「提訴」懲戒審査対象決定の波紋

     アダルトビデオ(AV)への出演を拒否した女性が所属プロダクションから、契約違反として2460万円の損害賠償を求められた訴訟(2015年東京地裁で請求棄却。確定)で、プロダクション側代理人を務めた弁護士について、日弁連が提訴に問題があったとして、「懲戒審査相当」の決定を出したことが、弁護士の間でも話題になっています。

     AV出演の強制、高額な請求という点からみて、不当な訴訟に加担した弁護士対する対応として、多くの人は日弁連決定に違和感を覚えないと思います。また、弁護士のなかでも、この訴訟の提訴時には、「呆れた」というニュアンスに近い批判の声を沢山聞きました。多くの弁護士の感覚としても、この提訴はその常識からズレていたととれました。

     ところが、これが日弁連の決定によって「懲戒審査相当」と位置付けられるとなると、今、別の違和感が弁護士のなかに広がっているようです。それは、この決定が訴訟の中身に踏み込んで、提訴自体を審査対象にしているところです。今回の決定で、今後弁護士の懲戒請求が、スラップといわれる巨額な請求による恫喝的な訴訟への対抗手段になるという捉え方もされていますが、逆にこのことが提訴そのものの揚げ足をとる形に濫用される危険性、また、それを恐れた弁護活動の委縮が弁護士間に広がる可能性が危惧されているのです。

     今回決定の是非は、提訴目的にどこまで着目するかが、見解を分けるところかもしれません。弁護士の行動規範を定めた弁護士職務基本規程は31条で弁護士は、「依頼の目的又は事件処理の方法が明らかに不当な事件は受任してはならない」としています。これをストレートにあてはめる人の話はここで決着します。

     ただ、その一方で弁護士として依頼者の意向を背負って、不当かどうかも含めて、裁判所に判断を求めること自体が問題にされるのはどうなのかという受けとめ方もあるのです。別の言い方をすれば、このケースとは切り離して、他の弁護活動に置き換えたとき、果たして問題にされるべきか、という感覚を持った弁護士がいたということです。むしろ、正当な活動として裁判所に持ち込む弁護士が、この手段によって反撃にあうことを重くみた意見ともいえます。そして、その先には国民の「裁判を受ける権利」や「法の支配」そのものへの影響も視野に入ってきます。

     今回の案件で、対象となった弁護士が所属する第二東京弁護士会の綱紀委員会が提訴は正当として、審査に付さない決定をして、異議申し立てで日弁連の綱紀委員会が決定を出したという経緯にも、この問題が弁護士にとって、微妙な解釈にかかわっていることをうかがわせます。一部報道によれば、日弁連の決定でも提訴が懲戒理由にされるのは「極めて例外的に場合」と限定したうえで、今回の提訴が、AV出演の強制とみなされる恐れや威圧効果に着目した結論とされています。日弁連も、懸念論のいうリスクも含め、すべて分かったうえで、あえて今回の結論を導いている、ともとれます。

     しかし、この決定で日弁連が、弁護士自治のうえで、現実問題として、何を取り、何を切り捨てたのかということは、今後も問われることになるかもしれません。


    今、必要とされる弁護士についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4806

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    司法相手に「悪質性」をいくら訴えても「依頼者の要望に適切に応えた結果なので何も違法性はない」と言われるのがオチ。
    でも弁護士会なら「悪質性」でも処分対象にしてくれる。良いことを聞いた。

    弁護士会が内容に介入してくるリスクを主張するのは分かるけど、現状は素人でも酷いと思うような主張が溢れているんだよ。
    下のコメントに書かれてる通りの「ブラック弁護士」が普通にいる。裁判所の呼び出しを無視すれば敗訴確定のシステムを悪用し、小学生レベルの言い訳を延々と並べるような弁護士が現役をやっている。
    なのでこいつらを速やかに駆逐or調教したうえで、改めてリスクを主張してくれないと。

    それと今回の事件はマスコミで報道されたから弁護士会も存在を認知できただろうが、ブラック弁護士、素人をターゲットにした案件はもっとあるはず。
    しかし素人がブラック弁護士の酷さを訴える方法を調べても、まず懲戒請求の方に辿り着いてしまい、市民相談窓口に辿り着くのは難しい。
    なので速やかにブラック弁護士を駆逐するためにも、弁護士には市民相談窓口の存在をもっと広く宣伝して欲しいものだ。

    No title

    相手は素人なんだから法律には無知だろうと舐めきって、「弁護士」の肩書きをひけらかして、法廷に出したら通用しない滅茶苦茶な要求で労働者を脅す、ブラック弁護士どもが駆逐されることをひたすら望みます。

    もしかして弁護士会が懲戒を最初拒否したのって、てめえらが日頃さんざんこういうことやって儲けてるから、これを非としたら自分たちも危なくなる、というやましさがあったからでしょうか?

    今、どれぐらい知られてますかねえ。「弁護士」が違法な要求を得意げに押し付けて金儲けする連中だ、って事実が。昔は、フィクションの悪徳弁護士でも、法的にはちゃんとした、法廷に出しても通用する程度の取り繕いはしてるのが当たり前だったのに。

    No title

    「あまり無茶な請求を代理してしまうと、懲戒される危険性がありますからね」というのが新たなお断り理由になりそうだな。

    No title

    懲戒は当然だと思うよ。
    AV出演を拒否したら契約違反で損害賠償請求するということは、法的に性行為を強制することに等しい。
    公序良俗違反の違法行為に弁護士が加担したら、弁護士倫理に反するのは明らかだ。

    No title

    訴え提起前に、誠実に交渉をしたかどうか。

    誠実に交渉をすれば、あらかたの事実関係もそこでわかったはず。

    訴え提起には至らなかったはず。

    万が一にも訴え提起を下にせよ、取り下げなどで早期に終結したはず。

    あるいは、辞任という選択肢もある。



    訴え提起行為だけではなく、その辺の事実関係も問われるでしょう。



    被告があれだけ酷いことをされても、反訴提起すらできなかったことから、大体の想像はつきますがね・・・。



    弁護士のツイッターなどを見ると、

    「ああ、日本は、やっぱり、世界最低最悪レベルの、ひどい男中心社会だな。

     なるほど、証拠関係が薄いのに(朝日新聞元記者によるねつ造まで判明したのに)、
      『残忍な日本人男性ならばやるだろう。』
    ということで、立証ポイントがぐんと下がり、従軍慰安婦問題が世界に信じられてしまうのも、仕方ないことだ。

     普段の行いがこうなのだから。」

    と思った。



    ちなみに、被告代理人にはアメリカ留学経験があり、現在は欧米系の人権団体の代表をなさっているので、訴訟の後日談としての懲戒手続きや男性弁護士達のツイッターやこちらの記事の内容なども含め、世界に対して正確に翻訳され発信されるのでは。
    プロフィール

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR