「改革」を直視しない弁護士不祥事対策

     司法改革によって、弁護士の社会的なイメージが良化したという話は聞こえてきません。多くの弁護士もまた、それを認識していると思いますし、むしろ悪化した、悪化しつつあると見ている人も少なくありません。そして、その原因をたどっていけば、それがこの「改革」の増員政策の失敗、弁護士過剰状態を作り出したことにあるということも、相当程度、共通の認識になっているといえます。

     改めていう必要もないくらいの話かもしれませんが、増員政策による弁護士への経済的な打撃が、不祥事に手を染める弁護士を生み出しています。以前も書きましたが、弁護士数と懲戒処分の関係で見る限り、その割合に大きな変化がないということは、一定の「含有率」といってもいい形で不祥事は発生しているといえます(「懲戒請求件数・処分数の隔たりと『含有率』という問題」)。

     だとすれば、経済的打撃がなければ、本来、不祥事に手を染めなかったであろう弁護士(もっとも、自制心なり、職業上の倫理感にしても、それが低い人材から崩れているとすれば、そうしたレベルの弁護士)たちの行為であったとしても、「増えた分だけ増えた」という意味で、原因は増員政策にある、ということは動かし難い現実です。

     その弁護士「劣化」の現実が、弁護士イメージの良化どころか足を引っ張っているということになります。弁護士増員→増員弁護士を支える需要が顕在化しない→生存競争激化→不祥事という流れまでは、関心事かどうかはともかく、弁護士とご縁がない人間でも、いまやそれこそ容易にイメージできる話になっています。

     この「改革」の肩を持ちたい業界関係者は、いまでもここを建て前論で乗り切ろうとしているようにみえます。つまりは「あるべき論」。増員肯定派はもちろんのことですが、「増えた分だけ増える」ということがあってはならないことであり、そこをなんとかしなければいけないのだ、と。そして、ここで弁護士自治が引き合いに出されるのです。自治を守るのであれば、あってはならない。

     これは、もはやある種の精神論といっていいと思います。もとより弁護士自治の意義を認めて、それを守ろうとする精神が悪いというわけではありません。ただ、少なくとも弁護士の中では、かつてのような「錦の御旗」ではなくなったとしても、いまだ一定の説得力を持つものであるだけに、逆に判断停止が生まれているようにみえます。つまりは、この姿勢を貫くことだけで、原因が放置されるのであれば、弁護士の社会的評価やイメージが良化することはなく、結局、そこから弁護士自治は崩れるということに目がいかなくなっているということなのです。

     先日の「依頼者見舞金制度創設」をめぐっても(「弁護士自治の足を引っ張った日弁連臨時総会」)、そのことを強く感じました。この創設の議案提出に当たっての執行部の提案理由は、こういっています。

     「一人の弁護士の不誠実な行動を当該弁護士個人の問題として社会は必ずしも受け取らず、全ての弁護士に対する不信感を植え付けることになり得る」
     「不祥事が続き、市民の弁護士に対する不信感が蓄積され、弁護士に対する信頼が失われる事態に至れば、弁護士の法律事務の独占や弁護士自治が失われる等、弁護士制度の深刻な変容を招来しかねないという危機感を共有する必要がある」
     「弁護士会に法的な責任が無いとしても、いくばくかの資金を被害者に提供することができれば、それは被害者の生活保障的な意味を持ち、また、精神的被害を緩和する効果も期待し得る」

     この一連の言い方には、ちぐはぐなものを感じます。強制加入団体にあって、個人の故意犯にまで全会員に連帯責任を負わせるような制度を、会員に飲ませるための論法として、引き合いに出された、全弁護士への不信感論と法律事務独占・自治への危機論。ところが、この制度が社会的に評価されることによって、個々の弁護士の不祥事防止の効果はもちろんのこと、全弁護士の不信感につながらなくなる効果や、信頼が回復する効果があるとは、執行部もおそらく多くの会員も認めていません。

     つまり、現実的に考えれば、本来、法的責任はないけれど、被害者の「生活保障的な意味」や「精神的被害を緩和する効果」から「いくばくかの資金」を出すことの是非だけが問われ、あとは全て飲ませるためだけの論理ではなかったのか、ということです。会場からは、まさに対象被害者1人当たり上限500万円という「いくばくかの資金」投入の効果についても疑問の声が出ました。社会的な評価どころか、本人にとってどうなのか、少なくともその被害者個人にすら、弁護士のイメージを良くするものにはならないのではないか、と。

     前段の正しく、強い危機的な認識の共有を、対策としてはつながらない制度を全会員に飲ませるための論法として繰り出すよりは、それとは関係なく、被害者慰謝への善意的な気持ちを共有する有志のための募金を作る方が、むしろ違和感がないように思います。

     それは違和感だけではすみません。そのことによって、前記危機意識を共有するのであれば、まず、直視すべき原因から目を遠ざけることになっているという大きな問題をはらんでいるのです。そして、目的と効果において会員が十分に共感できない制度の創設は、執行部がおそれた事態を会内部から将来することも考えられるのです。

     増員と不祥事は続き、結局、弁護士の社会的評価・イメージは好転しないまま、執行部が恐れている事態が将来する未来――。日弁連・弁護士会あるいは弁護士は、やはりこの「改革」と運命を共にするということになるのでしょうか。


    弁護士自治と弁護士会の強制加入制度の必要性についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4794

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    こういう不祥事もあります
    氷山の一角です
    http://www.paralegal-web.jp/paracomi/data/index.php?entry_id=10166

    No title

    >?不祥事起こしてる弁護士は、
    >弁護士全体のうちのごく一部だろ?

    そう思いたいのはやまやまだが

    http://www.paralegal-web.jp/paracomi/data/index.php?entry_id=10161
    >随分以前に受任した過払請求事件の依頼者への清算をしていない。
    >弁の口座のカードローン利用明細紙片が落ちているのを見つけた。
    >借金を知って少しショック

    上の例は、潜在的なものかもしれない。さすがに全国の弁護士の経済状況を調べるわけにはいかないだろうが。

    No title

    >〉普通にいるだろ。医者、歯科医、建築士、公認会計士、
    >税理士、司法書士、行政書士

    >へえ〜、そうなの?
    >あまり聞かないけどね。
    へえ~、そうなの?
    弁護士の不祥事だけ聞こえるんだwww?
    もっとちゃんとニュースや新聞見たらwww?

    >世間一般の人は、競争激化で営業不振になったら
    >廃業して転職すると思うよ。
    >依頼者の金を横領するのが普通とは恐れいった。
    は?不祥事起こしてる弁護士は、
    弁護士全体のうちのごく一部だろ?
    普通のほとんどの弁護士は不祥事起こしてませんが???
    なぜ、横領するのが普通という解釈になる???

    経済的に苦しくなれば不祥事を起こす人間が増える、ということは、
    横領するのが普通、ということとは違う意味だからねwww

    経済的に苦しくなれば不祥事を起こす人間が増える、
    という傾向については
    弁護士に限らず他の業種においても否定しがたいと思うけどwww

    No title

    > 弁護士自治は弁護士の利益のための特権ではなく、国民の権利のためのものだ。
    > にもかかわらず、弁護士の利益を優先して増員反対を金科玉条のように唱え続ける人たちがいるから、弁護士自治が危機に瀕しているのではないのか?

    この人は自分の言っていることが理解できているのであろうか。

    > 弁護士自治は弁護士の利益のための特権ではなく、国民の権利のためのものだ。

    だったら、国民として弁護士自治を求めるのか、それとも弁護士自治をなくしてもいいと言うのか。どちらなのか態度を明確にしなければならない。

    > にもかかわらず、弁護士の利益を優先して増員反対を金科玉条のように唱え続ける人たちがいるから、弁護士自治が危機に瀕しているのではないのか?

    弁護士自治が危機に瀕していることについて、あなたはどのような立場でこのように言っているのか。あなたは国民ではなく見物人なのか。それとも、日弁連主流派の立場から、「増員反対を金科玉条のように唱え続ける人たち」を批判しているのか。

    「増員反対を金科玉条のように唱え続ける人たち」がいると弁護士自治が危機に瀕するという人は、やはり弁護士自治を守るために人気取りが必要だという日弁連主流派のまやかしの論理から一歩も出ていない。まやかしの議論をやめて弁護士自治を正面から議論すれば、不祥事をおこす弁護士が存在するということと弁護士自治が危機に瀕するということとは無関係である。

    弁護士自治は、現行弁護士法の制定に官僚が抵抗したように、権力にとって邪魔なのであり、その観点から弁護士自治の危機を考えるなら、問題点ははっきりする。

    第一に、弁護士自治に対する権力からの攻撃である。1997年11月、自民党の司法制度特別調査会(会長保岡興治衆院議員)が「司法制度改革の基本方針」を策定し、その中には、「弁護士自治の見直し─弁護士の懲戒について外部機関による審査方式を導入することなど、弁護士自治のあり方についての見直しを検討する。 」という提言も書き込まれていた。

    第二に、弁護士の自治能力に関わる問題であり、会内民主主義の実質化である。この面からは、総会の白紙委任状の制度、委任状の変造事件がいかに重大な問題であるかを認識しなければならない。

    第三に、日弁連主流派が司法審路線を推進していることに現れている、権力への迎合の問題である。これは弁護士自治の趣旨を没却する。

    第四に、会員の弁護士会離れ、日弁連離れである。国民が弁護士自治を求めても、弁護士が、もうやってられないと言い出したら、弁護士自治は崩壊する以外にない。

    No title

    「弁護士の特権」と「弁護士の利益のための特権」は意味が違うと思いますが

    No title

    >弁護士自治は、弁護士の特権ではなく、弁護士に付託された責任です。

    そのとおり。
    弁護士自治は弁護士の利益のための特権ではなく、国民の権利のためのものだ。
    にもかかわらず、弁護士の利益を優先して増員反対を金科玉条のように唱え続ける人たちがいるから、弁護士自治が危機に瀕しているのではないのか?

    「競争が激化すれば依頼者の金を横領するのが普通」などという感覚こそ、弁護士自治を崩壊させる獅子身中の虫だよ。

    No title

    法テラス事件、裁判所からの下請け事件、行政の無料法律相談、当番弁護、LAC。
    →執行部に無縁の会員(弁護士の99%)

    法テラス所長、ニュースになるような大型管財事件、月一回会議に出るだけで月20万円もらえる大田区の教育委員会、大物の私選刑事弁護、損保会社からの高額な顧問料受け取りなどの、既得権益の維持・拡大。
    →執行部とその所属事務所(弁護士の1%)

    ここのコメント欄にいろいろと弁護士に対する苦情を書いている人たちは、執行部の事務所にアクセスして相談・依頼したらいいんじゃないかなぁ。きっと赤字の仕事でもしっかりやってくれるんじゃない?

    弁護士自治

    弁護士自治の足を引っ張った日弁連臨時総会 (03/04)でも、「改革」を直視しない弁護士不祥事対策 (03/15)でも、その問題の底流をなしているのは「弁護士自治」という観念が定まっておらず、1970年代以来、日弁連の主流派が掲げるまやかしの議論が続けられてきたという事実である。

    だから、委任状の変造という重大な問題が起こっているにもかかわらず、あたかも技術的な問題であるかのように扱われているのである。

    私は、司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4794に次のように書き込んだ。

    以下引用

    1999年以来の司法制度改革審議会(司法審)路線に積極的に追随してきた日弁連執行部や、それに異論を唱えなかった人々は、弁護士自治や弁護士会強制加入制度が必要でないという意見が弁護士の中から出てくることに責任を取るべきです。

    司法審路線が弁護士の変質を招き、人権と平和の最後の砦である弁護士自治を掘り崩す危険性をはらむものであることに、警鐘を鳴らしていた会員は少なくなかったのです。

    弁護士自治は、弁護士の特権ではなく、弁護士に付託された責任です。ですから、弁護士の立場からは、それを必要とか不要とか言うのではなく、言うなら、もう弁護士自治の責任は負いきれないから、弁護士自治の責任から解放して下さいと言うことになります。

    従って、弁護士自治が必要か否かについての発言は、弁護士としてではなく、すべて、国民としてです。

    弁護士自治や弁護士会強制加入の制度をなくし、弁護士全体をビジネス化するという司法審路線は、アメリカ化ということでもありますが、アメリカの人権がいかに悲惨な状態になっているかは、堤未果著「アメリカからが消える」(扶桑社新書)に書かれています。

    この問題に関しては、法曹人口問題・司法改革問題掲示板の私の投稿も参照して下さい。http://6532.teacup.com/umezou/bbs/4

    以上引用終わり

    河野真樹さんも、「もとより弁護士自治の意義を認めて、それを守ろうとする精神が悪いというわけではありません。ただ、少なくとも弁護士の中では、かつてのような「錦の御旗」ではなくなったとしても、いまだ一定の説得力を持つものであるだけに、逆に判断停止が生まれているようにみえます。」と言って、「弁護士自治を守る。」という言い方をされている。だから思考停止に陥いる。

    ちょうど、護憲運動が「憲法を護ろう。」と言うのと同じように、私はそこに倒錯を見る。憲法は護るものではなく、権力者に護らせるものである(憲法12条、99条)。

    「弁護士自治」とは何かを問わずに、弁護士の利権であるかのように考える人々が議論する時はすべてまやかしの議論になってしまう。その議論の土俵の上で反論しても議論はかみ合わない。

    弁護士自治は、明治憲法下で政府が戦争に向かって暴走するのに司法が歯止めにならなかった経験から、弁護士が歯止めの役割を買って出たものであった。今、政府が再び戦争に向かっている時に、弁護士自治の本質を隠蔽したまやかしの議論は何の役にも立たない。それどころか、まじめな弁護士を経済的に疲弊させ、退場させるものである。

    No title

    弁護士自治なんていらないよ。

    〉普通にいるだろ。医者、歯科医、建築士、公認会計士、税理士、司法書士、行政書士

    へえ〜、そうなの?
    あまり聞かないけどね。

    世間一般の人は、競争激化で営業不振になったら廃業して転職すると思うよ。
    依頼者の金を横領するのが普通とは恐れいった。

    ちなみに、釣りじゃなくて大真面目に書いてるよ。
    このサイトは業界関係者以外の人も見てることを忘れずにね。

    No title

    ま、誰とは言わんけど、自分がやばくなると
    知りません
    とかさんざん(依頼者を)切り捨てたり
    一転、訴訟にも出頭したようですごめんちゃい
    とかする弁護士もいるから

    ……てか、弁護士としては三流の答え方だったよね。
    そもそも「誰からどういう相談があったかも含めて守秘義務です(キリッ」
    で通しておけばよかったのに。

    まぁ前例ができちゃったから、弁護士がこれからは以前の依頼者のことをぼろくそに言うこともありなんだな。

    No title

    これは釣りなのだろうが。

    >他の業界で、競争が激化したら不祥事に走るなんていう人いるの?
    普通にいるだろ。医者、歯科医、建築士、公認会計士、税理士、司法書士、行政書士。

    >「増えた分だけ増えた」って、増えた人が不祥事起こしてるんじゃないよ。
    小学校一年生に戻って、国語と算数を勉強しなおしたまえ。幼稚園生レベルの君にも分かるように説明すると、弁護士が増え、一人あたりの所得が減り、所得減を補うための不祥事が増えた、ということであって、新人のことを河野さんは批判しているわけではない。

    >既得権に胡座をかいていた倫理観の低い人がほとんどでは?
    貧すれば鈍するで、もともとは持っていた倫理観のリミットが外れたんだろ。

    No title

    〉弁護士増員→…→生存競争激化→不祥事

    こんなことを真面目に主張する人は恥ずかしくないのかね。
    他の業界で、競争が激化したら不祥事に走るなんていう人いるの?
    「増えた分だけ増えた」って、増えた人が不祥事起こしてるんじゃないよ。
    既得権に胡座をかいていた倫理観の低い人がほとんどでは?

    No title

    ま、最初は「賛同する弁護士は何口でもOK、賛同しない弁護士は最低一口○万円」てな感じでやっときゃいいんじゃない。

    問題は、被害者本人が、この手続を利用できるのかってとこだよね。
    多分、代理人の弁護士に頼むことになるでしょ。
    その弁護士が反対派だったら、「ちっ、この依頼者、俺の積み立てた金を……」みたいに内心思うのは仕方ないよね。
    あるいは、よくある懲戒の代理人に誰もならないのと同じで、たらいまわしにされるかもね。
    よく考えられた制度だと思うよ。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR