弁護士自治の足を引っ張った日弁連臨時総会

     3月3日の日弁連臨時総会は、この国の弁護士が、弁護士自治を守り続けるという考えに立つのであれば、歴史に残る大失敗だったと思います。弁護士不祥事続発が自治を揺るがすという危機感から、弁護士の横領事案被害者に見舞金を出す制度の新設を決めるという、まさにその総会で持ち上がった前代未聞の委任状変造問題。それらは、二重三重の意味で、弁護士自治にとってはマイナスのものになったとしかみえないのです。

     この日、提案の8議案のうち、最も注目され、賛否の分かれていた見舞金制度創設。弁護士が不祥事によって市民の信頼を失う、ひいては法律事務独占や弁護士自治を失うことになるという危機感を会員が共有している、一会員の不祥事は全会員の問題という論法で、故意犯の「尻拭い」とみられるような見舞金を、強制加入団体の会費から支出するところまで押し通す発想です。

     しかし、これが不祥事の抑止と信頼回復に効果を発揮するとは提案者も認めていません。不祥事の根本原因が、増員政策による弁護士の経済的異変にあるとすれば、そこが見直されない限り、不祥事は続く、被害者一人当たり上限500万円支出の信頼回復への効果もさることながら、延々とその支出が続く。増員政策と経済圧迫が続くのであれば、不祥事の信頼回復ができないだけでなく、決定的に会員の気持ちは強制加入・自治不要に傾く――。

     現に当日、会場からは、会員は「見舞金制度を作らなければ維持できない自治なんかいらない、強制加入なんていらない、になる」として、この制度が弁護士自治の終わりの始まりになることを強く危惧する声が出ました。

     弁護士会の不祥事対策は、これまでも「効果」よりも、弁護士自治がある以上、何もやらないわけにはいない、という、ある種の建て前に押されて繰り出されてきた面があります。今回の見舞金制度もそうしたものとみることはできますが、対外的な評価の前に、もはや自治の内部崩壊、あるいは息の根を止めるかもしれないところまで来ていながら、それが繰り出されているということを執行部は本当に理解していないのか、という気持ちにさせられます。

     そして、まさにこの議事の最中、委任状の変造問題が会員の指摘で明るみに出ます。委任状の委任先の弁護士名が別の弁護士名に書き換えられ、弁護士会の印が押されていた。少なくともこれまでに東京弁護士会の3件について、この対応が発覚しましたが、執行部は会場でも「事務的なミス」と説明し、また、総会後、東京弁護士会は即座にメディア向けに、「ミス」の経緯を説明しています(弁護士ドットコムNEWS)。

     要するに、白紙委任状のなかに問題の名前が書かれていた3通が混じったために、前記のような扱いになったという説明ですが、名前が書かれたものであることを確認できるチャンスがあったことと、名前が書かれていながら疑問に思わなかったことの不自然さを考えれば、これを「ミス」ととらえられない人がいても当然です。さらにいえば、この白紙委任状の扱いが、これまでの日弁連の議決で果たして公正に行われてきたのか、賛成票獲得へ操作されていなかったのか、という疑念が生じたとしても致し方ないように思います。いくら「ミス」といっても、対外的にみて、弁護士自治の汚点としかいえません。

     そもそも今回、白紙委任状という形が弁護士会の議決でとられていることを知って驚いている人もいました。もし、ミスであるならば、当然、これをやめるとか、インターネットを使った投票も考えられることになると思います。むしろ、それ自体は検討できる余地が十分あるだけに、弁護士会が公正さ担保に遅れているというイメージになることも避けられません。

     ただ、今回についていえば、さらに大きな問題があったといえます。私は、やはり今回の臨時総会は、執行部の決断で流会、全議案継続審議にすべきだった、この状態で、採決すべきではなかった、と思います。むしろ、この疑わしい状態では採決をしない、という公正さに対する厳格な姿勢を示すことが、前記疑惑を伴った「ミス」に対する、最も適切で、弁護士自治を堅持する姿勢にふさわしい、少なくとも効果が疑われる前記見舞金制度を会員を割ってまで、強行するよりも、はるかに意味のある対応だったのではないでしょうか。

     当日、出された継続の動議が多数の反対で否決された状況をみれば、当然、全国から集まった会員の反発は予想されたでしょう。しかし、執行部関係者も議場で言った「せっかくお集まりいただいたから」的で話で、進めていい話にはとても思えません。日弁連・弁護士会の信用をそれこそ根底から失墜する大問題として、緊急に最優先課題とする緊張感や危機感が、あの時の執行部と議場にいた多数の弁護士にはなかった。報道席から見ていて、そのことに強い違和感を覚えました。

     前記見舞金制度は、委任状出席を含めて、賛成9848票、反対2699票(弁護士会は賛成37、反対14、棄権1)で可決、成立しました。賛否の差は歴然ですが、賛成票は全会員の4分の1に過ぎません。それを考えればなおさらのこと、強制加入団体のリーダーならば、対立議案の議決にもっと慎重であってもいいと思えてきます。獲得票数で勝ることだけにとらわれず、会員の意見が割れている、しかも、それが自治の存続にかかわる見解であるならば、なぜ、もっと耳をかさないのでしょうか。

     30年以上日弁連を取材してきて、これほど後味の悪い総会に立ちあったことはありません。この後味の悪さこそが、これからの日弁連・弁護士会を暗示しているような気持ちになってきます。


    弁護士自治と弁護士会の強制加入制度の必要性についてご意見をお寄せ下さい。司法ウオッチ「司法ご意見板」http://shihouwatch.com/archives/4794

    司法改革に疑問を持っている人々ための無料メールマガジン「どうなの司法改革通信」配信中!無料読者登録よろしくお願いします。http://www.mag2.com/m/0001296634.html

    にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    テーマ : 弁護士の仕事
    ジャンル : 就職・お仕事





    コメントの投稿

    非公開コメント

    確かに反主流派の劣化は無残だね。
    主流派のオウンゴールのような委任状問題のときだけは緊張感があったけど、それ以外の質問も討論も反主流派はあまりにお粗末で、あれじゃナメられても仕方ない。
    弁護士全体の信用問題なのに、払いたいやつだけで払えとか、人口増加したのが悪いとか、とても市民やマスコミに聴かせられる議論じゃなかった。
    弁護士自治はいらないとかいうヤツまでいたが、あんなのと野合してていいのかね?

    No title

    重大事故が起こる前には、軽微な事故が重なっているもの。

    数年前に兵庫県弁護士会でも偽造問題があった。このときに反主流派がきちんと問題提起することなく黙認したことで、主流派が反主流派をますます舐めるようになった。

    兵庫で大丈夫だから東弁も大丈夫、日弁も大丈夫・・・と、執行部は、デューデリをなめきってるんだろうね。こんなあんぽんたんのために国際標準からかけ離れた非常識に高額な会費を払い続ける意味が解らない。任意加入でいいでしょ。日弁連より最高裁の方が信用できる。

    No title

    委任状の改竄なんて、司法書士や行政書士がやったらどうなるんですか?
    監督官庁の手で、業務停止とか資格剥奪とかの処罰がなされませんか?
    「委任状の改竄なんかやったら、厳罰になる職」と「委任状の改竄なんかやっても、お咎めなし、有耶無耶、従ってやりたい放題な職」と、どっちを信頼すべきか、子供でもわかる。前者なんかダメだ、後者を信頼しろと押し付けるような奴って、一体どんなろくでなしですか?

    こういうことが起こっても、責任持って自分たちで追究するどころか、居直って有耶無耶にする、それで押し切る、なあに、俺様たちは絶対的な地位を確保してるんだぞ、お前らがいくらほざいても無駄だ、おとなしく黙って従ってろ、お前らにはそれしかねえんだぞ、という醜悪な驕りを隠そうともしないから、弁護士という職業全体が信頼を失って蔑まれるんだ、ということをどうして認めないんでしょうね。何が弁護士倫理だ。暴力団員の任侠道と大違いだ。暴力団員には警察も裁判所も甘い顔しないし、組長や幹部会からの厳罰処分は珍しくないから。

    No title

    日弁連執行部が顧問弁護士をしている会社の株主総会において、委任状の議決権の受任者が書き換えられた上で、会社印が押印されていないか、確認してくださいとかいう動議が増えそう

    No title

    私は、今回のようなあからさまな委任状改竄は、その背後にある、そもそも受任者が白紙だとかいう以前に、欠席通知を出しながら、委任状を出さない人については、委任者も勝手に日弁連が書き込んだものが使われてきたと思います。

    No title

    この臨時総会は、弁護士自治を外部にアピールするために開催されたと言って良い。
    1号議案から4号議案まで、そのための議案である。

    ところで、弁護士自治はその基盤として会内民主主義が確立していなければ、自治にならない。総会の議決の方法は、会内民主主義において最も基本的な問題である。

    今回の臨時総会の委任状変造(刑法159条2項)は、弁護士自治が内部で崩壊していることが露呈した大事件である。アタマ数民主主義を横行させてきた日弁連執行部、単位会執行部、それを容認してきた大多数の会員弁護士は深刻に反省しなければならない。私自身も一会員として、十分に反対の声を上げてこなかった責任がある。

    総会において、委任状変造が発覚した時点で、総会を流会にしなかったこと、東弁副会長が、委任状の変造を「事務員のミス」と説明して、それが説明になっていると思い込んでいるらしいことは、この問題が病膏肓に入っていることを表すものである。

    委任とは何か。それは本来は、委任者と受任者との信頼関係に基づいて成り立つものである。受任者も委任事項も白紙の委任状など紙きれ同然である。こんなもので総会を牛耳ろうとする人々が、弁護士自治を空洞化させてきた。

    日弁連の執行部も東弁の執行部も、紙きれのような委任状をかき集めて、総会を思いどおりに操作してきたために、受任者や委任事項が記載されている委任状も十把一絡げに紙きれ扱いしたのである。

    弁護士会の事務員が委任状の変造を罪の意識を持たずに行ったというのであれば、それを指示した弁護士は間接正犯とも考えられる。そのようなシステムになっていたというなら、それは問題がないのではなく、より問題が重大で深刻なのである。弁護士自治の足を引っ張ったどころの話ではない。腐敗している。

    アタマ数民主主義の病弊を考えるなら、ネット投票などで解消できる問題でもない。

    No title

    将棋連盟なんかは関東と関西で所属が分かれてて、重要な会議はテレビ電話で繋ぐらしいね。
    ネット対応できない弁護士でもこれなら参加できるんじゃない?細かいことは知らんけど

    No title

    お偉方にしては、ツツガナク次期執行部に引継ぎをお願いしなければならない(ので次回に持ち越すわけにはいかない←なら3月にわざわざやるなよ。前回もそうだけどどうも厄介な問題は3月にさっと終わらせたいのが見え見えだよな)し、全国から高額な交通費をかけてこられる会員に対して申し訳ないから仕方ないだろうなあ。

    どうせあの会場に入ることができる人数なんて限られてるんだし、さっさとネット投票でも導入すればいいかもしれないけど、そうなったらネットに対応できる弁護士とできない弁護士、加えてそれは賛成票と反対票の歴然とした差を生み出すから絶対にやりたくないんじゃないかなあと深読み。
    プロフィール

    河野真樹

    Author:河野真樹
    司法ジャーナリスト。法律家向け専門紙「週刊法律新聞」の記者・編集長として約30年間活動。コラム「飛耳長目」執筆。2010年7月末で独立。司法の真の姿を伝えることを目指すとともに、司法に関する開かれた発言の場を提供する、投稿・言論サイト「司法ウオッチ」主宰。http://www.shihouwatch.com/
    妻・一女一男とともに神奈川県鎌倉市在住。

    旧ブログタイトル「元『法律新聞』編集長の弁護士観察日記」


    河野真樹
    またまたお陰さまで第3弾!「司法改革の失敗と弁護士~弁護士観察日記Part3」
    河野真樹
    お陰さまで第2弾!「破綻する法科大学院と弁護士~弁護士観察日記Part2」
    河野真樹
    「大増員時代の弁護士~弁護士観察日記Part1」

    お買い求めは全国書店もしくは共栄書房へ。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR