「兼業」弁護士の魅力が語られること

     日弁連はどうやら弁護士の兼業を推奨するらしい、という話を聞いて、何事かと思えば、3月14日に開催される予定のシンポジウムのこと。タイトルは「聞いてびっくり!多様な弁護士ライフ」。日弁連ホームページのイベント案内には、こんな風に書かれています。

     「本シンポジウムは、弁護士としての仕事以外の分野においても活躍している弁護士をパネリストに迎え、弁護士の仕事のみにとらわれることのない各自の“夢”の実践の在り方を紹介し、提案するものです」

     どうも弁護士のなかにも首を傾げている方は少なくないようですが、正直、この一文を見ると、なおさら奇妙な気持ちになります。一体、主催者である日弁連は、どういう方向のアピールをしたいのか、という疑問が湧いてきてしまうからです。

     弁護士の増員政策によって経済的な魅力が減退している、少なくともそう社会に受け取られはじめているなかで、弁護士会内からはこの仕事の魅力を発信せよ、という声は聞かれます。それは、ある人にとっては、経済的魅力はチャンスとして残っていると言い続けることであったり、また、ある人にとっては、経済的なことだけではない、この仕事の持つ意義や「やりがい」のアピールの必要性であったりします。

     当否は別としては、それはまだ理解できます。しかし、ここで語られようとしているのは、直接的なこの仕事の魅力ではなく、「弁護士の仕事のみにとらわれていない」人の夢の実践の話です。そうだとすれば、これはヤブヘビではないか、という声が会内から出るのは至極当然のような気がします。「兼業」弁護士の魅力を語るというのは、もはや弁護士単体での魅力を語れない現実を浮き彫りにしていないか、別の言い方をすれば、その現実から目をそらさせようとしているととられないか、ということです。経済的な意味でとらえられたとすれば、もはや兼業でなければやれない仕事ととられる可能性だってないとはいえません。

     「兼業」弁護士自体にメディアやネットメディアが注目して取り上げることは、これまでもありました。「マネブ」というサイトが掲載した「弁護士がプロボクサーという草鞋も履くワケ3人の『兼業弁護士』が考える仕事観とは?」という記事には、今回の日弁連シンポに報告者として出席する弁護士の一人も登場しますが、こうした記事を読むと、彼ら「兼業」派に共通するのは、あくまで個々人の弁護士外の仕事へのつながりの強さや思い入れです。さまざまな事情や経緯があっての、自己実現の形の話です。たまたまそういうものがあった人が、たまたま弁護士業と両立に成功した話といってもいいものです。

     もし、そういう前提で、「弁護士の仕事のみにとらわれない」「夢」の実践を視野に入れている、あるいは入れたい人向けに、そういうスタイルを日弁連が推奨するというのであるならば、むしろ、弁護士が経済的なメリットや安定度で、弁護士外の「夢」を実現させるのに、この仕事は最適である、というのであれば、むしろ分かりやすい話といえます。でも、さすがにそうアピールできる現状にはない、というべきです。

      つまり、何かをもって、弁護士が「兼業」に向いている仕事ともいいにくい。かといって、弁護士をどうしてもやりたい人のために、こういう「兼業」もあり得るというには、前記したようにもともとのこだわりのある人ならばともかく、逆算して答えを導き出すことは容易ではなく、かつ、前記したように弁護士単体では成り立たないアピール度も強めかねない。 

     もっとも 「弁護士の仕事とのシナジー効果」ということも語られるようで、ここの説得力次第では、どういう形で個々の「夢」に適合するかは分からないものの、あるいは弁護士業特有の「兼業」メリットが見えてくるのかもしれません。ただ、「聞いてびっくり!」するようなスタイルとは、特に他の「夢」の実現が念頭にない志望者の弁護士業への期待感とは、果たして結び付くのか、そこはやはり不安になります。

     しかし、最も気になるのは、こうしたことも、また、弁護士会員がどう受けとめるかも、実は日弁連が分かったうえでこれを繰り出しているのではないか、ということです。「もう、なんでもありなのかな」。そう呟いた弁護士がいましたが、あるいはこの企画の切り口自体が、いまの弁護士の置かれた現実を物語っているということかもしれません。


    今、必要とされる弁護士についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4806

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    司法制度改革の成果は、司法試験が簡単になったので、芸能人やスポーツ選手でも受かる試験になった、その程度のことではなかろうか。

    今回のシンポでは、司法制度改革のなれの果てを誇らしげに発信するという、執行部の裸の王様ぶりを遺憾なく発揮してくれるものと期待している。

    (そういう事実が世間に知られるにつれ、特に金持ちの依頼人層は、弁護士選択について、ますます保守的になっている。このシンポを「誰得」の観点でみれば、ますます金持ちの依頼人をグリップできるようになる既得権益層=執行部、が得をする、ということが分かるはず。)

    No title

    兼業するならもっと軽量の資格にしないと。

    法科大学院とか、会費が月5万以上とか、公益活動とか、
    アホかと。

    No title

    弁護士を廃業するまえに、そもそもなろうと思わないのが賢明だね。

    No title

    どちらが本業か副業かはその人の仕事のスタイルだろう。
    また、高い弁護士会費を払って弁護士登録を続ける意味も、その人の仕事の内容と考え方次第。弁護士資格にそれだけの価値と有用性があるから登録しているわけだ。
    いずれにせよ、どちらを本業にするかとか弁護士を廃業するとかは本人が決めることで、第三者に言われるようなことじゃないよ。

    No title

    昔,米国の弁護士と比して,タクシー運転手弁護士とかキャバ弁護士
    とかが出現してもいいと言った御仁の話を聞いた記憶があるが,それに近い話ということだろうか。
    弁護士業だけで食っていけるなら副業などしない,食えないから副業を模索という流れだと思うのだが,
    高い高い弁護士会費の負担も考えると,時間的拘束の負担が少なく経済的に見合う副業でなければそもそも弁護士を続ける意味がないと思うのだが。
    弁護士業は廃業にして副業を本業にすればいいと思うよ。現実問題としては。
    副業でなく趣味なら別だけどね。
    あまりそういうことを言っている人はいないのね。

    No title

    弁護士も資格の1つにすぎない。
    司法改革で弁護士を増員するときに、従来型の弁護士像ではなく企業や公務員の組織内弁護士など多様な弁護士像が前提されていたはず。
    実際、最近の就業動向はそうした傾向があるし、それで「就職難」も緩和されてきているのだから、意味のある企画だと思うが。

    No title

    >しかし兼業ならその心配は(そんなに)ないだろう

    どうだかな。しょせん「センセーセンセー」と持て囃される立場なら
    変わらんと思うがね。
    (医師、球団オーナー、住職、プロレスラーって全部一匹狼系だしはっきり言うが、「弁護士が副業」だろう)

    >社会経験のない専業は一般常識に著しく欠ける問題児であることが多い

    とは言われるが、何の職業についても所詮、自分の会社以外では問題児だよ。

    No title

    >弁護士単体での魅力を語れない現実を浮き彫りにしていないか
    学校の教師なんかもそうだけど、社会経験のない専業は一般常識に著しく欠ける問題児であることが多い。
    しかし兼業ならその心配は(そんなに)ないだろうし、弁護士の仕事も最底辺レベルなら一般人でも十分に対処可能。

    組織の立場もあるからハッキリとは言わないだろうけど、意外と悪くない方針を打ち出している気もする。
    弁護士以外の選択肢がなくて仕方なく就職した奴の将来?知らん

    No title

    どうせアピールするなら、
    女性でも在宅で仕事ができる
    (子育てと両立しやすい)
    事件の内容によってはやはり女性が活躍できる
    とか、自由な自営業の強みをアピールすべきですね。
    ツイッターで頑張るママさん弁護士はよくお見掛けしますので
    そういった方をアピールすべきだったのでは。
    その他、猟銃系免許をお取りになっている弁護士の方もいらっしゃるようですので、そちら系のお話でもよろしかったかと。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR