法科大学院「本道」をめぐる現状認識と自覚の問題

     法科大学院関係者が法科大学院の現状を語る話のなかに、かねてから共通した違和感を覚えることがあります。それは、「改革」に対する被害者意識のようなものをにじませるような表現に出会うことです。撤退大学の「敗北宣言」のなかでは、大学の経営責任、あるいは制度参入責任がなかったことを理解してくれ、といわんばかりの、「改革」の想定外を強調した無念と恨み節が提示されるのを目にします(「法科大学院撤退にみる『改革』の無責任」)。

     撤退に追い込まれている側のメッセージとして、こうした表現になることは、いわば「立場が言わせている」という見方ができるかもしれません。ただ、他の法科大学院関係者の話を聞いていると、これは単なる負け惜しみではなく、この人たちはあるいは本気で、どこまでも「改革」の期待に自分たちがこたえられなかったのではなく、責任は別のところにあると言いたいのではないか、と疑いたくなってくるのです。

     それは、別の見方をすると、自分たちがこの「改革」のなかで、いかに特権的な地位を与えられてきたか、ということに対する認識不足のようにも感じてきます。「改革」は、彼らに「法曹養成の中核」という地位を与え、司法試験の受験資格を与え、国費も投入しています。法曹養成そのものの実績はなく、未知数だった大学が運営する存在に、公平な受験機会を犠牲にして、強制的に志望者を誘導して、本道にするという非常な便宜を図った。そういう基本的な認識が、彼らのなかに果たしてあるのか、ということです(「法科大学院の『本音』と『自覚』」)。

     既に昨年7月の話ですが、現在、議事録が開示されている中教審法科大学院特別委員会の最も直近の会合(第75回)で、委員である鎌田薫・早稲田大学総長が次のように述べています。

     「法科大学院生は日常的な授業を通じて教育を受け、検証され、各学期の試験、それから、厳格な進級判定、修了判定ということがなされている上に、この共通到達度確認試験まで経ているわけですけれども、司法試験の前では、たった1回の予備試験を受けた人と全く同等の取扱いということでは、これだけ念入りなプロセスを経て教育され、その水準を確認された学生たちが時間とコストを何のために費やしているのかということについての説得力に欠けるんではないか」
     「それは受験生だけではなくて、法科大学院も、また国も相当の負担をするわけでありますので、是非これは要望でしかないのかもしれませんけれども、こうしたプロセスを経た人たちが最終的な法曹資格の認定の上で,それ相応の処遇が受けられるような制度とセットにしないと、これだけのことをやる意味が社会的にも説得力を欠くんじゃないかという気がしますんで、是非そちらの方向での御検討をお願いしたいと思います」

     彼は、もっと便宜が図られてしかるべき、と言っています。しかし、法科大学院生と「1回の予備試験を受けた人」が全く同等であることの「説得力」こそ、法科大学院側に課せられたことではなかったのですか。時間とコストをかける意味、いわば「価値」を立証しなければならないのは、彼らの側にあるはずです。志望者に選択されない、ということが、そのことに対する評価とはみないということでしょうか。

     自分たちが強制の地位まで与えられながら、「価値」を示し切れていないというのではなく、「相応の処遇が受けられるような制度とセット」ではないと、プロセスの「説得力」がない、と。そもそも理念の正しさを固く信じ、それを実証するのであれば、強制化を外し、一発試験ルートと競争してでも、選択されるだけの「価値」を示すべきで、強制化にしがみつくのは、そもそも選択されない脅威による制度の自信のなさであるということは、ここでもさんざん書いてきました。しかし、この発言を見る限り、強制化を外して勝負するなどということは、およそ夢のまた夢。それとは真逆の、もっと私たちはお膳立てされていいはずだ、という話なのですから。

     受験生のことを考えてあげてほしい、と言っているようでありながら、「価値」を示せず、選択されなかったという事実を認めていない。ただ、「相応の処遇」というおまけをつけても、それが本当の意味で「社会的にも説得力」のある、法科大学院ルートの「価値」となるのでしょうか。「同等の扱い」が問題なのではなく、むしろ「同等」にしたならば、即座に「価値」として評価されないというところに本質的な問題があるのではないでしょうか。それも志望者は、見抜いているはずです。


    予備試験のあり方をめぐる議論についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/5852

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 資格試験
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    この期に及んで弁護士になりたいなんて、世間知らずにもほどがある

    No title

    確かに、頭を使わず一般人を脅す輩は「チンピラ」と言うべきだった。申し訳ない。

    ヤクザは身内でルールを作って、社会的名誉を落とすような行為をしたチンピラには厳しい制裁が加えられるが、弁護士も身内で似たようなこと出来ないもんかね。

    No title

    そんな例えはヤクザに失礼ですよ。
    ヤクザは、一流になればなるほど、相手の弱みと自分の弱みをしっかり調査分析した上で、論理的に要求を組み立ててから攻め立てる知能犯のはずだ。少なくとも一聴して筋が通ってるから、無下に拒否して相手にしない、ということができないのです。

    ヤクザがカタギに「俺はヤクザだ。言う通りにしろ」なんて言ったら即逮捕だが、弁護士はいくらやっても逮捕も懲戒もなんにもありませんからね。ヤクザの方がよっぽど謙虚で、物の筋をわかってますよ。居直りが効かないんだから、ふざけた驕りもなんにもない。

    No title

    「上位の組織が号令を出したら、下位の者は無条件で従うだろう」って発想が、まさに学歴しか見ることの出来ない底辺思考だな・・・
    これを悪い方向に発展させると「俺は弁護士だぞ、有名大学卒だぞ、だから俺より学歴の無い奴の言うことは一切聞かん!」になる。
    このレベルになると、ヤクザが彫り物見せて一般人を脅すのとやってることが同じ。

    No title

    ロースクールマンセイの御仁が張り付いているようだが,
    まあ釣りでしょうか。
    世に誤った情報を流布させたい組織の方かもしれませんが,
    ここに至ってはもはや無駄なことかと。
    今時小学生でも騙されないみたいですよ。

    No title

    10年ほど前、東大法科大学院は、
    「今じゃない、10年後を見据えた教育をしているんだ!」
    と、当時の実務には全く使えない教育をしていることを正当化していた。

    10年たたないと役に立たない教育ってことは、その学生たち、その後の10年間、どうやって食えと・・・?

    あと、当時の教育って、今、役に立ってる?シンプルに陳腐化してない?

    No title

    >上位の大規模事務所が予備試験組は採用しないと宣言したら、予備試験受験 者は激減するとは思うがね。

    そんなわけないだろ。お宅、随分ロースクールに執心のようだけど、何?w

    大規模事務所といってもカタカナから四大までいろいろだろうが、いわゆる四大
    などの企業法務中心の事務所の採用基準はなんといっても若さ体力根性
    それに頭のよさ、素質だろ。それらを備えていればローだろうが予備だろうが
    採用されるが、必然的にローは余計な年数食うだけ若さという点で不利、さらに
    予備に合格するだけの能力根性がないという点でも不利になる。

    そのデメリットを上回るメリット・価値をローが提供できればいいが、現状では
    東大京大を除く全ての旧帝で二次募集三次募集までやっても定員すら満たせない。これが答えだ。

    採点雑感もみるがいい。一昔前なら入門講座でも落第するような低レベルの
    答案が頻発していることがひと目でみてとれる。

    法科大学院は、金と時間がかかるだけでなく、それに見合った価値をまったく
    提供できていない、泥棒のような存在というべきだ。

    No title

    >予備試験組は大手の事務所で大人気だと聞きましたが、

    実はこれは都市伝説。
    例の推進会議で顧問会議の資料として66期司法修習生の採用状況を調査したが、大規模事務所上位10事務所の採用者178人中、予備試験合格の資格で司法試験に合格した者は12人にすぎなかった。
    また、予備試験組だからという理由で採用している事務所はほとんどない。

    まあ、上位の大規模事務所が予備試験組は採用しないと宣言したら、予備試験受験者は激減するとは思うがね。

    No title

    予備試験組は大手の事務所で大人気だと聞きましたが、予備試験組にあらん限りの言いがかりをつけて貶めてる連中、特に自分も弁護士という連中が、予備試験組を大量採用してる事務所自体を一切批判しないのは何故なのか、私にはどうしても理解できません。そんなに弁護士業に不可欠な技術をロースクールとやらが身につけさせている、その過程を経ていない予備試験組は弁護士として失格だと力説するのなら、どうして大手事務所はそんな奴らを大量に、ロースクール組より優先して採用しているんでしょう?  自分が経営している事務所ではそういう方針だ、という場合でも、明らかに予備試験組を優先している(予備試験組専用の募集活動をわざわざしている)大手事務所の存在に一切触れないのは不自然だし、まして、自分が所属している、それも経営者の一員である、という場合でさえ、予備試験組を見下したタワゴトを躍起になって力説しながら、その自分の事務所は予備試験組の採用に血眼、という事例が珍しくもなんともない。

    一体どうなってるんでしょう?
    予備試験組を大量採用しているような事務所は、法律家と呼べるような仕事なんかやってない、ただのハッタリ集団なんですか? それとも、ロースクール固執組こそ、法律家にあるまじきただの大嘘吐きなんでしょうか?
    真実がどっちにせよ、そのどちらもが、ちっとも失脚せず淘汰もされないのが、私にはどうしても理解できません。誰か教えてくださいよ。

    No title

    >>国家資格は全て学校で 専門の教育を受けなければ
    >>取得できないようにしますか?

    >少なくとも、専門教育を受けたほうが
    >ペーパーテストの試験だけよりもいいに決まっている。
    >だから、司法修習をやって資格を取得させるのだろう。
    いいと思うこと全部はできないでしょ。
    だから、コストや効果を考えて取捨選択が行われるわけ。
    だから、資格によって、
    学校での教育が必要か、試験で足りるのか、
    実情に応じてそれぞれ制度が異なるわけ。
    で、実情に応じて考えるなら、
    ローは教育能力が低いから不要、修習は必要。

    >ローと修習はいわば屋上屋を架す制度だから、
    >本来は韓国のように修習を廃止すべきで、
    >医師のように国家試験合格後は
    >有資格者の研修医としてOJT研修を積む制度にすべきだったのだ。
    >学生と実務家の間の中途半端な修習制度は、
    >かつての医学生のインターン制度のようなもので、
    >だから貸与制か給費制かなどといったおかしな問題が生じる。
    教育能力の低いローを廃止して
    修習を存続させるべきに決まっているだろ。

    No title

    修習廃止闘争よりも、ローをつぶすほうがはるかに現実的。
    学生が進学しなくなって、どんどんつぶれている、賢明な
    選択というべき。一気に息の根をとめるべきだろう。

    ロースクールという無価値のゴミを無視して、予備試験ルート
    で合格することも、実質的な彼らの闘争ではないか
    (あまりおすすめはできないが)?w

    まあ前途ある若者が目指す職業ではないことは明らか。
    ロー利権のゴミどもは本当に醜い。

    No title

    東大卒だろうとゴミはゴミだが(むしろ学歴が高い分だけ勘違いしてるので悪質)
    相手方に東大卒の弁護士がついたってだけで、野次馬から無条件降伏するよう申告されたこともあるので、はやく野次馬の認識に見合うだけの能力を身につけた弁護士を安定供給出来るようにしてくださいって割と思ってる。

    No title

    医学生たちは学生でも医師でもないインターン制度を闘争によって廃止し、研修医制度を実現した。
    これに対し、修習生や在野法曹は、貸与制に対して修習廃止闘争をすることなど思いもよらず、給費制復活運動に明け暮れ、学生でも実務家でもない修習制度を金科玉条のように墨守している。

    医師と弁護士に大きな格差ができたのもさもありなんというところか。

    No title

    あなた、実務家じゃないでしょ。

    現行裁判実務の押し付けって、修習を経た人間の発言とは思えないな。
    裁判官、検察官は言うに及ばず、弁護士として飯を食うためにも、まずは、
    現行裁判実務を身につけなければ話にならない。実務家として一生宝となる
    知識・技術だよ。大学のボンクラ教授では到底無理。そもそも教材もない。
    司法研修所の教材や起案講評添削も、一流の実務家が合議で練りに練った
    もので、極めて密度が高くて有用。金もらってあれだけ高いレベルの教育
    をしてもらえることに驚きを感じたものだよ。

    東大の一流教授の法学の授業も価値があろうが、それは大学の学部教育が
    担うべきもの。それに多くの大学のボンクラ教授の指導力は予備校以下だろ。
    そんなものを聴いて時間をドブに捨てるぐらいなら、自学自習のほうがはるか
    ましというもの。

    最高裁の統制というのはまた別の問題。ロースクールが教育したからといって
    最高裁事務総局の官僚体質が崩れるわけもない。むしろ、ロースクールの
    能力の低い教授と選抜機能を失った入試によって、ますます一般法曹の
    知的資質が破壊され、最高裁の独断専横が強化される結果を生むだけだろう。

    ローは害悪・社会のゴミ。即刻廃止すべき。

    科挙のような旧試験と最高裁の統制で現行裁判実務が押し付けられる司法修習に戻るのがいいなら、日本の司法に未来はないね。
    ちなみに、私は旧試験組だが。

    No title

    あなた門外漢でしょ。

    専門教育は当然必要だが、それを担うのが、司法研修所。
    教材から教員、カリキュラムまで、極めて洗練されたシステムだよ。実務家
    教育としては、最高のものだろう(現在は前期がなくなったため、かなり
    怪しいが)。おまけに受講者は、司法試験という厳しい選抜を経ているため、教育の効率も極めて高い(現在の新司法試験では怪しいが)。

    司法研修所がローの屋上屋なのではなく、そもそも、ローなんぞが、実務家教育
    を担う資格がない。ノウハウカリキュラムも拙劣でないに等しいし、そもそも教員
    のレベルが低すぎる。東大等ごく一部の大学では学者として一流の教員がいるが所詮学者、実務教育には適さないし、それ以外の大学では、司法試験の
    合格経験もない、論文もろくに出していない、学力能力の極めて低い教員にまで
    教授の地位が与えられ、到底実務家教育を担う資格などない。早稲田などでは
    天下りの者が教員をやるほど。
    さらに、現在では入試が選抜機能を完全に失っており、実務家教育を行う
    前提すら欠いている。

    結局、天下り利権や能無し学者のポストが増えたこと以外、ロースクール精度
    にとって何らメリットはない。司法制度にとっても害悪でしかない。おかしな
    問題が生じているのだから、それはローを廃止すれば速やかに解決する問題である。

    No title

    >国家資格は全て学校で 専門の教育を受けなければ取得できないようにしますか?

    少なくとも、専門教育を受けたほうがペーパーテストの試験だけよりもいいに決まっている。
    だから、司法修習をやって資格を取得させるのだろう。

    ローと修習はいわば屋上屋を架す制度だから、本来は韓国のように修習を廃止すべきで、医師のように国家試験合格後は有資格者の研修医としてOJT研修を積む制度にすべきだったのだ。
    学生と実務家の間の中途半端な修習制度は、かつての医学生のインターン制度のようなもので、だから貸与制か給費制かなどといったおかしな問題が生じる。

    No title

    従前に比べ問題文の指示がかなり丁寧になり、旧司法試験合格者や初期の新司法試験合格者から見ればもはやサービス問題と化している昨年(平成28年)の司法試験ですらも、問題文をきちんと読まずにまともな答案を書けないような「水準」を確認された法務博士様たちに、一体どのような処遇を与えよというのでしょうか。

    No title

    そういえばツイッターで話題になっている、もう弁護士専業ではやっていけないかもしれないから副業やろうぜベイベーイベント
    http://www.nichibenren.or.jp/event/year/2017/170314.html
    こっちのほうも「弁護士『本道』をめぐる現状認識と自覚の問題」ってことで記事にしてくれませんかね。

    No title

    しかしロースクールとは乞食のようだな。

    何の役にもたってない。補助金を食いつぶす社会のゴミのようだ。

    東大京大以外の旧帝も全て二次募集。大阪大学でも定員の半分近くも

    二次募集。大学のネームバリューをもってしても、これほどの不人気。

    利権の塊。社会のゴミ。それがロースクール。

    No title

    >そもそも専門家養成のプロセスを試験で代替するということが矛盾している。
    試験で取得できる資格はたくさんあるし、
    もともとは法律家の養成課程にロースクールなんてなかったし、
    ロースクールの教育がたいした成果を上げていない以上、
    予備試験の何が問題なのでしょう?

    >試験だけならそれに専念した方がいいに決まっている。
    では、ロースクールは試験では測れない
    どのような能力を学生に身に付けさせているのでしょう?
    成果を挙げられないのだから
    ロースクールは廃止した方がいいに決まっています。

    >試験だけでよいなら医師は6年の医学部教育なしで
    >国試だけでよいことになるし、司法修習だって2回試験だけでよいわけだ。
    では、国家資格は全て学校で
    専門の教育を受けなければ取得できないようにしますか?
    そもそも全ての資格取得に学校教育が必須なわけではなく、
    資格によって学校での教育が必要だったり
    試験のみで良かったりするというのが通常の認識ではないのですか?
    で、ロースクールはたいした教育してないのだから、
    ロースクールを必須にする合理的理由はありません。

    >だから、予備試験はロースクールに行かなくてもいいくらいの
    >社会経験がある者に資格制限すべきだった。そこが本質的な問題だ。
    ロースクールは別に社会経験の代替にはならないでしょう。

    No title

    この期に及んでまだロー擁護派がいることが不思議で仕方ない。

    No title

    己に中身がないと自覚している奴ほど「外見」に価値を求める。
    だから「外見」のハッタリが通用しないとキレる。そのせいで尚更バカにされるのにね。
    でも当事者は「外見」の価値をまだ信じてるから聞く耳を持たない。じゃあ関わらないのが吉ってなるよそりゃ。

    そもそも専門家養成のプロセスを試験で代替するということが矛盾している。
    試験だけならそれに専念した方がいいに決まっている。
    試験だけでよいなら医師は6年の医学部教育なしで国試だけでよいことになるし、司法修習だって2回試験だけでよいわけだ。
    だから、予備試験はロースクールに行かなくてもいいくらいの社会経験がある者に資格制限すべきだった。そこが本質的な問題だ。

    No title

    鎌田っていうのはどこまで情けねえ奴なんだ

    弁護士には自由競争をいいながら、自分らは利権を守って下さい

    ってわけだ。たった数百人の予備試験枠にも対抗できない魅力しかない

    法科大学院、学生に選ばれない法科大学院などさっさと全部潰れて

    下さい。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR