FC2ブログ

    相手方弁護士から生まれるネガティブイメージ

     裁判という場は、当事者市民にとって、感情レベルにおいて、弁護士という仕事に対するネガティブなイメージを醸成する場になることの方が多いのではないか――。これは、私のように仕事で弁護士と多くかかわってきた人間でも、自分が当事者になって、初めて強く実感できたことでした。

     これは、以前にも触れましたが、当事者から見た相手方弁護士の姿の問題です。当事者にとって、いいがかり、うそを含めた感情的に許しがたいような相手方当事者の主張。これは自分の場合、相手にするのもばかばかしいようなものでしたが、問題は相手方弁護士が、それをさも正当なような理屈付けをして主張していることでした。

     裁判官に伝わるかどうか以前に、自分は相手方主張のとてつもない嘘を知っている。そうなると、弁護士は、そのうその加担者という立場になってしまう。しかも、一見して不自然、不当な主張に何の疑問も、何のやましさも覚えずに、この弁護士は、主張しているのか、しかも上から目線で――。こんな感情がふつふつと湧き起こってきました。法的に争うために、彼が職責としてやっていることと理解しているつもりでも、そうした感情が生まれたのでした。

     そして、それはさらに、別の見方になっていきます。つまり、このでっちあげは、そもそも弁護士が主導しているのではないか、と。確かに相手方当事者の頭では考え付かないだろう理屈、そしてそのためにでっちあげておかなければならない前提的な事実。つまりは、これは弁護士の入れ知恵ではないか、と。裁判当事者になった市民からは、これまでも耳にしてきたことですが、要するに、不当な相手方主張に対する、弁護士の深い関与を当事者は連想してしまうのです。

     相手方当事者とは、もともとできれば一切かかわりたくないという気持ちでしたが、その弁護士についても顔も見たくないという感情に満たされたのでした。

     幸い自分には、もともと信頼関係にある、自分にとって100点満点の弁護士が付いていたので助けられました。私の愚痴めいた発言から、彼は私の心理を読み取っていたと思います。真実ではないことが分かっていて、弁護士が積極的に依頼者を誘導した事実があるならば、懲戒ものじゃないか――。現状、そこまでは無理だと分かっていても、そんな気持ちになっている私に対し、彼はその可能性を否定しませんでしたが、彼の見立ては、やはり相手方弁護士が「お役目」でやっているということでした。相手方当事者の意向に沿って、なんとか法的に争おうとしているだけだ、と。そして、彼はやや自嘲的に言いました。「それが弁護士という仕事なんです」。

     弁護士がそういう仕事であることも、そもそも民事の裁判の場が、あくまで真実の追求よりも、法的な形での解決の手段に過ぎないことも、分かっていたつもりでも、やはり当事者の感情レベルは違うということを思い知りました。そして、それまで数多くの裁判当事者の弁護士に対する不満の声を聞きながら、自分が分かっていなかった感情があったことにも、改めて気付かされました。

     私側弁護士の見立ては当たっており、和解の段階で見せた相手方弁護士の姿勢からは、自分の感情が極端な方向に向かっていたことも知り、逆に救われた気持ちにもなりました。ただ、当事者という関係ではなくても、弁護士とこれまでも、またこれからも仕事上かかわりがある自分と、一回性のお付き合いになる依頼者市民とはやはり違うといわければなりません。もちろん、自分側の弁護士に対する関係、その対応への不満は、ネガティブイメージの決定的要因ですが、仮にそれはクリアしていても、当然に敵対し、前記のような感情を引き起こさせる相手方弁護士の姿を、自分の弁護士が問題ないことをもってして、「まあ、弁護士もいろいろな奴がいるさ」で片付ける当事者ばかりではないことは確かです。

     では、どうすればいいか。といっても、半ばこれをこの仕事の宿命として受けとめている弁護士は多いとは思います。弁護士は、私の弁護士が言ったセリフを、何度となく、依頼者に言わなければならない仕事なのかもしれません。「それが弁護士なんです」と。ただ、そこには依頼者の感情を伴った誤解、あるいはそもそも弁護士という仕事や裁判に対する誤解・過剰期待も混じっている現実があります。

     一方で、弁護士との一回性といえる関係での個人的な体験に基づくネガティブイメージが、弁護士に対するヘイトスピーチにつがっているととれるものが、社会にはあふれかえっています。さらに、弁護士を甘やかすな論の底流に、それが流れ込んでいるようにも見えます。

     宿命といってしまうと、どうすればいいかの答えを導き出す前に終わってしまいますが、少なくとも、最後まで専門家として紳士的であることは、敵対的感情を越えて、ネガティブイメージを減らす可能性があります。弁護士の仕事になぜ、品位が強調されるのか、あるいはされるべきなのか――。実は、そこにもつながっているように思えます。


    ただいま、「弁護士の質」「今、必要とされる弁護士」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    弁護士の「口達者」イメージ

     弁護士は「口がうまい」といわれます。一般の弁護士のイメージのなかにも、相当に強くあるもので、弁護士外の人との会話のなかでは、それが当然のことのようにとらえて、話しを進めていると感じることもしばしばあります。

     正確なところは分からないということをお断りしなければなりませんが、分析心理学の世界でも、夢に登場する「弁護士」は、「口が達者な人」「理屈っぽい人」の象徴だそうです。実際の法廷で立ち会ったことがない一般の方の中には、映画やテレビドラマのなかの法廷シーンで、丁々発止とやり合う弁護士のイメージが強烈にあるのかもしれません。

     もっとも、実際の弁護士業務は、書面でのやりとりが多くて、口での交渉は意外と少なく、イメージと異なって口が達者とは限らない、という弁護士もいます(「滋賀県草津市弁護士ブログ」)。確かに口が達者とはいえない方でも、優秀な弁護士がいることも事実ですし、一般の方の弁護士選びでは、前記したような基本イメージがあるだけに、そこを優劣の判断に結び付けてしまう傾向がないわけではありませんが、それは必ずしも妥当しないことは踏まえておいてもいいように思います。

     ただ、このイメージは、能力として評価される側面だけを持っているわけではありません。むしろ、多く目や耳にすることになるのは、ネガティブなものとしてです。つまりは、弁護士の口が達者なことによって「騙される」という脅威のイメージです。

      「弁護士の口車にのって」といった、言葉巧みに、結果的に損をする方に誘導されるというイメージ。また、「いかにも弁護士らしく」という言い方のなかにも、いろいろと屁理屈をこねているといったニュアンスが込められることは少なくありません。現在の政界登場人物には、「弁護士」の肩書を持っている方は少なくありませんが、その方への前記言い方がなされる時は、多くはそうしたニュアンスを込めた批判的なものであるのが現実です。

     いうまでもなくこれらのとらえ方には、弁護士という仕事に対する、弁明と自己正当化、あるいは我田引水に長けた存在であるという、強烈なネガティブイメージが存在しているということになります。前記の夢分析でも、「本当は文句のひとつも言ってやりたい」とか「理解されていない」という気持ちの表れという解釈もあるようです。弁護士に接した経験がない人と、経験したことがある、しかもそれが残念ながら良いイメージの「出会い」ではなかった場合の人が、この点で、全く同じことになるのかどうかは、素人考えでは、疑問もありますが、弁護士という存在には、こうした要素があるのは事実だと思います。

     このとらえ方を、弁護士の方のなかには十分理解している方も多いとは思いますが、これが弁護士への不安要素・不信要素として、これからも大きなウエートを占めることは自覚しておく必要があります。弁護士の仕事では、言葉を尽くして、依頼者に説明する局面もあるわけで、それを簡略化したり、省く傾向は、もちろん、言い訳がありませんが、一種のサービス精神も含めて、あるいは安心させようとして言っている言葉に、実は前記したようなイメージの不信感を増大させているケースがあります。

      「言うことは調子がいいのだけれど、どうも信じられない」

     こんな言葉とともに、「信じてもいいと思うか」といった意見を、市民から求められることは少なくありません。もちろん、こちらはそれだけでは判断できるわけがありません。相性もありますが、コミニュケーション不足という面も否定できないので、とにかくその弁護士に何度でも、遠慮しないで、疑問点をぶつけるように言います。こうしたケースの依頼者市民のなかには、やはり弁護士に対する気後れというものをみることがありますが、そのために前記イメージがどんどん増幅するということにもなります。

     裁判員制度時代には、むしろ弁護士は法廷技術としての話術を身につけるべき、ということが、弁護士会内ではいわれてきました。前記書面でのやりとりが多い弁護士業務の実態を知らず、映画やドラマから前記イメージを作っている市民のなかには、この話をすると、やや意外だと受けとめる方もいらっしゃいますが、このこと自体にも、「弁護士はさらに言葉巧みになるのか」といった受けとめ方もあります。従来の法曹養成では、こうした能力を鍛えるということがむしろ少ないのに対し、法科大学院ではソクラテスメソッドといわれる対話形式の教育方法がとられていることを挙げて、旧司法試験組よりもさらに話術で鍛えられた弁護士の登場を予想する見方もあり、その中には前記イメージに被せた警戒感をにじませるものもあります。

     これは弁護士としては、ニーズと不信感の間で、意外と難しい対応を迫られているというべきかしれません。これをこの仕事の宿命と受けとめている方もいるとは思いますが、弁護士は大衆のこのイメージと、前記コミニュケーションのあり方という点は、今後も強く意識しておく必要がありそうです。

     ちなみに、前記夢判断の世界では、自分が「弁護士になる」夢は、なぜか前記ネガティブな口が達者な人間になるということではなくて、自身の「正義感が高っている」という解釈もあるようです。これも弁護士に対する大衆の心的イメージに基づくものであるのならば、ここが増幅されるような現実は望みたいところです。


    ただいま、「今、必要とされる弁護士」「弁護士の競争による『淘汰』」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    注意すべき「過剰期待」

     弁護士あるいは裁判に対する、市民の過剰期待というテーマは、少なくとも現場感覚を前提にした話では、しばしば弁護士の口から聞かれるものです。つまり、裁判というものを経験したことがない、それこそ振って湧いたような紛争に自らが巻き込まれたという思いの市民は、多くの不安を抱えながらも、一方で、裁判という場に持ち込まれれば、相当自分に有利な解決が導き出されるのではないか、という気持ちを持っています。そして、弁護士がそれを導いてくれると。

     それは、例えばおよそ自分には非がない、いいがかりをつけられたと思っている当事者は、なおさらというべきかもしれません。つまり、必ずや裁判所は100%当方の主張を認めて、「正当」な判断をしてくれる、それが「正義」だと考えます。ところが、現実は多くの場合、彼らの思いとは違うものになります。

     もちろん、ケースバイケースであり、裁判所に100%に近いことが認められることもあるでしょうし、逆に本当に「不当」に、裁判官の見識のなさによって、結論が出されてしまうことだってある。ただ、そうではなく、裁判という形の構造、あるいは限界として、法的に紛争を解決する、その落とし所そのものが、当事者に納得のいかないものに終わることがある、むしろその方が多いといっていくらいであるということです。

     それこそ、およそ弁護士をやっている人ならば、そのことはよく分かっているはずのことです。しかし、そこをやはり市民は、どうしても納得がいかず、いわばその期待感を裏切られたことの批判の矛先が司法、とりわけ弁護士に向かうことになりがちです。それも、半分以上は、この仕事の宿命として、受けとめている弁護士も少なくないとは思います。

     大きな話をしてしまえば、裁判とはいかなるものか、弁護士とはいかなる役割を持っているのか、といった国民に対する法教育の問題であるともいえますが、やはり弁護士がいかに当事者にそのことを事前にどう説明するか、できるかにかかっています。また、逆に依頼する当事者市民側からすれば、そこを正直にかっちりやってくれる弁護士は、いい弁護士、有り難い弁護士と考えなければなりません。

     ただ、このテーマを考えるうえでも、今回の司法改革の現実は、むしろ当事者市民にとって二つの点で要注意であるといえます。一つは、前記したような本来的、結果的には依頼者にとって有り難い対応を弁護士がやってくれるのか、あるいはやり遂げる能力があるのか、ということです。

     現実を伝えることは弁護士にとっても望ましいことのはずですが、実際は「過剰期待」に向き合うことは、骨が折れ、手間のかかる仕事です。和解という落とし所の内容に、愕然とする当事者もいるわけですが、それが法的な解決の場では当事者にとって最良の結果であるならば、理解を促したり、説得する必要もあります。それには、弁護士の根気とともに能力が求められます。それは大きく先の見通しが立てられる能力と説得する能力といっていいと思います。

     最近、過度に依頼者の顔色を見て、それに沿わせることだけで、結果的には依頼者のためにならない形で、その気持ちを引きつけ、つなげようとする弁護士の登場もいわれます(「歓迎できない『従順』弁護士の登場」)。それは一面、能力の問題でもありますが、弁護士が過剰に増え、経済的に困窮化するほどに、そうした努力そのものがなおざりにされ、カネにつながると考えれば、耳触りのいいことを中心に伝える人間も登場することは否定できません。むしろ、今回の「改革」はそうした環境をもたらす危険があるものです(「『弁護士被害』から導かれる方向」 「弁護士が驚く弁護士の存在」)。

     そして、もう一つ注意しなければいけないのは、この「改革」が連呼する「法の支配」を行きわたらせるという言葉とともに、「社会のすみずみ」まで弁護士が登場したり、あらゆる紛争を裁判に持ち込ませようとする発想そのものが、むしろ国民の「過剰期待」を焚きつける方向のものだということです。

     ある意味、皮肉なことですが、この方向は国民が求めたものではありません。これまで以上に弁護士や裁判のご厄介になりたいと思っているわけではありません。「改革」は、あたかも規制緩和、事後救済型社会になることによって、自然と必然的にそうしたものに国民は巻き込まれるのだから、その備えが必要という論法をとった感がありますが、実際にはそれこそ「過剰」にその方向を強調し、「改革」が正当化されました。

     しかし、蓋をあければ、結局、いかに彼らの出番を作るか、出番が多い社会を作るかの話です。いまや弁護士を増やしたのはいいものの、言っていたような出番がなく、それをいかに絞り出すか、腐心しなければならない状態です。それも当たり前といえば当たり前。別に彼らが10年前に描いただけの話で、国民や社会が求めたわけではないからです。

     もっとこの国には弁護士が必要で、もっと紛争を司法に持ち込め、ということが、国民の等身大のニーズではなく、その意識を超えていわれることは、まさしく「過剰期待」を促すものというべきです。彼らが「市民のため」「国民のため」という旗を掲げた「改革」が、何をもたらす方向に向かっているのかを、当の市民・国民がじっくり見定めなければなりません。


    ただいま、「今、必要とされる弁護士」「弁護士の競争による『淘汰』」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    「弁護士被害」から導かれる方向

     弁護士の増員によって実害、とりわけ市民の被害は増えたのか、ということをあちらこちらで聞かれます。先日も、あるところでやった講演で、主催者側から話してほしいとされたテーマのなかに、「弁護士被害は増えたか」というものが含まれていました。

     弁護士に聞けば、いろいろな反応が返ってきますが、大方は被害が増えたという実感はない、というものです。ただ、以前も書きましたが、相手方弁護士にこれまで遭遇しなかったとんでもない弁護士に遭遇することが増えたという声も結構ありますし(「『ポーズ』弁護士増加の嫌な兆候」 「歓迎できない『従順』弁護士の登場」)、「被害がはっきりしてくるのは、これからだ」という意見も耳にします。

     そうしたなかで、深刻な事態が発生していることを7月23日付け産経新聞(関西)朝刊が報じました。

      「弁護士と依頼者のトラブル急増 『ノキ弁』『即独』…新人の経験不足が背景?」

     大阪府消費生活センターによると、平成18年(2006年)年度には39件だった弁護士と依頼者の間のトラブルをめぐる相談件数が、新司法試験の合格者が弁護士登録した19年(2007年)度63件に急増した。その後も60~80件前後で推移、23年(2011年)度は98件に。依頼者の相談は、着手金を支払った後に話の内容が変わった▽法律用語が分からなかったので質問したら怒られた▽株式投資のトラブルで依頼したが、半年間連絡がない、といった内容で、全国的にも都市部を中心に同じ傾向がある――。

     産経は、その要因が弁護士急増による新人の就職難による「ノキ弁」「即独」増にあると推測しています。つまり、イソ弁型の先輩からの実務指導を受けられなくなったことの影響だ、と。前記したように、どうしてもこの問題では弁護士目線では被害が見えにくかったり、また、要因ということでいえば、推測の領域にもまたがるのですが、やはり「異変」は相手方弁護士に伝わっているようで、記事もある大阪の弁護士の「訴訟相手の代理人が新人弁護士だったが、出してきた書面は法律を理解していないような内容だった」という声を拾っています。

     二つのことが気になります。一つは弁護士会は、今後どうするのか、ということです。この記事は、大阪弁護士会の「即独」支援策に注目。同会が3月に登録2年以内の394人を対象に実施したアンケートでは、有効回答152人の約2割に当たる27人がノキ弁と即独(登録1年以内の独立を含む)だったという結果に危機感を募らせた同会が、現在30人の「指導役」を100人に増やし、指導期間も従来の半年から1年に延長、指導役への一定の報酬も検討することを紹介しています。

     ただ、これが以前のようなイソ弁型の修養期間の本当に代わりになるのか、また、どちらが望ましい形なのか、さらに、大阪に限らず、全国都市部で前記したような同じ傾向がある、というのであれば、全国的に他の弁護士会でも対応し切れるのか、という疑問は残ります。目の前の新人対策はもちろん必要となりますが、根本的な問題としては、弁護士会はいかにして早急に以前の弁護士の環境、イソ弁として修養できるような経済的規模的環境を取り戻せるか、まず、そのことから逆算するような対策を推し進めなくていいのか、ということです。

     そして、もう一つ。前記消費生活センターへの相談内容を見ていて、奇妙な気持ちにさせられるのは、こうしたことについて法科大学院という制度は知らぬ存ぜぬ、すべては弁護士になって社会に放出されたあとの話なのか、ということです。いまやどこまでが法科大学院で責任を持って確保される「質」であり「素養」であり「センス」なのか、それすらもよく分かりませんが、こうなると一体、なんのためのプロセスかという気もしてきます。

     弁護士の増員にしても、法科大学院の是非にしても、やはり「実害」という現実から逆算すれば、今、一番に何をやるべきか、どちらに向かうべきかの答えに近付けるように思えます。


    ただいま、「日弁連の『法科大学院制度の改善に関する具体的提言』」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    弁護士への「不信感」というテーマ

      弁護士が取り上げる議論のテーマとして、「信頼される弁護士」という切り口は、度々見かける気がしますが、「不信感を持たれている弁護士」というものは、あまりお見かけしない印象があります。

     ただ、これは同じことだという方もいるかもしれません。市民から信頼される存在になることは、取りも直さず、不信感を持たれないことでもあり、あるいは、現に存在する不信の原因を取り除く、または生まないようにする努力もまた、信頼構築につながるのだ、と。

     しかし、あくまで印象で言わせて頂くと、前者の切り口はプラスの話が多く、やはり依頼者・市民との信頼関係を築くため、よりサービスや気配りの必要性をいうことに比重が置かれ、決定的に今、現在、弁護士のイメージ低下させているマイナス面を直視した話とは必ずしもいえないようにみえるのです。なぜ、市民はそういう不信感を抱かせるような弁護士と出会うことになっているのか、ということです。

     ネットなどを見ても明らかなように、実は巷には弁護士に対する不信感をいう言葉があふれています。これまでも書いてきたように、この中には、弁護士への過剰期待や誤解を含めたもの、さらには逆恨みに近いものまでも混じっている可能性もありますが、逆にそれですべて片付けられるわけもありません。

     案件やその弁護士との関係に深く踏み込まなければ、その不信感を持つに至った原因や主張の正当性をほかの弁護士を含めた第三者が判断しにくいこと、また、弁護士の仕事そのものが、時にそうした理不尽な誤解や攻撃を受けるものだと割り切っている弁護士がいることも、「不信感」というテーマとして取り上げられてこなかったことと無縁でないのかもしれません。

     しかし、半面、多くの弁護士はもちろん同業者の中に、市民の不信感のタネになるような弁護士の対応、つまり、どう見てもアウトな弁護士がいることもまた知っています。同業者として弁護しようのない弁護士の存在です。

     依頼者・市民から聞こえてくる、最もよくある「不信感」を持っているパターンは、今、接している弁護士の対応に関するもので、具体的にはそれは大きく二つに分けられます。一つは、自分が抱えているある案件に対する対応での「放置」への不信、ほったらかされていると感じることからくるものです。もう一つは、その対応の適切さ自体に対する不信です。

     前者も後者も、きちっとした弁護士による説明や連絡があることによって解消されるものもあるはずです。その意味では、弁護士の配慮不足と説明能力は共通に問われることではあります。とりわけ、後者については、特におカネの問題が絡んでいる場合が目立ちます。当初の話と違って、費用がかさんでくるほどに、不信感もまた倍増しているケースです。ここも、初期段階の見通し、見通せないケースであれば説明能力という問題にはなります( 「弁護士に関する苦情(1)『うちの先生はやってくれない』」「弁護士に関する苦情(4)『見通しが立たない』」)。

     ただ、後者については、それだけではありません。つまり、法的指南として最適なものが選択されていないという場合です。これこそ、手の内は専門家のなかにあり、依頼者・市民には見抜けない、判断しにくい領域にあり、取り返しのつかない結果が出ることもあります。

     また、よく言われることですが、法廷で相手側主張の「嘘」を知ってしまっている一方当事者からすれば、相手方の弁護士は「嘘」の加担者であり、さらにそれにとどまらず、その正当性を法律的に支えるという関係が、「嘘」を承知の上で指南している、深い関与を想定させる場合があります。そこが、弁護士の職責として許される範囲なのか、シッポをつかまれない範囲なのか、明らかに懲戒対象に当たるアウトなのかもまた、市民には分からないまま、結果として不信感につながっていることもあります( 「弁護士が『モンスター』に見える時」)。

     これまでも書いてきたように、取りあえず有効策といえるのは「セカンド・オピニオン」ということになると思います。これは市民側の負担になりますが、弁護士の対応が別の専門家から見ても、間違っていることが明らかになる場合もあるでしょうし、逆にそれは正しいけれども、説明が不足しているということが判明する場合もあると思います。必ずしも解任や別の弁護士を探すことにはつながらないケースもあるかと思います(「弁護士のセカンド・オピニオン」) 。

     しかし、ある意味、こうした形で不信感が解消されるとすれば、それはもはや依頼者に実害を与えず、あるいはそれを最小限に食い止める点で、「うまくいった」ケースというべきなのかもしれません。結局、一回こっきりたまたま出会った弁護士によって、不信感を決定的にしてしまう人もいますし、また、前記したような形で別の弁護士によって救われたとしても、その人の弁護士全体への不信感が必ず払しょくされるわけでもありません。

     前記したような、不信感のタネになっている同業者の対応を知っている弁護士のなかには、「自分はそうなるまい」と自戒の精神で、日々の業務に当たっている方は沢山いらっしゃいます。それはもちろん意味のあることです。ただ、残念なことに、依頼者からすれば、現実的にいかに「外れ」を引かないで済むかが、この資格業そのものに対する不信感を持つか持たないかの要です。

     社会のなかで、市民が能力と精神において「外れ」を引かずに済む確率をいかに上げるのか、取りも直さず、弁護士の一定の質をいかに社会のなかで担保するのか、そして「改革」もその方向に向いているのかどうか――弁護士全体の信頼も不信感の行方も、やはりそこにかかっています。


    「司法ウオッチ」会員特典として弁護士情報検索サービス「弁護士データバンク」を追加。ただいま新規登録先着100名様、来年3月まで会費無料キャンペーン実施中! http://www.shihouwatch.com/membership.html

    ただいま、「今、必要とされる弁護士」についてもご意見募集中!
    投稿サイト「司法ウオッチ」では皆様の意見を募集しています。是非、ご参加下さい。
    http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信開始!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事

       スポンサーリンク



    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR