FC2ブログ

    「無茶ぶり」の先にあるもの

     弁護士という仕事が、ここまで「無茶ぶり」される仕事だったことを、弁護士自身が知らなかった、と思います。経済的に支えきれるだけの需要がないのに激増させられ、競争しながら、公的な使命はのしかかっている。国民の税金が彼らの活動を保証するわけではなく、身銭をきって弁護士会の活動を支える。国民に感謝されながら「成仏」すればいいじゃないかという「成仏理論」は、どこかの学者が口走った「トンデモ」な話じゃなく、まるで常識のように弁護士に突き付けられているのではないか、と(「弁護士『成仏理論』」が描き出す未来」 )。

     これは、「改革」の旗を振ってきた弁護士の方々も、実は痛感しているところだと思います。そもそも、彼らを含めた多くの弁護士は、ここまでの「無茶ぶり」される状態に陥るなど、全くの想定外です。大量の需要が生まれてくる、活躍の場はいくらでもある、年3000人の司法試験合格者を出しても大丈夫、という話だったから、賛成に回ったと、いまだに旗は掲げつつも、内心思っている方々が沢山いるはずです。

     結果、弁護士の気持ちがどちらに向き出しているかといえば、「やってられない」と。当然、身銭を切っている部分です。もう、いいではないか、と。できていないことはできないで。競争してなんとせよ、といっているのだから――。

     弁護士法1条には、 弁護士の使命は、「基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする」こととあります。ただ、法律でこうした社会的な役割を規定されながら、一方で、それを個人事業で捻出した、まさに身銭で支えるという実体を持っている仕事です。弁護士会の活動のさまざまな活動に対し、本来、前記弁護士に与えらた使命からすれば、本来は国が下支えすべきところを、自分たちが身銭を切っているという意識が、弁護士のなかにかつてから少なからず存在してきたことも事実です。

     それを、これまでの弁護士に与えられた環境が支えてきたと考える人は、この世界に沢山います。だから、この先の「無茶ぶり」があるのならば、もういいのではないか、ということです(「弁護士のため息」)。

     こういう姿勢に弁護士が転じれば、逆に、途端に前記使命を持ち出して、使命の放てきをいう人が、弁護士会の内外にいそうです。内の人は、その正面から、外の人は「無茶ぶり」から。ただ、この両者は、法が前記使命を法が規定していること自体の解釈が違うという見方ができます。

     つまり、後者の方々は、弁護士に国家が担わせた使命、もっといえば、国民が税金を投入して下支えしてでも、全うしてほしい使命を課したというとらえ方よりも、個人事業として、個人利益のためにばりばり働く弁護士へのかせ、その法律という「武器」を携行する資格者の、基本的なスタンスを戒めたというとらえ方です。つまり、個人で稼ぐ、稼いでいる仕事なのだから、そのくらいはやれ、という発想です。身銭を切っているという現実が、この発想のもとでは、軽く見積もられがちになるのは、当然の話にもなります。

     ただ、自分たちは国家に養成されたという、意識をつないでいた「給費制」はありません。むしろ、貸与制移行でよしとするのを支えたのは、後者の発想です。もちろん、法科大学院には税金が使われていますが、すべては「なんとかなるはずだ」に立っています。それでも、国家に養成されたのだから、恩返しする意識は忘れるなという話になるのならば、それ自体が「無茶ぶり」ということにもなります。

     もちろん、「無茶ぶり」としている側は、「なんとかなるはず」と言っているわけですから、絶対にそれを認めるわけではないですが、なぜか「無茶ぶり」されている側に、どうしてもそれを認めない方がいるのが、不思議な話もあります。その方も本当に無茶と思っていないか、分かっているけど言わないだけか。

     弁護士が、なぜ「無茶ぶり」される仕事なのか。このテーマのなかでは、弁護士の実態に対する誤解も、ルサンチマンの話も登場します。しかし、一番のこだわるべきところは、本当にこの「無茶ぶり」で社会にとって現実的にいいことかあるのか、というところです。「やってられない」仕事だということは、既にこの世界に来る前の人間も認識し出しています。

     弁護士が次々と「もういいではないか」と手を引き、割り切った対応が当たり前になった時に、やはり弁護士1条の使命は、「なんとかなるはず」に丸投げせず、下支えしてでも、全うしてもらうべきものだったと気付いても手遅れのように思います。


    ただいま、「弁護士の競争による『淘汰』」「今、必要とされる弁護士」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR