企業内弁護士への期待感と「弁護士余り」の関係

     2001年当時は66人だったが企業内弁護士が、今年4月時点では約30倍の1927人となり、弁護士全体の5%近くを占めるようになった、という記事を、6月22日付けで共同通信が配信しています。増員政策を伴った、今回の「改革」で、この現象は確かに特筆すべきものかもしれません。ただ、この配信記事も、ここ数年の、この現象に関するメディアの取り上げ方同様、お決まりといっていい次のような括り方をしています。

     「『弁護士余り』が問題となる中、企業が新たな活躍の場になりつつあるようだ」

     弁護士全体の比率で、一定の数がこれまでになくその方向に流れているということでは、「新たな活躍の場」という表現は、必ずしも間違いとはいえません。ただ、それが「弁護士余り」という現実が存在している、という認識のもとに括られるとなると、いつもながらイメージとして社会に間違って伝えられるような違和感を覚えてしまうのです。

     2016年版の弁護士白書によれば、企業内弁護士と任期付き公務員を加えた、いゆる組織内弁護士の数で見ても、確かに2006年の186人から、2016年には1907人と10年間で10倍に膨れ上がっています。ただ、一方で、この間、日本の弁護士数は、約1万5700人増加しています。全体に占める組織内弁護士の割合でみると、この間、0.84%から5.06%へと増えていますが、それでもその間のこの占有率の増加は年0.5ポイントないし0.6ポイントです。

     このまま推移するという仮定に立てば、10年以内に組織内弁護士が全弁護士の1割を占めるようになる、という見通しも立つかもしれません。ただ、それが現状、「弁護士余り」という状態があるなかで、弁護士が増え続けることへの対策として、あたかも期待できる「解」になるようなイメージにとられるとすれば、それは果たして大丈夫なのか、と言いたくなるのです。

     なぜ、今、企業内弁護士が増えているのかについては、大きく二つのことがいわれてきました。グローバル化、日系企業の海外進出が進むなかで、現地法人の設立やコンプライアンスの構築、M&Aなど、企業が直面した案件に対応する法務部門の要員として、弁護士を抱え込むニーズが生まれていたという、受け入れ側の事情。そして、もうひとつは「改革」の弁護士増員政策による、いわゆる就職難によって、法律事務所で修養するというモデルの崩壊、さらにリーマンショックの影響もあり、経済的により安定を求める若手が企業を目指したという事情。企業側からすれば、後者の事情が、前記の事情への対策に、より彼らにとって有利な環境を提供した、要は採用しやすい条件がもたらされた、ということになります。高い顧問料でつながっていた法律事務所と企業の関係も、この段階で逆転した、という見方もありますし、さらに、ここに弁護士を使いやすいものにする、という「改革」の真の意図があった、という指摘もあります。

     ただ、大事なことは、意図したか意図しないかはともかく、彼らにはこうした「改革」による変化の恩恵を受ける意思はあっても、それを積極的に支えるつもりなど毛頭ないということです。メディアに出る声も含めて、企業関係者の「改革」の増員政策に絡んだ発言を聞けば、彼らは繰り返し釘をさしているのです。あくまで採用は自社の戦略であり、より使い勝手がよければ、われわれは、われわれの都合によって、必要な分だけ採用するだけ。ゆめゆめ増員した弁護士の「受け皿」になるなどという期待感を持ってくれるな、と。このスタンスは、今も、これからも変わらない、といっていいと思います(「『企業内弁護士』の将来性と激増論の線引き」)。

     それは別の言い方をすれば、彼らは提供される側として、常に要求し、期待する側ではあるけれど、要求され、期待される側にはならない、ということです。企業内弁護士が拡大するということは、前記その規模的なこともさることながら、「弁護士余り」の状況を前提に考えたとき、それはどこまでいっても所詮、そこから逆算された対策の「解」には成り難い。結局、弁護士界が、いつか組織内志向のものだけが目指すような、前記比率において彼らが絶対的に多数を占める世界になるか、それとも、この世界そのものが志望者にとって見向きもされないものになるまで、「弁護士余り」という状況自体が大きく変わらないことを意味するようにとれるのです。

     前記統計でも明らかのように、いまだ弁護士を目指してこの世界に来た人の大半は、組織内弁護士を志向しておらず、そこにこそ「弁護士余り」という状況があるわけですが、かといって今後の志望者の意識が変わることも、そもそも組織側が、それを今後、どこまで受け入れるかも現在も全く不透明です。数に見合う「受け皿」がみえない以上、いうまでもなく「弁護士余り」は確実に続くことを想定しなければならないはずなのです。

     司法改革の結果を直視し、法曹人口や法曹養成の在り方を問い直す活動を展開する有志グループ「これからの司法と法曹のあり方を考える弁護士の会」が6月16日、政府の法曹養成制度改革推進会議が打ち出している司法試験合格者年間「最低1500人」方針から、「1000人以下」を視野に入れたさらなる減員を求める声明を発表しています。

     声明のなかで同会は、10年間で1.8倍に弁護士人口が増えるなかで、裁判事件数は逆に減少傾向を示し、弁護士会等の相談件数が増えず、需給のアンバランスが生じているなかで、前記したような勤務弁護士制度の変容、OJT機能の弱体化で、「国民に対し弁護士の質を保証するという点で大きな不安が生じてい」ると、改めて訴えています。「弁護士余り」という状態は、私たち利用者にとっても、悠長なことを言ってられるものではない、というべきなのです。

     いくら組織内弁護士が増え、組織こそがこれからの弁護士にとって期待できる活躍の場であるとしても、「弁護士余り」という現実の前に、私たちはまず、「改革」が一体、何を生み出しているのかの方を直視する必要があります。


    今、必要とされる弁護士についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4806

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    司法改革で得したのは、お金を持っている側だけ。
    安く弁護士をつかえるようになった。それだけ。
    ただし専門分野はやすくなってないけどね。
    債権回収だとか調査とか、小間使いみたいな法律事務が安くなったのは大きいね。
    逆に言えばそれしかできないやつは悲惨ってこと。

    No title

    弁護士の年収で最も人数の多い層【赤字】及び平均年収【400万円前後。ここから公租公課が引かれる】よりも、総本山・ブロック会・単位会の事務局の平均年収【公租公課が引かれる前で500万前後・手取りで400万前後】のほうが、明らかに高いです。

    No title

    そりゃ、総本山の事務局とか単位会の事務局とか事務所の事務局とかも弁護士だとか法曹有資格者にすればいいものを、していないから企業に流れるのは当然。

    No title

    企業内弁護士は活躍の場だ。
    法曹有資格者でなくても出来る仕事をわざわざ遠回りしてローを卒業してから、しかも必要のない司法試験にまで合格して、新入社員と同じ給与がもらえるんだぞ。
    他の社員よりも遠回りして就職するというのがオサレなのだ。

    No title

    50期台の会社員(法曹有資格者)は、だいたい丙案合格者っぽい。そもそもスタートラインのレベルがあれだったので挫折も早く、投下資本も少ないので損切りの決断も早く、待遇面でもステップダウンで、本人たちの意図とは逆にネガキャン。
    ついでに、弁護士ではない黒○さんの自己紹介欄に55期の弁護士と記入があるが、弁護士会は放置。なぜ。

    No title

    某弁護士(自称だが弁護士を騙るようなことはしないだろうから弁護士なのだろう)のツイッターでは毎回「公務員か会社員になったほうが待遇いいよ」といったニュアンスのメッセージが流れている。
    それを本気にするかどうかはともかく、会社員(だが法曹有資格者)の存在はもっと肯定的に捉えられるべきだ。
    黒○氏、細○ブログ2氏しかり……。

    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR