若手弁護士会長誕生を生み出すもの

     韓国のソウル地方弁護士会会長選で、35歳の若手が異例の当選を果たしたということが伝えられています(livedoor NEWS)。6人が立候補し、最多得票2人による決選投票で、全得票数のうち3分の1以上を獲得したそうで、背景には弁護士数増加による若手弁護士の労働環境悪化があり、その改善への若手の期待が彼の当選につながったようです。

     このニュースは、やはり同じような状況にある日本の弁護士会に被せてみたくなるものがあります。激増政策によって、世代的な勢力図が塗り変わっている日本の弁護士会で、大きなウエートを占め出している若手が発言力を増し、その期待を背負った人間がトップに押し上げられるということです。現に、会長選挙では、かつてでは考えられないほど、この層の票の流れを候補者は気にせざるを得なくもなっています。

     ただ、会長選出馬ということになると、問題はモチベーションです。端的にいって、この状況下で現実的に若手候補者は、何のために選挙に打って出ようと考えるのかということです。別の言い方をすれば、弁護士会に自らが立って、変革しようというような、そこまでの期待感が果たしてあるのか、そもそも会そのものへのかつてのような拠点意識があるかどうかの問題です。

     もっとも想像しやすい目的を挙げるとすれば、それは規制撤廃ということになるように思います。以前も書きましたように、若手が一致団結して、負担となっている高額の会費を値下げさせるという想像はできなくありません(「『若手』が弁護士会を牛耳る日」)。そして、もはや負担感の前に意義を感じられなくなってきているとする声が広がっている弁護士自治・強制加入についても、廃止論が一致した若手の世論になるかもしれません。

     韓国の若手会長も、その労働環境改善を掲げているようですが、日本で同様に、若手の期待を背負うとすれば、真っ先に考えられるのは、前記のような会員の負担軽減につながる弁護士会という存在の規制緩和というテーマのように思えます。

     ただ、逆に言ってしまえば、もはやそのくらいしか最大公約数的な若手会員の関心事となる会長選のテーマが考えられないことが、これが現実化しない理由にもなるように見えます。シングルイシューもシングルイシュー、しかもこの若手の期待感の先にあるのは、弁護士会の弱体化、あるいは存在感そのものをなくす方向になる政策と、それを背負う代表の誕生です。史上初めて会員の負担軽減を理由とした会務縮小を政策として進める執行部の誕生ともいえますが、そもそもなくてもいい、ないと有り難いという期待を背負った会長が、どんなスタンスに立つのか、それを考えれば、出馬するという選択になるのかという気にもなります。

     そして、もう一ついえば、そもそも規制緩和という内向きの負担軽減だけで、若手の状況がなんとかなるのかという問題があります。事件がない、足りないという根本的な問題の前に、弁護士会のトップに若手が就任して何ができるのか、そもそも弁護士会に何ができるのかという点で、会長に出馬する意欲と、それを強力に押し上げる期待感と支持が果たして生まれるのか、ということです。

     弁護士会が本来もっていたはすの社会的使命においても、会員の現実的な問題を解消するということにおいても、若手の拠点意識が高まらない現実を考えてしまうと、若手会長誕生の現実味はやはり薄らいでしまいます。


    ただいま、「弁護士会の会費」「弁護士自治と弁護士会の強制加入制度」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    プロフィール

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR