9月19日の「屈辱」

     政権とそれにつながる私たちの代表による様々な軽視。今回の安保法制の成立に至る過程で、私たちがみせつけられたのは、結局、彼らによる憲法と世論を軽視し、強引に考えを押し通した彼らの姿であったとしかいいようがありません。

     民主主義は、多数決にとどまらず、少数意見に対してどう向き合うのかでその真価が問われるとされてきました。しかし、今回の安保法制反対の声は少数意見ですらない。少なくとも8割の世論が審議不十分、政権の説明不足を感じている代物です(共同通信世論調査)。およそそれを無視できる彼らに、少数意見への配慮など期待できるわけもありません。

     安倍晋三首相がメディアでも再三唱えていた「丁寧な説明」は建て前でしかありません。「国民の理解」が広がらないことが分かると、あたかも本当はこの「強行」の先に、それが必ずや広がるという新たな建て前を掲げました。彼らが「丁寧な」つもりで行った「説明」をもってして、逆に「これではダメだ」「不安だ」という「国民の理解」が広がったということはハナから認めない。そうした前提での、結論ありきでは、もはや「独裁」といわれても仕方がありません。

     この政権や安保法制を擁護する側からの、この国に広がったデモを軽視する発言がみられます。国民の意思は選挙で反映される、国民が選んだ代表の多数派が決めようとしているのだ、嫌ならば次の選挙で彼らを落とせばいい――、と。国会を包囲して、叫んだところで無駄といわんばかりの言い方です。

     選挙が国民の意思を反映させる貴重な機会であることは当然だとしても、現実問題としてすべての政策を代表に委任できない場合は当然ありますし、選挙時に政策についての、彼らの恣意的な濃淡づけや隠ぺいも行われます。そして、何よりも当選後の「裏切り」が存在します。それでは、当然、選挙と選挙の間に取り返しがつかない形でこの国を変えられてしまうかもしれません。

     デモは、そのときのためにあります。9月21日の朝日新聞朝刊1面で山中季広・特別編集委員は、「投票とデモは代議制民主社会を支える2輪」とし、主輪は投票であり、それ一本での安全運転が理想だが、危険な運転が始まったときは、デモという補助輪を回さなければならない、と例えています(「安保とデモ、刻まれた主権者意識」)。まさにこのことを示したのが今回の安保法制成立強行への事態だったというべきです。この手段を軽視すべきどろか重視すべきことが、今回むしろはっきりしたのではないでしょうか。当然、デモは次の選択に反映させ得るものにもなるのです。

     そして、さらに強調しておかなければならない軽視がありました。それは専門家の知見に対する軽視です。圧倒的多数の憲法学者、弁護士、元最高裁判事までが「違憲」とした法案に対して、彼らがどういう態度をとったのか、私たちは記憶にとどめなければなりません(「安保法案反対、学者・日弁連共同記者会見で示された認識と現実」)。

     その軽視が立脚したものは、議論の潮目が変わったとされた6月の国会での3憲法学者「違憲」見解後に、高村正彦自民党副総裁が口にしたものの(テレ朝ニュース)なかに集約されているといえます。つまり、安全保障環境の変化による法制の必要性は、多数憲法学者の知見を超える「価値」を持つという言い切りです。

     そして、そこには自衛隊という存在も引き合いに出されます。憲法学者の知見で「違憲」とされたものの実績の強調です。この論調は、その後も安保法制の「違憲」主張に対して、「じゃあ、自衛隊はどうなんだ」式の批判的切り口につながっていた観があります。

     あたかも上回る「価値」よって、軽視は許されるという立場です。しかし、そうした政権の「価値」判断に憲法が歯止めにならないということと、この多数の専門家の知見を軽視できるということは、どうみても同義ではないでしょうか。「厳粛に受け止める」という建て前の言葉さえない、あからさまな軽視を安倍政権と私たちの代表たちは、やってのけたというべきです。自衛隊にしても、違憲性に向き合わずに既成事実化した側の開き直りにもとれます。集団的自衛権に関して誤読というべき彼らの「砂川判決」解釈に対する、専門家の批判的見解も軽視された格好になっています。

     しかし、あえていえば、これはある意味、私たちがずっと見てきたことと言うべきかもしれません。国の政策に都合がいい「有識者」が集められ、会議が重ねられて出た結論を「お墨付き」のようにする慣行を私たちは見ています。まして、大衆の叡智を聞くかのように行われるパブコメの声が反映されるなど、夢のまた夢。安保法制論議でも、公聴会の扱いを含め「セレモニー」という言葉が飛び交いましたが、形式で行われる意見聴取は、本当の知見の重視ではもちろんありません。

     自民推薦の参考人までが「違憲」と断じた前記見解後、「犯人探し」までが同党内で取り沙汰されたのを見るにつけ、もともとすべて「セレモニー」。そうみれば、もともと専門家の知見にしても、国民の声もフェアに扱われ、重視される前提にない現実があったといわざるを得ません。むしろ、それが今回の安保法制で、ここまであらさまに行われたことには、追い詰められて出さざるを得なかった本性という見方もできるように思えます。

     戦後安保政策の大転換という局面で、国の進む方向について、民意や専門家の知見を遠ざける重大な軽視を目の当たりにしたというべきです。この安保法制が成立した9月19日は決して「悲劇」ではなく、民主主義国家の市民としても、専門家にとっても次の選択につながる、彼らの軽視が貫かれた「屈辱の日」として銘記されるべきだと思います。


    安保関連法案の強行採決、同法成立についてご意見をお聞かせ下さい。司法ウオッチ「ニュースご意見板」http://shihouwatch.com/archives/6834

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 安倍政権
    ジャンル : 政治・経済





    記憶にとどめなければならない秘密保護法成立

     あるテレビ番組にコメンテーターとして出席していた女性タレントが、特定秘密保護法案をめぐる国会でのやりとりについて、「私のような一般人の立場で言えば、今国会で何が話し合われているのか分からない」、さらに、国会周辺のデモに関しては、「あの人達が何者なのかも分からない」と発言していました。

     彼女が、個人的な「分からない」という感想を述べるのは自由ですが、この人は、連日、詳しく「知る権利」の危機を、多くの識者の声を交えて伝えているマスコミ報道等を本当にちゃんと目にしたうえで、「分からない」と言っているのか、ということを率直に感じました。もっとも、後者のように、あたかも国会周辺に集まっている人たちが、「特殊」な層の市民であるかのような、印象を与える発言をしていることからすれば、「一般的な立場」「分からない」とは言いつつ、それは単なる不信感ではなく、むしろ彼女なりに「分かった」うえでの発言ともとれます。

     だとすれば、番組の責任としては、なんとなく差し障る発言として受け流すのではなく、きっちり他のコメンテーターなり、司会者が、しっかりこの発言を引き取って、何かを言うべきだったではなかったのか、という感想を持ちました。

     少なくとも、今回の法案をめぐっては、大新聞も連日、「知る権利」が具体的にどのような危機にさらされ、侵害されかねない状況なのか、戦争の時代、国の秘密が優先された社会を体験した人はどう思っているのかなど、法案の逐条的な問題点の列挙や議論の経過を伝えるだけではなく、相当丁寧に法律成立がもたらすものを伝えていたと思います。

     ただ、百歩譲って、それでも法律をめぐる議論の内容が難しく、必要論と慎重・反対論のやりとりのなかで、どうすべきかの判断ができない、「分からない」ということが仮にあってとしても、この国会のあり様に、「分からない」はないという気がどうしてもしてしまうのです。端的に言って、法律の要不要で迷うことがあったとしても、このやり方を許すのか、ということです。

     つまりは、ここまで反対論が噴出しているものに、慎重な姿勢をとらない、耳を傾けない、わが国の「民主主義」のレベルを、私たちは、本当に許容するのかということです。この状況下では、どんなに成立を図りたくても、さらに国民の理解や議論に時間をかけざるを得ない、という判断には、私たちが選んだ代表たちの多くが立たなかった。そのことを、私たちは「分かっている」はずです。

      「秘密保護法案は消費税とは違う。次の選挙までに、国民は忘れる」といった、国民に対するとてつもない侮りともいえることが、この間、推進派議員ののなかでは言われていたという話も伝えられています。「ねじれ」を憂い、「決められる政治」を求めた人々が、わが国の「民主主義」に対して行った仕打ちがこれであることを、本当に多くの国民は忘れてしまうというのでしょうか(「秘密保護法案強行採決が象徴するもの」)。もちろん、そういう政治がまかりとおる国で、権力が恣意的に「秘密」を作り出し、国民に目隠しをする法律ができたことに、私たちはもっと危機感を持たなければなりません。

     2013年12月6日、わが国の「民主主義」は、ひとつの分岐点を越えてしまったと見ることもできます。今、「分からない」でいいのか、これでいいのか、を問われなければいけないのは、私たちです。


    投稿サイト「司法ウオッチ」は全面無料化・リニュアルしました。「弁護士データバンク」も無料で登録できます。ただいま、「裁判員制度」「全弁協の保釈保証書発行事業」についてもご意見募集中!皆様の意見をお待ちしております。是非、ご参加下さい。http://www.shihouwatch.com/

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ






    テーマ : 政治のニュース
    ジャンル : ニュース





    「想定外」という不幸を生まないために

     東北地方太平洋沖地震で被災された方々に、心からお見舞いを申し上げます。
     一刻も早い復旧を祈念いたしております。


     連日、テレビに映し出される映像に、全国の多くの国民が、言葉を失っています。想像を絶する災害の大きさと悲惨さ。被害にあわれた方々を含め大多数の国民にとっては、日常生活のなかで、まさに「想定外」のものであったことは、疑う余地もありません。

     専門家の方々の口から、「想定外」という趣旨の言葉が出ることも、この結果からみてしまえば、致し方のないことようにも思えてしまいます。

     でも、あえて、別の見方もしなければいけないところもあるのではないか、という気がしています。福島原発事故で関係者や専門家から言われる「想定外」という言葉を聞いて、果たしてすべてがこの言葉で片付けられていいのか、という思いもあるからです。

     そもそも原発の危険性の「想定外」とは一体何なのでしょう。今回のような事態に陥った時の、原発の持つ危険性を指摘する意見はもちろんありました。「想定」していた人の意見に耳をかさなかった結果という要素が少しでもあるのならば、単にそれは耳をかさなかった人間たちの「想定外」、想定されていた「想定外」になるからです。

     原発の政策は、「アクセルとブレーキを踏む人間が同じであるところに問題がある」と指摘する識者がテレビに出ていました。公正に想定できない人や、都合よく「想定外」の主張をしている人がいてもおかしくありません。

     そして、このこと自体は、今回の震災に限ったことではありません。法科大学院制度、新司法試験、弁護士の増員など、司法改革をめぐっても、推進派の誤算には「想定外」とする抗弁がつきものです。ただ、どこまでが本当の「想定外」で、どこからが想定できたことを想定しかったことの抗弁なのかは、やはり首をかしげたくなることがしばしばあります。

     責任ということもさることながら、「想定外」とされることになる不幸を、人の英知で少しでも生まないためには、どうしてもこのことの検証は避けて通れないと思います。

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    テーマ : 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
    ジャンル : その他





    なぜ「観察日記」を書くのか

     あけましておめでとうございます。

     みなさんは弁護士という人々にどんなイメージを抱いているでしょうか。

     「法律のプロ」「難関の資格試験を通ったエリート」「困った時に助けてもらう用心棒」「お金持ち」「気難しそう」「油断できない存在」などでしょうか。

     弁護士といえば、最近ではドラマの中だけでなく、ニュース番組のコメンテーターからバラエティまで、テレビで見ない日はないほどに露出するようになりました。けれども、実際に弁護士が身近にいて、間近に接したことのある市民は、まだまだ多くはないはずです。みなさんの中にあるイメージも、あるいはいつのまにか造られてしまったものかもしれません。

     一方、弁護士の側はどうかといえば、不思議なことに市民から自分たちがどんな風に見られているか、分かっているようで分かっていない方々が沢山いるのです。市民からどうも「敷居が高い」存在とみられているらしいことは、ずっと気にしながらも、まだまだ「敷居」を低くするもできないでいます。

     私は、長く法曹界向けの新聞社にいて、弁護士と弁護士を取り巻く社会を見てきて、このギャップのようなものを常々感じてきました。市民からの弁護士に対する沢山の悩みや苦情も聞きました。その中には、もちろん弁護士という仕事に対する誤解や過剰な期待によるものもありましたが、弁護士やその世界がもっと自覚しなければならないと思えることもありました。

     このブログでは、私か見てきた、また、今後も見ていく弁護士と弁護士を取り巻く社会について、書いてみたいと思います。弁護士や司法を紹介・解説する書籍は沢山ありますが、そのほとんどが弁護士自身によるものです。マスコミに登場して紹介・解説するのも、ほとんどの場合同様です。新聞社には司法記者という存在がいますし、研究する学者の方々もいますが、司法を第三者的に専門に論評するジャーナリズムは、この国にはまだ育っていません。

     私は弁護士ではありません。彼らの世界を間近に見てきた一市民として、市民目線で書いてみたいと思います。市民の方々には「へぇーそんな世界なんだー」と、その世界の方々には「そんな風に見られているのか」と感じてもらえればいいな、と思っています。その世界で見聞きしてきた裏話なども書きます。多少の寄り道、脱線もご容赦ください。

     それでは、よろしくお付き合いのほどを。

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ






     




    プロフィール

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR