制加入制度に厳しい目を向け、会のあり方としてより会員利益の追求を期待し始めた会員の意識変化も、実はそこにたどりつく。むしろ、本来そうみてもおかしくないものに思えます(「『新弁護士会設立構想』ツイッターが意味するもの」)。

     ところが、ある意味、不思議なことですが、弁護士会主導層を中心に、多くの弁護士自身が、こうした切り口での社会へのアピールを、かつての「改革」論議のなかでも、また「改革」の結果が出た、現在においてもしていない。していない、というのが、言い過ぎであれば、少なくともその点では決定的に不足しているようにみえるのです。

     これまでも書いてきたように、基本的に知的労働を求められる労働集約型の弁護士の仕事にあっては、収益の多寡にかかわらず、同じような時間がとられ、数をこなすことに困難が伴います。まともに対応するならば個別事案によって対応が異なってくる、マニュアル化が困難な、オーダーメイドの仕事です。そこに無理をさせれば、利用者に、あるいは見えない形のしわ寄せがくる危険性がある仕事でもあります(「弁護士『薄利多売』化の無理と危険」 「『手抜き』という当然の展開」)。

     それだけに、というべきか、定型型の処理ができる仕事は、弁護士の仕事のなかでは例外的で少ない、とされながら、「過払いバブル」という現象をみても、そうしたものに経済的に寄りかかり、期待する現実が、一面で存在していること自体、前記弁護士の仕事が持つ収益化と業務安定化の、限界の裏返しともいうべきものなのです。

     かつての「改革」論議のなかで、当時の弁護士会主導層が、もちろんこうした弁護士という仕事の現実を知らなかったわけがありません。「改革」推進派の中心人物が、今後の弁護士のあり方として、弁護士はまず株を買って業務を安定化させればいい、というニュアンスの発言をしたことが伝えられていますが、本音がどこにあったにせよ、経済基盤への強い自信が「改革」推進の背景にあったようにはとれませんでした。

     では、なぜ、彼らはアピールしなかったのか――。今、それを問いかけると、概ね二つの答えが返ってきます。一つは、これもこれまで書いてきたように、需要論に引きずられたということ。「改革」が掲げた事後救済社会の到来や、潜在需要論によって、前記したような業務の実態がありながらも、弁護士の生存が脅かされることはないだろう、という見通しに立ってしまった、と。外部の「改革」推進論者が、この先に競争・淘汰を描き込んでいたとしても、むしろ需要が顕在化するという方を信じ、ここまでの競争化にさらされることを想定しなかった。

     そして、もう一つの答えは、「言えなかった」ということです。参入規制、業務独占という「規制産業」批判が弁護士会に向けられるなか、前記したような弁護士業務の現実を強調することが、あたかも弁護士の特別扱いを求めるものとして「通用しない」という考え方が彼ら自身のなかに広がったということです。正確には、主導層が真っ先にそうした考え方に立ち、会内向けて、「改革」への主体的関与を唱えるメッセージとともに、多分にこうしたムード作りをした感がありました。

     ただ、前記したような弁護士業の実態にあって、かつ、需要顕在化がない増員のあかつきに、一サービス業としての同一化だけが求められるしわ寄せが、弁護士自身と社会にどう回ってくるのか、そこが全く念頭になかったとすれば、それはやはり失敗といわなければなりません。

     「改革」スタート後の2004年3月に日弁連主催のシンポジウムにパネリストとして出席したNHK解説委員(当時)の若林誠一氏が、ある興味深い見方を示していました。この「改革」が進んだのは、「最大の抵抗勢力であって、この改革で一番影響を受けるはずの弁護士の皆さんが徹底的な反対をしなかったことではないか」「恐らく別の職能集団であれば、様々な政治的な力を使っていろいろ足を引っ張っていたのではないか」と。そして、その足を引っ張らなかった理由は、「理屈、建前でいくと反対しづらい」ということと、「時代の流れを把握」していたからだ、と。

     しかし、この彼がこの直後、弁護士への市民の期待について何と言っているかといえば、「牛丼屋さんみたいな」「安い、うまい、早い」法的サービス、と、「食の安全と同様に、安心できる法サービス」であり、「その観点が進めば、腕利きのシェフの料理としての能力の高い弁護士への需要が高まる」という認識なのでした(シンポジウム「21世紀の弁護士像及び弁護士のあり方」)。

     ここには弁護士の経済的基盤、いわば「生活」から見た実現可能性についての現実的な視点、配慮が全くありません。「安い、うまい、早い」のチェーン展開の牛丼屋流が、「安心できる法的サービス」への弁護士の自覚ひとつで実現し、そこに需要まで生まれてくるような。もっといってしまえば、他の職能集団だったならば当然反対していただろうことに反対しなかった「賢明な」弁護士会にあっては、「やれる」という見通しにせよ、前記「規制」批判への了解にせよ、なんらかの「歓迎すべき」自覚があったのだ、という捉え方になっているようにみえます。

     改めてNHKの解説委員にして、こういう認識だったのだな、という気持ちにさせられます。当時の弁護士会関係者は、このパネラーに言うべきだったのではないでしょうか。両立できないような安易な期待の前に、まず何が前提になるのかを。「生活」が支えられるという前提がなければ、すべて夢物語に終わるということを。

     そして、もう一つ、今、この発言とつなげて見たくなるのは、こうした過去の「改革」論議と切り離されて、今、にわかに弁護士会内のなかで会員の要求が高まりつつある、「業者団体」として会員利益を追求する弁護士会とは、こうした局面でまさに「他の職能団体」同様、徹底して言うべきことを言う、あるいは言える団体なのではないか、ということです(「『普通の業者団体』という選択と欲求」 )。

     「改革」に対する自己犠牲が正義のように語られても、現実的な無理は無理と主張されなければ、描かれたような利が社会にもたらされることもない。「改革」の結果が、そういう前例ととらえられるかどうかも、今、試されているように思います。


    弁護士自治と弁護士会の強制加入制度の必要性についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4794

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    そしてこちらもひどい話
    http://win-law.jp/blog/sakano/2018/02/post-235.html
    >もし、近弁連推薦の候補者が自ら女性枠副会長のポストを強く希望していたのであれば別だが、そうでなければ、やる気においては、自ら女性枠に応募しようと決意され推薦状を集められた武本先生の方に軍配が上がるだろう。


    >しかし結論として、推薦委員会は理由も示すことなく武本先生に落選を伝えたそうだ。

    ここはジャーナリストの出番であろう。

    No title

    聞こえますか……みなさん……
    二弁の会長選挙ですが……
    >笠井先生が6倍近い差をつけて,合併を訴えた道本先生を破り,当選しました。
    ということです……

    No title

    >この彼がこの直後、弁護士への市民の期待について何と言っているかといえば、「牛丼屋さんみたいな」「安い、うまい、早い」法的サービス、と、「食の安全と同様に、安心できる法サービス」であり、「その観点が進めば、腕利きのシェフの料理としての能力の高い弁護士への需要が高まる」という認識

    この彼の発言が批判されているが、この思考そのものは別に批判されるものではないだろう。
    少なくとも他国に比べて日本の製品や商品がそこそこ安全(と思われていた)時代、安かろうが悪かろうまで想像できなかったのは当然。
    全体的に物価が下がってしまったため牛丼と比べようがなくなってしまったが。
    その後ワンオペ問題などいろいろ噴出したため問題になったが、でも日本だから…という妙な安心感はどこにでもあるもので、彼の発言だけの問題でもないだろう。強いて言えば国民性か(だから今、ここまで自民党を支持する方も多いのであろう)。
    別に弁護士に限った問題だけではない。

    No title

    リベラルは正しい、みんなで一緒に正しい活動をしよう。そのために積極的に委員会活動するんだから、新会館もいるし、事務員もいるし、会費は高止まりで当たり前。

    反主流派なんてちょろいもんだい、あいつらの言ってる「正しい」ことを全部やったら会費増額天井知らずだろ。財務省が協力するはずないだろ。リテラシーのない連中なんか、まともなら誰も相手にしないって。

    会内統制成功。対外的には国会議員に嫌われ社会・政治的影響力喪失

    リアリストの道本先生は、従来型の弁護士にとって脅威。

    No title

    利権と無縁の第二東京弁護士会会長候補者のビデオはこちら。

    https://www.youtube.com/watch?v=IbMorWgllnw

    No title

    >安易な期待の前に、まず何が前提になるのかを。
    >「生活」が支えられるという前提がなければ

    足りませんな。
    1に金、2に金、3に金・・・・・・。
    手弁当の事件が支えられるくらいの金。
    かつてはそれがあった。

    No title

    人件費を法テラスにつけて、売り上げをいただいてる、焼け太りの養成事務所もあるし。正直者が馬鹿を見るを地で行く業界ですよ。

    No title

    毎日新聞より
    https://mainichi.jp/articles/20180126/k00/00m/040/171000c
    >「交通事故の受任件数が飛躍的に増えている」と話し、弁護士の活動領域は今後も広がりうる
    >「大都市圏では弁護士の就職状況が改善され、過疎地域ではむしろ弁護士の確保が難しくなっている。企業や自治体による弁護士の採用は増えつつあり、現状の合格者数1500人を維持することが望ましいのではないか」

    No title

    某氏のありがたいお言葉より
    「法律事務所に入って弁護士になることも重要ですが、既存の弁護士とは少し違った弁護士をつくるというのが法科大学院だったはずで…就職先がない、仕事がないという状況に追い込まれた弁護士が必死に知恵を出すことによって、何かが開かれてくるものだという気がいたしております。」
    「私はお金が大好きなのであるが、貧乏を恐れない勇気を欠く私を、お金の方は好いてくれない。…だから、私の書くものを読んで信用してはいけない。信用すれば、必ずや貧乏になるであろう。」

    No title

    反論してどうにかなる時期はもうとうの昔に過ぎました。
    今は黙って自分の生き残りだけを考える時期です。
    弁護士は社会正義のために手弁当とかほざく人は自分でやればいいのです。
    だいたいそういうこと言う人間に限って自分は金儲け、人が犠牲になることを想定していますが。
    人々のお役に立てば成仏できるというのであれば率先して成仏してください。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR