FC2ブログ

    破壊された関係をめぐる無理への認識

     個人経営型の法律事務所が、当たり前のように新人弁護士の受け皿になり得ていた時代には、それなりに分かり易く、無理のない両者の関係が存在していました。経営弁護士が新人弁護士に期待したのは、自分が獲得した仕事を忠実にこなす労働力であり、新人はあくまで給料を与える労働者でしたが、そこには基本的に二つの認識があったようにみえました。

     一つは新人が新しい仕事を獲得するのは所詮期待できないし、それは無理という認識。そして、もう一つは、修養期間を経ない新人を一人前の弁護士のように、いきなり依頼者市民に当たらせるのは危険であるという認識です。彼らの立場は、ボス弁にこき使われる苦しい時代という表現もされますが、新人はかつて、この中で仕事を覚え、新規獲得の方法も学び、そして早ければ3年~5年で、あるいは多少の、のれん分けにあずかって、退所・独立という道に進めた。

     ボス弁からすれば、新人を抱えることは、もちろん大幅な売り上げアップを期待するものではなく、また、期待する必要もない経済環境もあり、独立で送り出せば、単純に代わりの労働力としての新人を入れればいい。これを今、弁護士界内から聞こえてくるような、新人の「使い捨て」のようにいう人は、当の本人も含めて、当時、いるわけもありません。

     それはあくまでこのシステムとそれを支えた環境には、無理がなかった、あるいは少なかったからにほかなりません。要は、新人はイソ弁としての修養期間を経て、無理なく、独立への道を思い描き、歩みを進められ、ボス弁は無理なく、後進を育てることができた。そして、同時にそれは、社会放出される弁護士についての、利用者にとっての安全という意味でも、一定限度貢献するものとなっていたようにみえました。

     それだけに「改革」の増員政策の結果として、事務所に机だけをかりる「軒(ノキ)弁」や、いきなり独立する「即独」が登場したとき、非常に気になったのも、これに対する既存弁護士の無理への認識でした。いうまでもなく、長年業界で繰り返されてきたこのスタイルを認識し、自らもそのなかで一人前になった彼らこそ、その無理とその負の影響を一番分かっていておかしくないと思えたからです。

     ノキ弁は経営者がらすれば雇用のハードルを下げることにつながり、新人としてはわずかに仕事のおこぼれにあずかったり、とりあえず名刺を持てるというメリットもいわれます。ただ、それは独立への修養が確保されたかつての状況とは比べものになりませんし、さらには修養を経ない新人に自らの事務所の信用をくっつける名刺を与えて果たして依頼者市民は有り難いのか、という視点が欠落している点でも、隔世の感があります。

     もっとも、ノキ弁に向って「お前、思ったより全然稼げないじゃないか」という愚痴を公然とぶつける親弁がいるという話まで伝えられていますから、もはや新人への目線は根本的に変わりつつある、ということもいえるかもしれません。それも一番の問題は、かつてと今とでは、どちらが依頼者市民には有り難い話なのか、ということになります。

     いまでも弁護士会内から、増員政策への批判的立場で出されるアピールでは必ず負の影響として、OJTの喪失が指摘されるように、雇用する個人事務所の弁護士を直撃した経済的環境の激変よって、まさに業界で長年当たり前になってきた関係は崩れはじめました。即独やノキ弁が登場する時代のOJTの確保については、会内の「改革」推進派のなかにも、それなりの危機感があり、支援の動きも出てきましたが、ただ、常に気になったのは、冒頭の「無理」に対する認識です。「改革」の現実の前に、彼らはそれをどこまでこだわるべき「無理」と考えたのか、そして、それを責任としてとらえたのか――ということです。

     「改革」批判者のなかには、その無責任さを直接批判する人たちもいましたが、「改革」推進者と多くの沈黙するその支持者は、不思議なくらい「ご時世」というように、仕方がない現実として、あるいは「改革」を推進・支持する側にありながら、どうすることもできない現実として受けとめたように見えました。少なくとも、彼らはこの現実をもって、あるいは自分たちが百も承知の「無理」の認識をもって、「改革」の結果を批判するわけではなかったし、有効な解決の見通しを持っていたわけでもなかった。

     弁護士の就職状況は既に回復傾向にあるようにいう見方もありますが、「市民のための『改革』」とは矛盾するような町弁の衰退(「『町弁』衰退がいわれる『改革』の正体」)に沈黙し、企業内弁護士の将来性に注目して、会員にもっと弁護士の魅力や将来性の発信を求める「改革」推進派の、現在の姿勢も、この「無理」について(社会が思い描き、志望者が期待するような独立開業型の資格の今の姿を含め)、果たしてそれを良心的に伝えるものなのか、という根本的な疑問を持ちます。

     この間の「改革」による弁護士の経済的異変に着目した経済誌などは、決まって弁護士界内に既に階層が存在するように色分けし、大手事務所、新興事務所、中小の町弁と、それぞれに働く新人弁護士の姿をイラストで伝えたりしています。ビシッとスーツを決めた大手事務所の弁護士と、町弁、ノキ弁、即独弁護士の少々くたびれた姿には、極端・誇張しすぎという声も業界内からは聞こえてはきますが、それでも現実を社会に伝えようとする姿勢から考えれば、弁護士会推進派や主導層よりも、よほど良心的ではないか、という気さえしてくるのです。


    今、必要とされる弁護士についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4806

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    昔年収1000万円の弁護士はそのうちの400万円を弁護士を雇うのに使って欲しいとか言ってたバカいませんでしたっけ?

    No title

    預り金口座問題で思ったのは、
    「誰かが先に地雷を踏んでくれて、死屍累々となった後、道の安全性が確保されてから、動こう。」
    という、他力本願の弁護士の多さ。

    特に、預り金講座規制に賛成した弁護士(委任状を賛成派に渡した方も含める)がこれ。単位会執行部ですらこの口。

    無責任・無能の極致。なるほど優秀な人材から日本の弁護士という職種を見限っていくわけだ・・・。

    No title

    >預り口弁護士○○口座への名義人変更ができず

    おじいちゃん、前から通達がでていたでしょ!
    何を今更

    No title

    あかん・・・都市銀では預り口弁護士○○口座への名義人変更ができず、企業向けの口座維持費のかかるタイプで新規に開設する他ない・・・これ、日弁連が経費持ってくれるの?てかどうせ持ってくれたところで回り回って会費なんだけどさ。日弁連の議案に賛成票を投じた弁護士が持ってくれ。

    No title

    https://www.paralegal-web.jp/paracomi/data/index.php?entry_id=10185
    >FAXが来ると先生はずっと不機嫌になるし、事務局は超多忙でパニックになる。

    弁護士の仕事がなくて、廃業になるってわけじゃぁないんだよな。
    寧ろ、ワークシェアリングの概念が働かないからうまくいってないって感じ。

    No title

    OJTが不足とかアホかと。

    わざわざ従来の制度を辞めて法科大学院制度にしたのはそのためでしょ。
    2回試験も有るし。
    これじゃ意味ないじゃん。

    新人弁護士の能力不足の責任の所在を問うのであれば,製造物責任として終了を認めた法科大学院の経営母体や2回試験を合格させた法務省らを詰めるべき。
    弁護士会は,法科大学院と2回試験合格のお墨付きがあるから登録させているんだし(逆に,拒否したくても拒否できないでしょ),ボス弁も同じ理由で勤務させているだけで,能力不足の新人を無償手弁当で援助する責任も義理もないよ。

    彼らは,そもそも市場原理のもと旧弁護士と競合し,淘汰し・させられる関係にある「敵」なんでしょ(法科大学院支持の偉い先生たちも,大手新聞社もそう言っているじゃない。)

    No title

    都内で弁護士会無料電話相談担当(5分間程度)をすると、
    「依頼しているベテランの弁護士先生との連絡がつかなくなった。事務所もなくなっていた。」
    みたいなSOSの電話が結構増えてる。担当している別の弁護士に聞いても、やっぱり増えていると。それも、10年くらい前からじわじわと。

    相談カードは法律相談センター委員会で集計してるから、弁護士会が知らないはずはないよね。

    No title

    一言にすれば、老害。

    「弁護士のようにスーパーハードな専門職は、加齢により務めを果たすことができなくなる」
    これ常識。
    高齢者は強制退会させなければならない。
    55でサラリーマン的な役職定年を模倣して新規受任をセーブし、60でサラリーマンで言う定年退職=弁護士で言う廃業)、例外的に、再度司法試験を受けて合格した人に限り、65歳までは会社員で言う再雇用=弁護士で言う廃業。

    特に二弁に多い類型。
    爺さんがいつの間にか事務所を閉めて、自宅に引っ込み、事務所名なしの自宅事務所扱いで弁護士登録だけは続け、未済案件は依頼人に断りもなく友人弁護士に割り振る。
    友人弁護士はあらかじめ爺さん弁護士が受領していた印鑑証明や白紙委任状を使って勝手な事件処理をしていた。
    すべてが終わった後になって、異変に気付いた依頼人がようやく爺さん弁護士と連絡をつけることができて気付くが、ここから事案をあるべき形に戻す(すべてをひっくり返す)のであれば労力半端ないので、依頼人泣き寝入り。金が返ってくれば御の字。
    みたいな、恐ろしい事件が激増している。

    二弁に対して通報は続々となされているわけだから、二弁が知らないわけがないだろう。二弁が知っているならば、日弁連が知らないはずがないだろう。これ放置してるの、日弁連と二弁の怠慢だろう。問題のある単位会は、二弁だけではないが。

    爺さん弁護士は、若い弁護士に対しても、依頼人に対しても、ろくなことをしない。

    老害。法曹人口問題や若手弁護士の不遇などは、老人を退会させれば一気に片が付く。

    No title

    無理言うのもいいかげんにシタマエ
    >OJTが不足している弁護士に絡まれたら、相手方がチェンジを申請できるようにしよう。
    OJTの不足っちゅうのをどこで判定するの?寧ろOJTやってない無茶苦茶な弁護士に当たったら相手方は有利に進められるんじゃね。少なくとも俺なら黙っておくね。相手はアホのほうがやりやすい。
    即独だったらそもそもOJTやってないけど?
    どこと誰が判定するの?
    どこもやらないよそんなの。
    だいたい法科大学院と司法修習で実務に出るだけの力はついているんだろうし(これ否定しちゃったら大変だしね)。

    >じゃないと「ボス弁は、新人だろうとイソ弁の活動内容に責任を持つ必要はない」とか真顔でホザいちゃうよ。

    いや普通↑だと思うが。
    そもそもこの時代に、本当の意味での「イソ弁」(給料払ってOJT)っているのかね。
    ほぼほぼ実態は「ノキ弁」になっているんじゃないかな。またはイソといいつつ給与が事務員並とか。
    あと、雇用契約を結んでいる法律事務所ってどんだけある?
    普通は結んでいないか(これはイソ弁でなくとも事務員でもよくあること。あるいはとんでもない契約になっていることもよくある)、弁護士は労働者じゃないっていう理屈をうまく使ってるだけじゃないかな。

    No title

    OJTが不足している弁護士に絡まれたら、相手方がチェンジを申請できるようにしよう。
    じゃないと「ボス弁は、新人だろうとイソ弁の活動内容に責任を持つ必要はない」とか真顔でホザいちゃうよ。

    No title

    >新人の「使い捨て」のようにいう人は、当の本人も含めて、当時、いるわけもありません。

    あほらしい。
    まるでかつての弁護士がしっかり新人を教育していたかのような記事になっているが、単に矛先がパラリーガルから若手弁護士に代わっただけ(もちろん、パラリーガルから矛先がずれたということではなく、資格がない(こちらから言わせてもらえば資格がないという意味で無能な)パラリーガルよりももっと叩ける口実がある(客を取って来ない、ボス弁の期待するような勝訴ができないetc)ほう『も』叩くようになってきたというだけ。
    昔から、「あの事務所はブラックだ」というような噂はきちんとあったのだから(今は弁護士の数が多すぎて把握しにくくなったがとりあえずそういった噂はまだある)。

    単に本来の性格や、そもそも費用をかけずに(ノキ弁に事件を投げて)金を稼ぎたいといった本音が、司法改革によって暴き出されてきただけ。
    衣食足りなければ礼節もますます失われるというだけ。

    No title

    職務上の経験もない弁護士がどこぞのコンサルとかの口車にのってネットで広告をして、弁護士1年で全ての事件に強い弁護士と称して客を集め、死屍累々となるのは、制度の見直しのために必要なプロセスではないかと。

    OJTの支援とか笑わせます。
    法科大学院を卒業すれば、弁護士としての能力は担保されているのですから、そんなものは要りません。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR