弁護士「プロフェッション」の行方

     この社会で、弁護士がいかに専門的職能として、筋を通せる存在であり続けられるかは、私たちにとって極めて重要で現実的な問題だと思います。彼らの抱える経済的事情によって、あるいは「政治的」とする批判によって、彼らが本来、手を差し伸べられるものに手を差し伸べられなくなったり、沈黙をすることは、結果的に社会にとって望ましくない、この職能の形であり、そのツケは結局、国民に跳ね返ってくるのです。

     「プロフェッション(性)」というテーマが、この「改革」をめぐる弁護士会内の議論で、さんざん取り上げれた背景には、市場、競争、サービス業化、あるいはビジネス化がポイントとして回避できない、今回の司法改革が、このテーマに影響してくることを、彼ら自身がよく分かっていたということがあります。

     いうまでもなく、市場原理が重んじられ、対価性の追求が目的化されることになれば、当然に利潤を上げることから逆算した弁護士の姿が「正当」に登場する。そうなったとき、この職能は果たして筋を通せるのか、あるいは筋の通し方そのものが変わってしまうのではないか、という不安があったのです。

     「改革」の結果としてみれば、こうした懸念は悪い形で的中しているようにみえます。例えば、個々の依頼者の関係でいえば、今、かつてないほど弁護士の依頼者への迎合やポーズ姿勢の問題がいわれています(「歓迎できない『従順』弁護士の登場」 「『ポーズ』弁護士増加の嫌な兆候」)。弁護士が当事者の利益を考えながらも(あるいは考えるからこそ)、時に厳しい現実を伝え、説得することは当然のことです。能力の問題もいわれますし、自己防衛(責任回避)での必要性の点を強調する弁護士もいますが、手間を含めたソロバンがよりはじかれる状況なのです。現実とは違う耳触りのいいアドバイスが、着手金獲得や当事者をつなぐために繰り出されることは、本来の筋を通す弁護士の姿とはいえません。

     そもそも弁護士の姿勢が、利潤から「純粋に」逆算されたもの(それに引きずられたもの)なのか、それともそうではなく、それこそ「プロフェッション」性のうえに、筋を通したうえでのものなのかは、少なくとも一生に一度お世話になるような依頼者市民には区別がつきません。弁護士側は、いかようにも自己の行為を正当化する弁明ができる、ともいえます。やれるべきことをやってくれなかった、言ってくれなかった、ということを、結果的に気づかずに紛争、手続きを終えてしまう依頼者市民がいても、少しもおかしくないのです。

     この状況が、別の副作用を生んでいるということも、業界内から聞こえてきます。競争の先に現れた相談無料化の悪影響です。当ブログのコメント欄でも引用されていましたが、最近、この問題を取り上げたブログ(「中国備忘録→司法備忘録」)
    がありました。

     訴訟で求める金額の多寡に比例せず手間がかかる弁護士の仕事にあって、実入りの少ない案件を数こなすより(そもそも物理的に限界がありますが)、なるべく大きな実入りの案件を1件獲得したい(「例えば、個人案件で言えば、『(大きな)交通事故の被害者』、『(金持ちの)相続』、『(相手方が金持ちで財産分与が期待できる時の)離婚』」)。そのために、相談を無料化して、多くの客を誘引して選別する方向に進んだ。

     ところが、その副作用として、本来有償サービスであるはずの法律相談に「無償」イメージが付き、さまざまな勘違いをした相談者の相手を弁護士かしなければならなくなっている(「『厄介な方々』と向き合う弁護士」 「法律相談無料化の副作用」)。ブログ氏も「業界全体の自業自得」と括っていますが、本質的な見方をすれば、薄利多売化が難かしい弁護士の仕事を追い詰めても、そう簡単に有り難い話は、依頼者市民に回って来ないということです。少なくとも、一部無料化はサービス業としての士業努力だ、やっと弁護士も自覚したか、という話ではないのです。

     純粋な意味での(対価性を排除した形の)「プロフェッション」性が支える、例えば人権や公益にかかわる活動は、そもそも個人事業者である個々の弁護士には実現への限界があるから、主に弁護士会が担う、という考え方はありましたし、少なくともかつての弁護士にはそういう自覚がある方も多かった。しかし、冒頭に書いた「政治的」という批判を含めて、強制加入が求める高い会費がつなぐ関係性のなかで、その事業者弁護士からすれば、サービス業化、ビジネス化に目覚めるほど、それが「規制」のように感じてきた。会の活動に直接参加・協力できなくても、会費で支えるという意識も希薄化しつつある。「改革」がそこまで彼らを追い詰めた結果、ともいえます(「『普通の業者団体』という選択と欲求」)。

     結局、この問題を考えていくと、かつて彼らが口にしていた「経済的自立論」がやはり正しかった、というところにたどりつく、というよりも、正しかったことを「改革」の結果が証明しているように思えてきます(「『経済的自立論』の本当の意味」)。彼らが「プロフェッション」として筋を通してもらうためには、彼らが強調していた、その論理のなかにいてもらった方が、結果的に私たちには有り難かったのではないか、と。少なくとも、これに代わる経済基盤の整備は検討されず、彼らの競争とサービス業化の結果に丸投げした結果のメリットと比べたとき、どうなのか――。

     こういう結果を含めて、「この『改革』は国民が選択した」ということをいう業界関係者が、いまでも時々います。こんな状態を国民が望んでいた、とはいえないと思いますが、弁護士を追い込む「改革」が、弁護士にとっての「自業自得」では済まず、私たちにとっても、そのツケがブーメランのように返ってきていないのかは、よく考えてみる必要があります。


    今、必要とされる弁護士についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4806

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    プロ市民は、ゆすりタカリが商売だからねぇ・・・

    No title

    >国民が甘えを捨て

    「そんなことまで弁護士に持ち込むな。我々は法廷代理を主とする法律家だ」
    こう言えばいいものを、正反対に、ありとあらゆる分野にまで押し付けがましく進出を図って、何が何でも非を認めず正当化にだけ躍起になっているのは誰ですか? 国民とやらから要求されたって、弁護士のほうで拒否すりゃいいじゃないの。何を逆さまに被害者ヅラしてんの?

    「そんなことまで弁護士にさせないで下さい。そんなことは弁護士が責任を持つ分野じゃありません」と言うのがそんなに嫌ですか。そんなに、なんでもかんでも独占しなきゃ気が済まないんですか。

    もし、司法試験の受験資格制限が撤廃されて、無制限になったら、合格点、とりあえず今年の実際の試験の合格レベルの点取れる人って、どれぐらいいるでしょうね。その人たちは、受験制限のせいで不当に道を阻まれていることになりますね。同時に、受験制限で能力者を排除できたおかげで合格の席にありつけた連中の不当性も想像できる。

    No title

    弁護士が「真面目にに働く人ほど食えない」仕事になった理由
    http://diamond.jp/articles/-/152922
    >彼(70代の元弁護士)によると、少なくとも1990年代半ばくらいまでの時期であれば、「よほどうるさい依頼者」がいない限り、預かり金を流用しても、それが発覚することはなかったという。
    >当時は今と違い、弁護士報酬の支払いは現金一括払いが当たり前だった。依頼者から預かり金の返金を求められても、「いついつまでに振り込んでおきます」と言っておけば、1ヵ月程度なら約束の期限を過ぎても文句を言われることもなかったという。弁護士という職業への信頼からである。
    >「もし、今の時代なら、間違いなく懲戒処分モノ、除名だったでしょうね。それが避けられただけでも幸せかもしれません」

    ここだけ読めば(太字はコメ主)、どこが真面目なのかと言いたくなるが、ツケは若手にかかっている理不尽よ。

    No title

    >問題解決のためには、国民が甘えを捨て、自立した大人になることが、必要不可欠です。

    まったくもってその通り。
    まずは司法試験に合格してから我々を批判してみろ。
    できるものならな。

    弁護士に集るな。

    金を払え。

    No title

    >結果的に私たちには有り難かったのではないか

    こういう、タカリ的な甘えた思考方法は、やめてください。貧困のつけ回しを弁護士に対して行えば、弁護士業界がガタガタになるのは当然です。それにもかかわらず、国民の望んだ結果ではないなどというのは、子供の駄々でしかありません。

    問題解決のためには、国民が甘えを捨て、自立した大人になることが、必要不可欠です。

    No title

    ホームレスの実態に関する全国調査検討会(平成24年1月調査)
    http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-syakai.html?tid=141317
    ホームレスの8割近くは55歳以上の高齢者で、前職は同程度の割合で肉体労働なんだよね。つまり、ホームレスのほとんどは、50代半ばで肉体労働を見つけられなくなり、路上生活に落ちている。

    人生のプランニング能力ゼロの肉体労働者元弁護士や、ガーガー言ってるうちに路上生活に落ちているシミンガーゼットを他山の石として、弁護士はしっかりと蓄財して第二の人生を歩まねばならない。

    No title

    最近の弁護士達のツイートから

    「武士は食わねど高楊枝というが、法テラス事件で侠気を出し過ぎて、高楊枝がオノレの喉に突き刺っている」

    「弁護士業務がAIで代替できるなら、まず会務からやってくれないか…」

    「ついでに,本人が生活保護の成年後見業務もAIに・・・。」

    ところが、AIを開発しているグーグルもIBMもその他の起業も利潤追求に最適化されており、投資対効果の高いもののみが導入対象となる。

    そのため、「絶対に」法テラスとか会務とか生活保護の成年後見業務にはAIは適用されない。

    結局、外国人実習生のような時給400円でも御の字レベルの仕事しか、ヒューマンの弁護士には残らない。

    早めに副収入を膨らませていつでも退職できるようにするか、早めに転職するか、いずれかしかない。

    下のコメントにもあるように、これが国民の望みである。

    シミンガーゼットが責任とって弁護士になれ。司法試験に受かるところからね。

    No title

    >こんな状態を国民が望んでいた、とはいえない

    いやいやまぎれもなく、あなたたちがこうなるのを望んだでしょ?
    法律相談の無料化
    弁護士のただ働き
    弁護士がエリートから転落するのを望んだ結果でしょ?

    No title

    弁護士による無料法律相談が,結局のところ弁護士の利益にもならず,依頼者の利益にもならないということは,もう何年も前から分かっていたこと。
    しかし,法科大学院から毎年何も分かっていない連中が次々と新規参入し,何とか食い扶持を見つけようとして無料法律相談をやろうとするので,意味のない無料法律相談はなかなか無くならない。
    今無料法律相談をやっている連中も,しばらくすればその無意味さに気付くだろうが,その頃にはまた何も分かっていない連中が無料法律相談を始める。終わりの見えない無限ループ状態が続いている。
    その間に一般市民の側は,法律相談は無料であるのが当たり前だと思い込む一方で,無料法律相談を受けても何ら問題は解決しないので,最後には弁護士そのものが役に立たないと思い込むようになるだろう。

    No title

    プロフェッションというのは有償であることが元々の言葉の意味に含まれていると思うので、
    弁護士は正義の味方なんだからタダでやれ、とかいうバカは相手にしなくて正解

    ちなみにシミンガーゼットの皆様は、自分たちが市民のために率先して何かしているように見えて、実はそう見せているだけで、実際に見えないところでがんばっている若手の弁護士が、経済的に困窮し、悲鳴を上げて運動に関わらなくなったのを、心が貧困だと非難している。

    結局司法改革を進めたおばかさんたちの思惑とは違う方向へ社会は進んでいくのですよ。

    No title

    >結果的に気づかずに紛争、手続きを終えてしまう依頼者市民がいても、少しもおかしくないのです。

    これは特に問題ではないね。
    そもそもその「結果的に気付かない」かどうか(その弁護士の選んだ手法が最適かどうか)は誰も判断ができない(したり顔で批判する先生も、実際に受任してみれば同じ方法を選ぶかも知れないのだから)のだからね。
    「筋」というのもなんなのだろうね。
    事件は水ものだし、依頼者の要求することも千差万別なのだから、弁護士が「筋」と思っても依頼者の要求がその「筋」どおりにならないこともたくさんあるね。

    No title

    >この社会で、弁護士がいかに専門的職能として、筋を通せる存在であり続けられるか

    いやもう無理。
    業界全員病んでる(病院に行かないだけで)。

    No title

    事務所の近所に住むおばちゃんに、3,4年前、
    「弁護士って不足してるんでしょ?朝日新聞に書いてあったけど。」
    と言われた。

    さて、法テラス相談を事務所で利用して、このおばちゃんの親族の法律相談に乗ったこともある。

    当職は、このとき、
    「法テラスとの契約は近日中に切る予定、今後は相談料は30分5000円(税別)。」
    と説明した。

    ちなみに、このおばちゃんの親族は、すでに、別の弁護士事務所の無料相談を、3回も利用していた。
    その法律事務所は無料相談を宣伝しておらず、知人の紹介だからと厚意で無料にしていたらしい(ただし、無料相談が厚意だという自覚が、このおばちゃんや、その親族には、無かった。)。
    さすがに3回目にこのときの弁護士先生がキレたので、うちの事務所に来たとのこと。
    このエピソードを話すとき、このおばちゃんも、その親族も、被害者面をしていた。さすがにたちが悪すぎる。

    こういう、たちの悪い無料相談リピーターが、増えている。
    とはいえ、たちが悪くなりたくてなったのではないだろう。
    普通の一般市民を悪質な無料相談リピーターにかえてしまうとは、朝日新聞も大したものだ。

    まるで戦前、善良な市民を軍国主義者に次々と塗り替えていったときのやり口と、そっくりである。

    ちなみに、当事務所には、以降、相談はなし。被害を最小限度に抑えられて、不幸中の幸いだった。

    No title

    上記引用ブログから
    >この弁護士という仕事をしていると、よく思います。
    >お前ら自身がただで働かないくせに、他人にただで働かせようとするんじゃねえよ。 

    こういう言葉はもっと広まっていくべきだ。

    ただし、弁護士会や日弁連は例の綺麗な女優を利用したりして「あなたの隣に弁護士」「どんな小さな問題でも弁護士」「法律相談は無料です」という広告はやめるべき(延長したが)。どうせやるなら最後に「相談を聞いてもらったらありがとうの気持ちと相談料は忘れないでね」と入れたほうがいいだろう。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR