「前向き」論への視点

     あけましておめでとうございます。

     志望されない業界になっているという、お世辞にも明るいとはいえない現実を抱えている法曹界。そんななかで、「前向き」論と括れるような論調を繰り出されている方々も目立ってきました。既存法曹が業界の未来と自ら生存をかけて、「前向き」であること自体を頭から否定する人はいないと思います。ただ、それがこの状態を生んでいる「改革」への肯定的評価とつなげようとする試みを含んでいるとなると、本来話は別といわなければなりません。

     「改革」の動かし難い負の影響の前に、「改革」を全否定するのはおかしい、として、プラス面を強調する論調が業界内に登場しています。増員政策にしてもある種の需要がみたされた、裁判員制度によって裁判所が国民の目線を意識するようになった、民事裁判が短縮化された――。「改革」以前には、どうにも動かなかったものが、制度改革によって着実に動いたんだと。昨年、「希望」という言葉を書名に冠した裁判官・元裁判官らによる書籍が出版されましたが、まさに、「改革」路線の先にある未来の希望を、そのプラス面に見出そうとする試みです。

     しかし、こうしたタイプの「前向き」論に出会う度に、二つのことが気になります。一つは、それがどういう意味を持つのかということへの疑問です。前記したプラス面の捉え方自体、評価が分かれるところですが、仮にそれが正しい主張であったとしても、それこそ、「司法改革」といわれるもの全体に点数をつけるような試みにしかいかされない。要は、反対派が主張するようなマイナス面について、何の助け舟にもならないということです。

     そもそも「改革」反対派、慎重派が、プラス面を含めて全否定しているとは限らず、プラス面があったとしても、マイナス面を無視できないといっているのであれば、対立軸はずれていることになります。むしろ、「前向き」論が反対派、慎重派への対抗論調として真正面からぶつけられ、正当性が主張されるのであれば、マイナス面の犠牲をプラスの「価値」によって、許容させようとする方向にだってとれてしまいます。

     ただ、現実的には「価値」の評価、つまりこれだけのプラスを「改革」生んでいるんだから、ある種の犠牲が伴うのは致し方ない、という直球勝負ではなく、単にそれは「改革」の現実への目くらましにしかなっていない、ように見えます。反対派・慎重派からすれば、どこまでいっても光の部分の「希望」を語るだけでは済まない、という言葉が用意されるはずなのです。

     そして、もう一つは、その「前向き」論が見出そうとしている「希望」とは一体、誰にとっての希望なのか、ということです。生き残ろうとしている弁護士にとっての希望なのか、裁判官にとってのそれなのか、これから法曹になろうとするものにとってのそれか、それとも私たち利用者にとってのものなのか――。「改革」の現実的な問題は、むしろそれが共通のものとして生み出せていない、想定通りには生み出せていないというところにあるのではないでしょうか。

     弁護士が増やしても経済的には破綻せず、市民にとってよりよい形の司法救済が実現し、そして、それを支える優秀な人材がこの世界に集まる。利害の対立ということだけでなく、それぞれの無理を直視しないところに、むしろ「改革」の想定の甘さがあったのではないでしょうか。弁護士会主導層などから昨今聞こえてくる「魅力」発信を同業者に求める論調も、現状を甘く見た、一方向からの「前向き」論である印象を持ちます。

     最近のツイッターでこんなことがつぶやかれていました。

      「司法制度改革について『弁護士が儲からなくなったら弁護士志望者が減る』という批判をする弁護士が居て、それに対して『自分が儲からなくなるのが嫌なんだろ』って反論は、むしろ相手の論を補強してるよね。 目の前の弁護士は『元・弁護士志望者』やで」(泥濘大魔王サイケ)

      「改革」をめぐって、甘えや努力不足一辺倒で弁護士をたたいてみてももはやこの現実からは抜け出せない、むしろそれが盲目的であるところに「改革」論調の行き詰まりが読み取れます。もはや自らにとってもマイナスになることまでが強弁されていることこそ、「改革」の行き詰まりの根深さ、深刻さを物語っているというべきなのです(「弁護士のため息」)。

     やはり私たちは、さまざまな立場で繰り出される「前向き」論、楽観論に惑わされず、この「改革」が当初の想定に反し陥っている現実に向き合う必要があります。


    今、必要とされる弁護士についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4806

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 資格試験
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    単に、任期満了を迎える弁護士職員の中に再就職先を見つけられなかったものがいるので、その救済策と捉えることもできそう。
    元から一本釣りのつもり。形は公正な競争試験としているけど。
    募集人数を2人としているのもカモフラージュ。
    邪推かな。

    No title

    それだけ地雷弁護士が多いと判断してるってことでしょ?
    現状を適切に捉えて行動してると思うけどね。

    No title

    明石市の任期の制限のない弁護士職員の採用ですが、
    募集要項を読んでみると、受験資格が「弁護士資格を有し、資格取得後に、行政や民間企業等の組織において実務経験を有する人」となっていますね。
    インハウス経験者となると、対象がかなり限られてきます。
    過去の募集にはそうした要件はなかったのですがね。

    No title

    前向きというか、明るい話題を。
    任期付弁護士職員の積極採用で有名な兵庫県明石市が、(ついに)任期の制限のない弁護士職員の採用を行うようです。
    https://www.city.akashi.lg.jp/soumu/jinji_ka/shise/saiyo/saiyojoho/shokushuichiran/documents/201702houmusyokubosyuyoukou.pdf

    自治体の弁護士採用は、任期付である点がネックでした。
    任期満了後に転職先を見つけられないリスクがあるわけです。
    明石市では、経験3年でも年収770万で採用、60歳定年、定期昇給もあり。
    これで何ら心配する点はなくなりました。
    全国の自治体に向けて弁護士職員の採用を呼び掛けている明石市長(ひいては日弁連)にとっても、当の明石市で任期付弁護士職員が任期満了後に仕事にあぶれるという事態は絶対に避けたいでしょうから、任期なし正規職員のほうが望ましいのでしょう。

    ただ、いくつか疑問点も。
    明石市では、一番最初に採用した任期付弁護士職員が3月末に期間満了となることに伴い、この1月に任期付弁護士職員を追加採用(3回目の採用)したばかり。
    https://www.city.akashi.lg.jp/soumu/jinji_ka/shise/saiyo/saiyojoho/shokushuichiran/documents/201607bengosiboshuyoukou.pdf
    なぜ、あえてこの時期に募集なのでしょうか?

    また今回は、従来のような事前のPR活動や説明会もなしに突然1月16日から募集開始で、申込期間は2月10日まで。
    転職の意思決定をするにはあまりに期間が短く、これではごく一部の人間しか応募できなさそうな気がします。

    No title

    >>予想通り完敗

    被告への嫌がらせが目的だったのでは?
    もしやその事件、原告が大企業で被告はその企業の犯罪の告発者だったのでは?
    裁判起こして完敗というのが、無能の証明として悪評が知れ渡って誰も仕事を頼まなくなる、などの大ダメージにならないなら、タイムチャージ目当てにそういう嫌がらせ訴訟でも平気で請け負う「ビジネスローヤー」の希望者は殺到するでしょうね。

    No title

    訴訟手続きって面倒になってるの?
    じゃあ俺が数年前に見た、勝てるわけがないと素人でも分かる事件で訴訟を起こし、予想通り完敗した弁護士は何が目的だったのやら。
    敗訴確定でも守りたい何かがあったのか、それとも面倒さが分からない無知だったのか・・・

    No title

    「希望の裁判所」なる書籍・・・。

    「新受件数の激減」これが、国民及び弁護士による裁判所改革に対する答え。司法制度改革の恩恵は、仕事が楽になった裁判所にあるだけで、国民&弁護士にとっては逆に訴訟制度が使いにくくなった。だから訴訟手続きを使わない。このあからさますぎる市場の回答に、なぜ彼らは向き合わないのだろう。

    No title

    >弁護士が増やしても経済的には破綻せず、市民にとってよりよい形の司法救済が実現し、そして、それを支える優秀な人材がこの世界に集まる。

    ○○○○がまさかここまでやるとは思わなかったのでしょう。
    それを想定しなかったことを今更言っても仕方ないでしょう。
    価格破壊など余計なことさえしなければ、ある程度は↑の通りになっていたはず。
    プロフィール

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR