先輩を「無責任」と見る批判

     若手弁護士の不満の声の中に、今、「改革」を推進してきた先輩たちの「無責任」を言うものを聞くことがあります。

     「自分たちは、そりゃ大丈夫かもしれないが」。

     若手を直撃している経済的な問題について、現在の状況を招いた政策を推進してきた先輩たちは、その先のことをどこまで我がこととして考えていたのか、という問いかけです。逆に解釈すれば、身にふりかかる経済的なリスクがあるなら、もっと慎重な選択があったのではないか、ということにもなります。

     さすがに先輩方の中からは、「そんなことがあるか」という反論も聞こえてきそうです。

     もちろん、先輩弁護士たちのなかには、真剣にこの世界の将来を憂い、現状の若手の問題をなんとかしようと救いの手を延ばそうとしている人はいます。また以前書きましたように、後輩の育成という視点から、それこそものすごいエネルギーを後輩たちのために注いできた先輩たちもいます。彼らが、十把一絡げにして、先の批判にさらされるのも、また気の毒とは思います。

     ただ、あえて問うならば、なぜ若手は今、そんな批判的な視線を先輩たちに向け出しているのでしょうか。

     およそ弁護士界のなかで、こうした批判は、司法改革以前にはほとんど聞かれなかった論調です。これは、ひとえに「改革」、とりわけ弁護士増員方針の決定への姿勢が生んだものといえます。過去における検証がなぜ、緻密に増員後の経済状況を見据えていなかったのか、今日の状況に至る可能性は、ちゃんと社会に伝えられていたのか――などなど。

     あるいは「改革」推進派の先輩たちの能力を高く見積もれば見積もるほどに、そこにやれてやれないことではなかった方策と、それをやらなかった意思を読みとってしまうのもまた、分からない話ではありません。

     さらに、彼らにそんな気持ちを強くさせているのは、そうした「改革」の懸念と現実を乗り越えようとする、「なせばなる」的な精神論を、その先輩たちの口から聞くからでしょう(「自己責任と精神論が飛び交う「改革」)。

     ニーズを含め「改革」の「あるべき論」のほころびを、精神論で乗り越えようとする姿勢、しかもそれが押し付けられているのは若手である現実は、彼ら先輩たちの当事者意識への懐疑となって、若手の意識に沈澱しているように思えます。

     言ってしまえば、「食えている」また「食えていける」見通しがある弁護士層が、「食えなくなるかもしれない」リスクに、どこまで真剣に当事者意識を持って向き合っていたのか、というわだかまりです。

     どこにいる、どの年代の、どういう業態の弁護士かによって、その経済状況は、全く違うといってもいい状況になりつつあるのが、現在の弁護士です。「改革」は、そうしたことをちゃんと射程に入れた評価をしていたのか、あるいは格差が広がることを前提としたものだったのか、ということにもかかわってくる話です。

     また、さらにいえば、こうした増員政策の先に、不祥事増加や経済的環境の変化による会員意識の離反から、弁護士会の強制加入・自治がぐらつく危険性も、実は弁護士会主導層には、分かっていたのではないか、とする見方もあります。

     この仮定に立てば、弁護士会がその存立の支柱のようにいわれてきた「自治」の未来について、既に公式見解とは違う描き方をしている弁護士が、会主導層にも存在していることになります。

     一方、この間、日弁連執行部の「改革」路線に反対してきた弁護士からすれば、今日の状況は予想された事態であり、推進派の責任をいう声は、もちろん会内にあります。

     ただ弁護士会全体を見れば、まだ「改革」の責任論が大きな声になっている状況ではありません。既にご紹介しましたが、現日弁連執行部は、3月27日に発表した「法曹人口政策に関する緊急提言」で、「就職難が生じること自体、当初予測されていた弁護士への法的需要が社会に現れていない証であるという指摘もなされている」とし、過疎対策や裁判員制度対策についても、「今の増員ペースによらなくても対応可能」と、方針の修正提案のような主張を掲げていますが、それでもこれが推進者の責任を認めたものとまでは、取りにくい内容です。

     「改革」推進者の「責任」を問うことは、現状認識としても、「まだ途上」として、弁護士会が決定的な反省に立つ世論状況にはなく、ましてや主導層の当事者意識とか「無責任」がいわれても、それは「根拠なし」と片付けられるとは思います。

     さらには、逆に弁護士界外の世論もマスコミも、あるいは自己責任と精神論で、彼ら若手の心得違いをいう側に味方するかもしれません。

     しかし、ある意味、これまでの弁護士会にはなかった、若手の中に芽生えつつある会とその方針を支えてきた先輩たちへの不信感は、精神的な離反という形で、弁護士会のこれまでの形そのものの変える、一つの火種になるような気がします。

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR