「第三者委員会」という弁護士の立ち位置

     企業のなどの不祥事に際して、設置される「第三者委員会」がよく注目されますが、その中には、必ずといっていいように弁護士が加わっています。実質的に原因究明に弁護士の能力が生かされることが期待されていることは、もちろんですが、「公正」ということの、いわば「保証」に弁護士という肩書が、この社会で一定の説得力を持っているということにもなります。

     昨年、日弁連がまとめた、この第三者委員会に関するガイドラインが話題となりました。市場規律の強化につながるとして評価されている、このガイドラインが特に注目されているのは、一体誰のためにこれが設置されるのかについて、明確にしている点です。

     つまり、ガイドライン策定に当たり日弁連も説明していますが、これまでよくあったのは、企業が不祥事発覚に際し、いわゆる企業の内部調査に弁護士が加わるスタイル。しかし、企業活動の社会的責任に対する目線が厳しくなるにつれて、「ステークホルダー」といわれる株主、投資家、消費者、取引先、従業員、債権者、地域住民などの利害関係人やメディアへの説明責任を果たすことが困難になってきた、というのです。そこで、企業から完全に独立した形の第三者委員会が必要となったというわけです。

     日弁連は、前記したような内部調査参加型に加わる弁護士の活動を「適法・不適法の判断能力や事実関係の調査能力に長けた弁護士が参加することは、内部調査の信頼性を飛躍的に向上させることになり、企業等の信頼回復につながる」と、その社会的使命も評価しています。

     しかし、一方でそもそも前記したように、説明責任を果たすことが困難になってきたのは、とりもなおさず、企業参加の内部調査の不十分さ、とりわけ企業利益との関係での独立性や客観性を疑われてのことであり、実態として、関与弁護士への厳しい評価もないわけではないようです。

     日弁連は、どちらの形を選ぶかは、経営者判断で、あくまで「内部調査委員会だけで目的を達成できる場合もある」としていますが、マスコミ等を通じて不祥事が大々的に報じられたり、上場廃止の危機に瀕したり、株価に悪影響が出たり、ブランド・イメージが低下や、消費者による買い控えが起こったりするなどのダメ―ジか生じた場合、第三者委員会設置が不可避になる現実も指摘しています。要するに、大事に発展した場合、嫌でもそうせざるを得ないというわけです。

     ガイドラインは、そうした現実から、「ステークホルダー」への説明責任を第三者委員会設置の目的としてはっきりと掲げています。このことは、その活動が企業利益とは必ずしも一致しない、というよりも、全く別の観点に立つことをはっきりさせているととれます。報酬についても、あえて時間制にして、成功報酬型が、ともすれば企業等が期待する調査結果に導く動機になることを防いでいます。もちろん、こうしたことも、これまでの弁護士関与のあり方について、前記したような現実での反対解釈も成り立つようには思います。

     さて、このガイドラインが方向づけするような形での弁護士の関与のあり方は、弁護士にも注目され始めているようです。伝統的とも評される、いわば、用心棒スタイルで企業利益を擁護するという形で、企業系弁護士がとる依頼者との関係とは違う、「社会正義実現」のための新しい弁護士関与の形だというのです。日弁連もまた、前記ガイドラインの説明でも、そうした観点でこの弁護士の役割を見ているようです。

     弁護士の業務から見たとき、この方向には、二つのポイントがあると思います。つまり、こうした形で登場する弁護士と、当然、伝統的といわれる弁護士は、今後、混在していくということ。そして、もう一つは、前者の登場の背景には、やはり、後者のかかわり方への批判的見方、疑問、あるいは誤解を踏まえた、アンチテーゼ的な意味合いも持つことです。とりわけ、金融取引市場での、これまでの弁護士のかかわり方について、問題が指摘されてきた実態もあります。

     「危機管理系」弁護士という、くくり方もあるようですが、おそらくその中身は、内部調査型も含めて、実態においても、企業からの期待のされ方においても、現状は、まださまざまなスタンスの弁護士が混在しているといっていいかもしれません。

     その意味では、今回の方向が果たして本当に、「社会正義実現」の新しい弁護士関与の形になるのかは、これからの実態を見なければ分かりません。少なくとも、その結果は、弁護士の肩書がもつ「公正」のイメージと、社会からの期待のされ方の今後に影響してくることは間違いありません。

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR