「無料化」が拡大させた期待と誤解

     弁護士を探す市民の口から、「弁護士の費用はどこまで無料になりますか」とか、「値切れますか」といった期待感をにじませた問いかけを耳にする度に、以前書いた法律相談無料化の「副作用」が、確実に広がっていることを感じます。集客効果を期待した弁護士側の無料化が、本来、有償である法律相談への認識を遠ざけ、それにとどまらず弁護士に過剰なサービスを期待する相談者を増やすという副作用を生む、という事態です(「法律相談無料化の副作用」)。

     弁護士を普通のサービス業と同一視する見方に立つほどに、利用者からすれば、無料化はあくまで当然の「士業努力」であり、弁護士が増え、かつてと違う競争原理が働くというのであればなおさら、冒頭のような期待感につながることも、本来は想像できたことでした。

     一方で、弁護士の無料化の発想は、むしろ単純で、弁護士の収益全体に占める割合が低い相談料を無料化し、顧客を獲得できればいい、というものです。これを批判されてきた、いわゆる「敷居の高さ」を低くすることであると受けとめていた弁護士もいますし、広告料よりもはるかに割安という捉え方も彼らのなかにありました。

     しかし、いまや弁護士のなかのそうした無料化への期待も、多くは失望に変わっています。「無料」の期待感でやってくる相談者が、その先の有償である受任に必ずしもつながらないからです。嫌な言い方をすると、「無料」に期待してくる相談者は、支払い能力においても、その意志においても、弁護士の収益につながりにくいことを、多くの弁護士が気付いたという話です。

     これは30分5000円の相談料を被っている損失と理解されがちですが、実はそうではなく、むしろ大量の収益につながらない相談者の相手をする時間の損失が業務全体のリスクになる、という意味の方が大きいといえます。

     この状況では、弁護士と利用者の間の、期待感の方向の接点がありません。「無料化」が、そうした状況を生み出したといえます。利用者の無料への期待は、当然、無料の枠の中で少しでも解決させてしまおう、という甘い期待感を生み出す。それだけでなく、はじめからそうした期待感だけしか持ち合わせない利用者を誘引する。皮肉をいえば、そうした利用者拡大が実現してしまう。そして、相談にとどまらず、弁護士業務全体に対して、「なんとかやれるだろう」的な欲求を強めていく。弁護士が無料化から脱却して、自己防衛策としての有料化を打ち出すのも、当然のことといえます。

     弁護士に聞けば、無料化が「士業努力」として評価されるという見方よりも、むしろ有償の仕事が少なく、無料化で顧客を集めなければ仕事がない弁護士とみられかねない、という意識がいまや強く存在していることを感じることもあります。顧問料を頂戴している顧問先への手前を気にする声もあります。

     「改革」は、結果として弁護士に一サービス業への自覚を促すものとはなりましたが、無料化の「士業努力」には、はっきりとした落とし穴があったというべきです。弁護士会は「敷居が高い」という批判的な切り口に強く反応して、これまで「気楽に」「小さなことでも」法律事務所の門をたたいてくれ、とばかりに、そうした弁護士像が、社会が知らない本当の弁護士であるという方向のアピールをしてきました。だが、そのなかでむしろ、法律指南である相談は本来有償であるということや、薄利多売化が困難である業務の特殊性といった、普通のサービス業とは違う点をアピールできてこなかった。まさに、そのツケということもできますし、このこと自体が「改革」の副作用にもみえます。

     思えば、弁護士が「無料化」に踏み切る動機付けは、「改革」路線が生み出したともいえる、このサービス業としての顧客誘引期待の「努力」の他に、もうひとつ、「手弁当」といわれるような純粋に弁護士の義憤や覚悟によるものがありました。かつて利用者の感謝の声を沢山聞いた、弁護士のそんなスタイルに、いまや経済的余裕のなさや前記利用者の無償化への誤解から、多くの同業者もよそよそしい目線を向けるようになっています。

     利用者にとって本当に有り難いことは何だったのか、ということを考えて現状をみると、やはり「改革」の罪深さを感じてしまうのです。


    今、必要とされる弁護士についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4806

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    >1 無料相談・着手金無料
    >相談者の資力に関わらず相談を受け付ける。
    >市民のニーズに応える弁護士。
    >成功するかしないかを受任段階で明らかにして相談者に損をさせない。

    ならば、貴殿が弁護士になってしっかり市民のニーズに応えれば良い。
    貧困、心労、過労に苦しむ可能性が非常に高いと思うが、
    きっと成仏できるだろう(笑)

    No title

    >1 無料相談・着手金無料
    相談者の資力に関わらず相談を受け付ける。市民のニーズに応える弁護士。成功するかしないかを受任段階で明らかにして相談者に損をさせない。

    2 有料相談・着手金有料
    相談者を絞って資力ある人しか相手にしない。国民のニーズに応えない弁護士。市民相手よりリピーター重視で顧問先企業確保に汲々とする。「高品質」とやらは全て自己満足の世界。顧客は質より結果が全てなんだけど笑



    ビジネスなら気にするのは顧客のニーズ。
    顧客とはもちろん、適切な報酬を支払ってくれる顧客を意味する。
    ビジネスなら、まともに報酬支払わない人の
    ニーズに応える理由がないんだけど笑

    No title

    >1 無料相談・着手金無料
    >相談者の資力に関わらず相談を受け付ける。
    >市民のニーズに応える弁護士。
    >成功するかしないかを受任段階で明らかにして相談者に損をさせない。

    >2 有料相談・着手金有料
    >相談者を絞って資力ある人しか相手にしない。
    >国民のニーズに応えない弁護士。
    >市民相手よりリピーター重視で顧問先企業確保に汲々とする。
    >「高品質」とやらは全て自己満足の世界。
    >顧客は質より結果が全てなんだけど笑
    顧問が多い→毎月安定収入♪
    着手金無料→いつどれだけ収入が入るか不安定・・・。
    普通、ビジネスとして考えれば
    どちらを目指したいかは明らかなんだけどwww

    No title

    大手事務所の迷走

    ①α交通事故保険などの弁特で、「公益活動」の名の下に多勢の弁護士に低廉な報酬のみを与えて貧困層に固定化し、
     β顧問先である保険会社を儲けさせ、
     γ自分の事務所には保険会社から高額な顧問料ががっぽがっぽと入る。

    ②当然批判が巻き起こる
     「ゲス野郎!」
      そして、できる弁護士ほど、LACその他弁特に、愛想を尽かし、協力しなくなる。  

    ③本来は根本的に①αβγを改善すべきだが、ハゲタカ大手事務所はこのおいしいビジネスモデルを絶対に手放さない。さらに、ハゲタカから日弁連執行部に出向している連中にとって、弁護士はこんなに市民の為にやっている、という世間様への宣伝ツールにもなる訳だから、改善なんかもってのほか。しかし、世間からの承認要求の強い彼らなので、何らかのこそくな手段を執らざるを得ない。

    ④そこで、パートナーが、アソシエイトを「担当」として、LACを受けさせる。

    ⑤アソは普段通りにタイムチャージ制をとり、上限=それ以上は弁護士費用は払わない、となればカジュアルに辞任する。

    ⑥パートナーにも担当アソにも、罪悪感などみじんもない。むしろ、公益活動を全うした、しかも義務時間を大幅に超えた、費用が払われないなら働かないのは当然でしょ、と、信じて疑わない。保険契約者は置いてけぼりで、全ての弁護士に悪印象を持つ(弁護士報酬が安いからパートナーと担当アソ辞任したことについても、納得できない)。ついでに保険会社に対しても悪印象を持つ。

    ⑦大手事務所から執行部やLACに出向をしているが、問題を放置。問題意識すらないのだから、彼らにはこの問題は全く見えない。ついでに保険会社も、弁特はドル箱なので、何もしない。

    ⑧当然批判が巻き起こる「ダニ事務所!」
     もはや人間未満、ハゲタカのようなほ乳類ですらなくなってしまった。

    No title

    >LACでタイムチャージで受けて満額に満ちたら辞任するスキーム,有効なんじゃないですかね。実際,弁特を利用した大規模事務所の代理人はカジュアルに辞任してますしね。約款を読まずにツイートしてますが。

    刑裁サイ太さんのツイートから。

    まぁ、執行部は4大のパートナーが多いから、執行部&LACお墨付きのやり方なんでしょうね。しかも、
    「たったのタイムチャージ1万円で公益活動をしてやった、公益活動義務時間もはるかにクリアした。」
    と、本人と所属事務所は大いに満足していることでしょう。
    マチ弁の感覚だとこれで無責任に仕事を投げ出すのは懲戒処分レベルと思われますが、現実問題として大丈夫ですから、どんどんやりましょう。

    やっぱ、ハゲタカ連中(と、その巣窟である日弁連執行部)とは、価値観を共有できない。

    No title

    法曹を志す人が順調に減っているね(笑)
    司法改革の真の目標は達成された感じ

    No title

    週刊エコノミストも弁護士特集だよね♪

    法曹志望者が増えてくれるといいな♪

    1 無料相談・着手金無料
    相談者の資力に関わらず相談を受け付ける。市民のニーズに応える弁護士。成功するかしないかを受任段階で明らかにして相談者に損をさせない。

    2 有料相談・着手金有料
    相談者を絞って資力ある人しか相手にしない。国民のニーズに応えない弁護士。市民相手よりリピーター重視で顧問先企業確保に汲々とする。「高品質」とやらは全て自己満足の世界。顧客は質より結果が全てなんだけど笑

    No title

    最新の週刊ダイヤモンドには、いい記事が載っているようです。

    最近、投資活動を重視する(せざるを得ない)ハゲタカそのもの的な弁護士が増えていますが、露骨に瀕死企業・瀕死病院にたかり絞り上げる5大よりも、よほど誠実です。

    No title

    そもそも、経営努力とか自由競争というのは、企業利益を上げる方法論として言われるものであって、間違っても無料サービスを提供して倒産する為の言葉ではない。

    安かろう悪かろう。
    ただより高いものはない。
    払うべき者をきちんと払う依頼人だけを大切にしたいと思う。
    (公益活動は、弁護士会から押しつけられるまでもなく、当然やっている。)

    No title

    しかしこれこそが国民が望んだ司法改革。
    そのデメリットもきちんと受け止めてもらおうではないか。

    No title

    1 無料相談・着手金無料
    無料にしてでも事件を獲りたい(そうしないと獲れない)=依頼者のことより受任することにインセンティブがある→それなりあるいは悪質な法的サービス
    2 有料相談・着手金有料
    事件受任をある程度絞って、自信のあるものをやる=依頼者のことを重視して、ムリな事件は弁護士費用がもったいないからやめるように諭す→高品質な法的サービス

    1のほうが弁護士の需要そのものは増えると思うけどね
    2のようにすると弁護士の需要は減る

    あほな学者どもや司法改革を進めてきた上層部の弁護士たちは「弁護士の需要はある」などと言ってきたが、1のようなものを想定していたんだろうな。きっと。
    ひどい話だ。依頼者のことをもう少し考えるべきだと思う。

    No title

    おっしゃるとおりです。
    無料などを前面に打ち出してよいことなどありません。
    もう、市民が血を流して痛い目にあうまで、悪質弁護士の存在は社会問題にならないでしょう。
    耳障りの良い話で市民を騙しにかかる広告弁護士こそ、無料だの返金だのを打ち出す悪徳です。

    No title

    弁護士が悪質な方法で依頼処理するのも
    「あわよくば」依頼者からのクレーム対策だったりするのかね
    どう考えても勝てないと素人でも5分で判断できる事件なのに
    意地でも論点を反らそうとして負けを認めない弁護士とか
    プロフィール

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR