弁護士が転嫁できない「改革」の責任

     今回の司法改革は、市民が求めた「下からの改革」といえるものではありません。この事実は変わりません。弁護士の数が決定的に足りないから激増させよ、とか、現行の裁判が民意と乖離しているから、市民が直接参加しなければならない、という声の盛り上がりを背景として、起こったものではないのです。

     こういう切り口の話になると、推進派は必ずといって、そうした「下からの」を待っていては、何も、そして、いつまでも変わらない、と言いました。弁護士会のなかで「改革」の中心にいた、中坊公平弁護士が好んで使っていた「牽引」という発想につながります。以前も書いたように、彼自身、この「改革」が「下から」ものでないことを初めから認識していました(「『「改革」への期待感』という幻影」)。「下から」ではないけれど、(われわれ日弁連・弁護士会の、というニュアンスを込めて)闘い方、進め方によって「下から」のものと同じになる、というような論法が、当時、弁護士会内推進派が公式見解のように言っていたことなのです。

     この状況は、今、はやり言葉のようになっている表現を当てはめれば、「忖度」ということにもなると思います。国民・市民は欲している、あるいは「改革」が実現すれば、なるほどわれわれが求めていたものだ、と分かるはずなのだと。弁護士激増政策の発想につながった「二割司法」にしても、この国には泣き寝入りと不正解決がはびこり、「八割」の司法は機能していないとか。社会の隅々に弁護士が進出することを国民は望んでいる(そうなれば、おカネを弁護士に投入する用意もあるはず)とか。弁護士は市民にとって「敷居が高く」(言葉として誤用の疑いもありますが)、それを「低く」すれば彼らはやって来るのだ、とか。裁判に国民が直接参加するのは、民主的であり、動き出して経験を共有すれば国民も納得する、とか。

     これらの認識を国民、市民が共有し、また、「改革」の結果、今、共有したとも思えません。裁判員制度についていえば、そもそも現行刑事裁判の深い反省のうえに、国民を義務化して参加しなければどうにもならない、という趣旨ですらなく、「国民に理解してもらうため」というのが、裁判所の認識です。もし、裁判が不適切であったとしても、税金を払ってきた国民からすれば、「それならば、素人を強制して引っ張り出さず、プロのあなたたちが変わるのが筋です」と考える民意は、全く「忖度」しないということも、「改革」はやってのけたのです。

     それでも前記「牽引」という発想が「改革」には必要だった、というのであれば、少なくとも結果に対する「責任」という視点は持つべきです。弁護士の役割や将来的な必要性、裁判の現実を知らない国民、市民に対して、「改革」のメリットを強調したのであれば、そのメリットが示せて、その「忖度」は正しかったことになるのではないでしょうか。

     それが叶わないのであれば、いち早く現実を伝えるべきです。そうでなければ、「上から」勝手に推進した「改革」が、失敗し、自滅するのを見せつけられるだけで、「市民のため」と銘打った「改革」は、一体、市民・社会にとって何がよかったのか、以前に比べてどう良化する「改革」たったか、当の国民・市民には分からないままだからです。「市民」「市民」という割には、弁護士会主導層がそういう発想に立っているようにも思えません。

     だからこそ、といわなければなりません。弁護士会の中から「この『改革』は国民が望んだ」とか、当ブログのコメント欄にも登場する、最近普通に聞かれるようになった、弁護士の門をたたく依頼者の心得違いをいう論調には、やはり違和感を覚えます。コメント欄にもありましたが、あえて言えば、そうした心得違いがあるとすれば、それを呼び込んだのは誰の責任ですか。確かに今でも日弁連・弁護士会は小さなことでも弁護士に、とアピールしているではないですか。

     そもそも社会の中の有償・無償のニーズをごちゃまぜにして、「ニーズ」はあるとして、要は前記したように漠然とそれらが、量産された弁護士を支えてくれるはず、「大丈夫」と見込んで増員を進めたのは弁護士自身です。前エントリーでも触れたように「無料化」は、サービス業化、競争激化の先に現れた顧客誘引のための戦略的な意図もあったととれますが、その副作用での利用者の「心得違い」としても、それは利用者からみれば、まさしく「自業自得」ということになります(「弁護士『プロフェッション』の行方」)。

     当ブログの前回エントリーのコメントでも、「心得違い」の要求は、弁護士側が断ればいいだけじゃないか、という意見が書かれていました。小さなことでもなんでもウェルカムではなく、有償性も含めて、弁護士側がもっとアピールすればいいではないですか。あえていえば、それを決定的にやらず、「心得違い」をさせているのは、あるいはさせたのは弁護士側ともとれます。そんなことをすれば、さらに弁護士は利用されないというならば、「選別」を厭うべきではありません。それが「改革」が生んだ競争の現実だ、というのであれば、そのどこが「市民のため」なのか、を問わなければならなくなります。(「変わらない弁護士報酬『不評』から見えるもの」 「日弁連イメージ広告戦略への距離感」)。

     弁護士会内の論議を含めて、この「改革」のおかしさを訴えてきた弁護士が沢山いることを知っているだけに、「弁護士(側)」とひと括りにすることには、若干の心苦しさも覚えます。また、「改革」の結果が直撃した弁護士たちのなかには、「改革」推進派がどういうつもりだったとか、そんなことは自分たちにはもはや関係ない、という発想が広がっていることも感じます。

     しかし、あえていえば、それも、市民、国民にどうこう言える話ではありませんし、結果責任について、誰も何もいわなくていいことにはなりません。「市民のための『改革』」とは、一体、何だったのかを、やはり今、問わないわけにはいかないのです。


    今、必要とされる弁護士についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4806

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    どこぞの居酒屋で修習生が注意された折に
    「サラリーマンが。司法試験受かってから言え」と言ったそうな
    https://twitter.com/justitiaaa

    >「市民のための『改革』」とは、一体、何だったのか
    司法のなんたるかも分からぬ者どもがよってたかって口を挟み制度をどんどん改悪していくものに過ぎなかった。
    司法試験受かってから言うがいい(やや大人しく)。

    No title

    >敢えて両者を混同させて弁護士の「自業自得」と切って捨てる論調には,やはり違和感を覚えます。

    同感。どちらの味方なんだか。

    No title

    現実を全く見ていない日弁連や大規模単位弁護士会の宣伝と,現場で苦境に立たされている現役弁護士の本音が全く異なるものであることを認識しておきながら,敢えて両者を混同させて弁護士の「自業自得」と切って捨てる論調には,やはり違和感を覚えます。
    「市民のため」という視点を強調されるのであれば,具体的にどのような弁護士像が「市民のため」になるのかを,はっきりアピールすればいいではないですか。
    具体的に何を主張するのかさえ明らかにせず,ただ「誰の責任だ」と騒ぎ続けるのでは,敗戦の責任論を言い合うだけで何も決められない民進党系の国会議員たちと大して変わりませんよ。

    No title

    サウスポーのシミンガーゼットには本来的には何を言っても無駄なのですが、なるべく分かりやすい例を挙げましょう。

    第二次世界大戦は、下からの戦争ではありません。この事実は変わりません。

    当時の国民が戦局拡大に喝さいを送り侵略政策に加担した事実、反対した者を徹底的に冷遇し最悪の場合は小林多喜二氏のごとく悲惨な最期に追い込んだ事実、自分達がブーメラン的に多大な損失を被ったからといって被害者面をするもはたから見れば完全に筋違いであり、米国人には卑怯者と呼ばれつづけ中国人・朝鮮人には1000年恨まれ続けるという未来、これらに変わりはありません。

    日本国民は、たちの悪い駄々っ子を卒業し、大人になりましょう。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR